「ハセガワプラモデル」 の検索結果 962件

ハセガワ 1/48スケール 中島 C6N1 艦上偵察機 彩雲 JT84

ホビープラザ ビッグマン

2,419

ハセガワ 1/48スケール 中島 C6N1 艦上偵察機 彩雲 JT84

中島C6N1彩雲は、日本海軍の高速偵察機です。 海軍は、昭和15年に実用機試製計画を立案し、各メーカーに内示していました。中島飛行隊にも何点かの内示があった中に艦上高速偵察機がありました。 N-50と呼ばれたこの計画は要求性能が非常に過酷なものでした。最高速度は350kt(650km/h)、航続距離は最大で2,500海里(4,630km)というもので大阪からバンコク間の距離ということで、必要なエンジンは2,000馬力級が必要と考えられました。このため中島は、1,000馬力級のエンジンを胴体内で2基串刺しにしてシャフト、ギアを介して両翼のプロペラを駆動する双発機案を考えました。 しかしちょうどこの頃「誉」と呼ばれた大馬力、省直径のエンジンの試作が順調に進んでいましたので海軍からはN-50計画に「誉」を使えないかという指示がきました。「誉」は当時銀河による実用試験が進んでいたエンジンで直径は1,180mm、離昇出力1,830馬力という高性能エンジンでした。 中島は、昭和17年6月に複雑な機構を持つ双発機案をすて「誉」エンジンを搭載した単発機案を進める事を決定し海軍に報告しました。1,830馬力の「誉」エンジンも高度6,000mに於いては1,600馬力にしかならないという事で、当初の計画値2,000馬力に400馬力分足りないことが分かり機体形状を工夫してこれを補う事になりました。 これは、まず胴体前面面積を小さくすること、主翼面積を小さくする事があげられました。主翼面積を小さくする事は、着陸速度の増大を招き、空母着艦が困難になると言う事で、スラットとファウラーフラップを採用し高揚力を得られるようにしました。プロペラは大量の燃料を積んで狭い空母から発進させなければならないため直径3.5mという大直径プロペラを採用しています。...

楽しいおもちゃ・ゲームのハセガワプラモデル、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪人気のおもちゃ・ゲーム。みんなで楽しめるハセガワプラモデル!家族の時間と思い出を作ろう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、おもちゃ・ゲームをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいおもちゃ・ゲームが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ハセガワプラモデル」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ