「hondex 振動子」 の検索結果 300件

HONDEX(ホンデックス) 8.4型GPS魚探 HE-81GPII

Amazon

144,000

HONDEX(ホンデックス) 8.4型GPS魚探 HE-81GPII

わかりやすい操作で、迷わず使いこなせる。 かんたんナビの新定番、8.4型モデル。 8.4型カラー液晶プロッター魚探 セット内容:本体、振動子 TD28(3P)、電源コード DC06(2P-2m)、魚探カバー CV05、アンテナ(HE-82IIのみ・仕様により異なる)GP-16H(L)またはDGP-12JB 製品の特長 広視野角で明るい画面 表示部ドット数は、640×480ドットとこれまでの6型モデルに比べて非常に高精細で、細かな反応や文字もよりはっきりと見やすくなりました。 また、高輝度液晶(1000カンデラ)の採用により直射日光下など明るい場所での視認性がアップしました。 かんたん操作 見やすくて使いやすい操作部とわかりやすいシンプルなメニュー画面で、初心者の方でも迷わずかんたんに操作できます。 ■大きなボタン 大きなボタンで押し間違いによる操作ミスを減らします。 ■大きな文字表記 大きく見やすい文字表記でスムーズに操作できます。 ■操作しやすいボタン配置 機能別にボタンの色分けをはっきりとさせ、魚探操作用ボタン・プロッター操作用ボタンのエリアを明確にし、ストレスのない操作を可能にしました。 豊富な情報を高速で表示!見やすい全国詳細地図を標準装備 高性能CPU採用で、描画速度は業界トップクラス! 全国の海岸線を詳細に網羅しており、随時バージョンアップを行なっています。 地名はもちろん、大きく見やすい日本語文字表記。 GPSアンテナ内蔵のスリム設計(HE-81GPIIのみ) 充実の魚探機能&プロッター機能 おさかなキャラクター表示 超音波発振停止機能 地図2画面表示 フロントワイド設定 オーシャングラフィックモード 潮汐グラフ表示 気象情報表示・気象情報グラフ インパネモード 海の駅詳細情報 マーク位置の日時・水深表示...

スモールボートやバスボートにぴったり 強化振動子ポール2 40cm

Amazon

10,692

スモールボートやバスボートにぴったり 強化振動子ポール2 40cm

●総ステンレス製のため従来品のような簡単に錆びることがございません。 スチール製の部材、ビスですと1回の使用でも錆が真っ赤に出やすい物ですが、 マリン用のSU304を全て使用のため抜群の防錆性と強度です。 ●取り付け巾が7cm以下ですとレンタルボートやプレジャーボートでは使用に多 大な制限が出るため、最大取り付け幅9cmを確保いたしました。 ●HE51、PS50はクランプ部にセッティングが可能 ●専用のオプションの架台を装着によりHE61GP、60GP、SVC780、SVC930はクラ ンプ部にセッティングして使用が可能、又架台使用により汎用として様々な魚探の 取り付けが可能になりました。 ●HONDEX他のコードが内部を通せるインナーコードタイプ ●クランプ部はボックスタイプで曲がりや伸びを極限まで押さえる強化タイプ ●肉厚ステンレスの強化タイプポールを使用。表面を鏡仕上げ ●クランプの受け側を幅広に設計。 ●取り付け時のズレ防止強化タイプで、2箇所の支持チャンネル付き ●振動子の感度向上用の、整流板を装備 ●クランプとポールの接続部は、ズレやガタを最大に押さえる4点支持を採用 ●コードの切断を防ぐトップキャップ付 ●汎用に使用可能なビス付 ★先金具のHONDEX対応機種は下記になります。 ●SKO2はなくとも装着できるようになっております。 対応振動子:TD04A 対応機種*:6000・6100・UD3・50C・51C等 ※適応について※ 必ず振動子の型番でメーカーに直接お問合せをお願い致します。

スモールボートやバスボートにぴったり 強化振動子ポール2 75cm

Amazon

10,692

スモールボートやバスボートにぴったり 強化振動子ポール2 75cm

スモールボートやバスボートで使用するのにぴったりの振動子取り付けポールです。新型のⅡになり、クランプ上部に様々な魚探の取り付けが可能になりました。取り付け幅を最大90ミリまでで設定しましたので、和船やプレジャーボートのトランサムでも使用が可能です。 SU304を使用の強化タイプの為、強度は市販ではトップレベルの強度を実現しました。 今までの市販品では、細いパイプで板状のクランプが主流でしたが、これらでは次のような症状が多く発生いたしました。①速力を上げて走行した場合の、ポールの曲がりや、クランプの広がり ②整流板がないため、走行中の振動子の感度が著しく低下③ビス1本でのポール接続の為、ズレや、回転、振動子の脱落 ④アルミやスチール素材の為、耐久性不足や劣化、錆の大量発生 ⑤パイプの径が細い為、コードの露出による切断や、劣化。 上記の症状を改善する為に徹底的に改良を行い完成させました。 HONDEXのPS60やHEシリーズのように振動子のサイズが大きい場合には、華奢なポールやクランプは様々なトラブルが発生しますので、是非強化振動子ポールⅡのご使用をお勧め致します。 ★エンジン、エレキ等の操作に支障等がある場合は、ボートのトランサム高さに合わせてポールを鉄の鋸等でカットしてご使用下さい。 ☆★☆AFBOATとは☆★☆ 国内大手インフレータブルメーカーやマリンメーカー、船外機メーカー、プロフィッシングガイド、バスプロなどそれぞれの分野の一流スタッフが制作に携わって企画を行った、フィッシング専用のボートやマリン用品のブランドです。

HONDEX(ホンデックス) 4.3型 ワイドカラー液晶GPSアンテナ内蔵魚探 バリューセット PS-501CN

Amazon

61,560

HONDEX(ホンデックス) 4.3型 ワイドカラー液晶GPSアンテナ内蔵魚探 バリューセット PS-501CN

HONDEX(ホンデックス) 4.3型 ワイドカラー液晶GPSアンテナ内蔵魚探 バリューセット PS-501CN HONDEX(ホンデックス) 4.3型 ワイドカラー液晶GPSアンテナ内蔵魚探 バリューセット PS-501CN 「あったらいいな」をカタチにしました。 ポータブル魚探の進化系。ちょいナビ デビュー! 4.3型ワイドカラー液晶GPSアンテナ内蔵魚探 マーク、船跡が残せる! 全国の簡易海岸線データを収録! かんたん操作で初心者の方にも安心! セット内容:本体、振動子 TD04A(3P)、トランザム金具、バッテリー、 充電器、電源コード、ベース用金具、カバー 製品の特長 ●ミニボートに最適な、業界最小のGPS内蔵ポータブル魚探 ●4.3型ワイドの高精細&高輝度液晶 表示部は、小型ながら縦480ドットの高精細4.3型ワイド高輝度液晶(850カンデラ)を採用。 光の強い晴れた屋外でもバツグンの視認性を発揮します。 明るく鮮やかな映像で、細かな反応も見逃しません。 水深デカ文字表示もできて、さらに見やすい! ●かんたん操作 見やすくて使いやすい操作部とわかりやすいシンプルなメニュー画面で、初心者の方でも迷わずかんたんに操作できます。 ■ワンタッチでGPS画面/魚探画面を切り替え ボタンを押す毎に、GPS画面と魚探画面が切り替わります。 ■大きな文字表記 大きく見やすい文字表記でスムーズに操作できます。 ■魚探オート機能搭載 オートレンジ(深度)・オートゲイン(感度)を使用すれば、全自動で動作しますので、 特に操作をする必要がなく、魚探初心者の方でもすぐに使用できます。 ●充実のGPS機能&魚探機能 潮汐表示 GPSから得た位置情報・時間情報をもとに内蔵された潮汐データから 現在の干潮満潮がひと目でわかります。 マーク・航跡を残す...

ワカサギブラケットミニ[HONDEX・ホンデックス]

川奈観光ボートハウス

2,980

ワカサギブラケットミニ[HONDEX・ホンデックス]

ワカサギ釣りに人気のホンデックスPS500C・PS511CN用のブラケットです。 アンテナ型の振動子シャフトは縮めると23センチ、伸ばすと67センチ、氷上の穴釣りからドーム船の深めの釣り座まで広く対応できます。クランプの取り付け幅は最大60ミリです。一般的な手こぎボートやドーム船の釣り座に取り付けるのに十分な幅が確保されています。氷上の穴釣りでは30センチほどの長さの角材に固定して穴に差し入れると振動子が安定します。 HONDEX PS500CとPS511CNに付属する振動子の純正取り付け金具をそのまま使用して取り付けることができます。また、破損しやすい振動子を守るガード(オプション)も一緒に取り付けることができます。 伸縮する振動子シャフトはご使用後は乾燥させて軽くミシン油などの軽めの油をなじませてください。同時にネジ部への注油もお勧めします。 本セットは淡水のワカサギ釣り専用です。使用しているクランプ等の材質から海水での使用はできません。ボートの移動時には振動子シャフトの破損を防ぐため振動子を水中から引き上げてください。ボート釣り師の「欲しい」をカタチに。魚探・小物アクセサリー選びから機材のセッティングまで何でもお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「hondex 振動子」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ