「こめ」 の検索結果 9,185件

送料無料
こめ胚芽油750gx3

全3商品

950

こめ胚芽油750gx3

こめ胚芽油の特徴 こめ油が健康に良いことが、 ビートタケシのテレビ等で紹介され、人気を集めています。 「こめ油」は「米ぬか」が原料ですが、 「こめ胚芽油」は「こめ胚芽」を原料とします。 「胚芽」は米の種子で生命をつなぐ役割を担っています。 このため、こめ胚芽は栄養が濃厚ですが、玄米の僅か2%という貴重品です。 中でも、ガンマ・オリザノールは 通常のこめ油の約10倍(100g中に1500㎎)も含まれています。 このため、「こめ胚芽油」は、こめ油の女王と言えます。 ガンマ・オリザノールは玄米にのみ含まれ、麦や大豆には 含まれていない貴重な栄養素です。 この成分はサプリメントや栄養剤によく使われています。 植物ステロールha 大豆、菜種などに比べて豊富です。 また、驚くことに、こめ胚芽油の主要成分である不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる働きがあるのです。 特に、40%を占めるオレイン酸は悪玉コレステロールを、35%を占めるリノール酸は悪玉・善玉の両方のコレステロールを下げます。 米油は、これらの2種類の不飽和脂肪酸が丁度良くバランスして含まれているので、ビタミンEの吸収を促進しながら、コレステロールを下げるという理想的な働きをするわけです。 こめ胚芽油は、クッキングオイルとして、サラダ、炒めもの、揚げ物 など、多目的に使えます。そのまま、召し上がっても構いません。 特に、揚げ物ではカラッと揚がり、へたり難いという特徴があります。 ご飯を炊く時に、米油をスプーン大匙一杯いれると、ご飯に輝きがでて、 美味しくなります。 こめ胚芽油は玄米100kgから2kgしか採れないので、価格が高く一般には 市販されていませんが、密かにファンが増えているプレミアムオイルになっています。 なお、製造方法は溶媒法です。

送料無料
こめ胚芽油750g化粧箱入り

Amazon

2,100

こめ胚芽油750g化粧箱入り

こめ胚芽油の特徴 こめ油が健康に良いことが、 ビートタケシのテレビ等で紹介され、人気を集めています。 「こめ油」は「米ぬか」が原料ですが、 「こめ胚芽油」は「こめ胚芽」を原料とします。 「胚芽」は米の種子で生命をつなぐ役割を担っています。 このため、こめ胚芽は栄養が濃厚ですが、玄米の僅か2%という貴重品です。 中でも、ガンマ・オリザノールは 通常のこめ油の約10倍(100g中に1500㎎)も含まれています。 このため、「こめ胚芽油」は、こめ油の女王と言えます。 ガンマ・オリザノールは玄米にのみ含まれ、麦や大豆には 含まれていない貴重な栄養素です。 この成分はサプリメントや栄養剤によく使われています。 植物ステロールは大豆、菜種などに比べて豊富です。 また、驚くことに、こめ胚芽油の主要成分である不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる働きがあるのです。 特に、40%を占めるオレイン酸は悪玉コレステロールを、35%を占めるリノール酸は悪玉・善玉の両方のコレステロールを下げます。 米油は、これらの2種類の不飽和脂肪酸が丁度良くバランスして含まれているので、ビタミンEの吸収を促進しながら、コレステロールを下げるという理想的な働きをするわけです。 こめ胚芽油は、クッキングオイルとして、サラダ、炒めもの、揚げ物 など、多目的に使えます。そのまま、召し上がっても構いません。 特に、揚げ物ではカラッと揚がり、へたり難いという特徴があります。 ご飯を炊く時に、米油をスプーン大匙一杯いれると、ご飯に輝きがでて、 美味しくなります。 こめ胚芽油は玄米100kgから2kgしか採れないので、価格が高く一般には 市販されていませんが、密かにファンが増えているプレミアムオイルになっています。 なお、製造方法は溶媒法です。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「こめ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ