「ロッドダイワ」 の検索結果 8,334件

ダイワ ロッド ブラックジャックスナイパー 前打ち T-53U

全2商品

31,988

ダイワ ロッド ブラックジャックスナイパー 前打ち T-53U

防波堤の際すれすれを狙うスリリングな「ヘチ釣り」竿! ●前打ち釣りにおいてはいかなる状況でも仕掛けを馴染ませ、穂先に出るアタリはもちろんの事、ラインが僅かに動くようなシビアなアタリも確実にとらえていく事が釣果に繋がる。そのためには、思い通りのラインメンディングで仕掛けを馴染ませ、アタリを引き出すための繊細な操作が求められる。前打ち竿においては正確なコントロールが可能な軽さが求められる。穂先に出るアタリを瞬時に捉えるための感度の高い穂先も必要とされ、BJスナイパーシリーズはこの2つを高いレベルで実現している。僅かなアタリを手元まで伝える高感度ソリッド穂先に加え、超高弾性SVFカーボンを使用する事で手元に響く感度を高め、SVFはそれだけでなく、竿の軽量化にも貢献し、より繊細なコントロールを可能とした。軽量化だけではなく、新しく搭載されたXトルクとV-JOINTとの相乗効果により魚を寄せるパワーも両立している。マルチレングスモデルは釣り場の状況に対応し、より快適な釣りを展開できる。釣り場によっては足場の高低差、テトラなどの障害物があり、それに合わせたタックルで臨む必要性が出てくる。例えば足場の高い堤防で強風が吹いている状況ではラインが風に煽られてしまい、アタリどころか仕掛けを馴染ませる事すら困難になる。こういった状況下ではラインを海面に這わせ、風の影響を受けないようにする必要があるが竿の長さの制約があると、それすらままならない場合もある。

ダイワ ロッド 兆 13

Amazon

52,542

ダイワ ロッド 兆 13

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。[KIZASHI]

【ダイワ】アナリスターヒラメ H-270

全2商品

23,436

【ダイワ】アナリスターヒラメ H-270

対象魚・釣法の徹底した分析(ANALYSIS)をもとに、最も使いやすく対応力の高い専用ロッドを提案するシリーズ「ANALYSTAR」シリーズの船ヒラメ専用竿。食い込みが良くアタリが取りやすい高感度グラスソリッド穂先を備えた6:4調子で、持ち重り感の解消、操作性の高さを追求。 S、Mはフロントグリップのないトリガーシートタイプで、「ライトヒラメと兼用したい」「誘いを重視した攻めの釣りがしたい」「カワハギやルアーで慣れているトリガータイプがよい」というニーズを考慮した軽量・操作性重視の仕様となっている。Hはしっかり握り込んだ際のフィット感・グリップ感を重視したダイワオリジナルのVグリップシートを採用。滑りにくく手に負担をかけにくい形状で快適な釣りをサポートする。 ■ アイテム別特徴 S-255:軽量、高感度モデル。ライトヒラメから縦流しのノーマルヒラメ釣りにも対応。 M-255:汎用性の高いスタンダードモデル。縦流しにも、横流しの釣りにもバランス良く対応。 H-270:c横流し釣りに最適なパワーモデル。早潮での重いオモリの釣りにも対応。メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています■スペック表■ アイテム 標準 全長 (m) 継数 (本) 仕舞 (cm) 標準 自重 (g) 先径 (mm) 元径 (mm) オモリ負荷 (号) カーボン 含有率 (%) コンパクト クランプ 適合サイズ JAN コード S-255 2.55 2 132 140 1.0 (1.1) 10.8 (10.9) 20-80 65 SSS 030397 M-255 2.55 2 132 160 1.0 (1.1) 12.8 (12.9) 30-100 66 SS 030403 H-270 2.70 2 141 185 1.0 (1.1) 13.4 ...

ダイワ ロッド 兆 8

Amazon

32,508

ダイワ ロッド 兆 8

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。

ダイワ ロッド 兆 14

Amazon

56,700

ダイワ ロッド 兆 14

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。[KIZASHI]

【ダイワ】メタリアヒラメ H-265

全2商品

35,229

【ダイワ】メタリアヒラメ H-265

穂先に『メタルトップ』、穂先部のガイドには『AGS』を搭載した高感度軽量ヒラメ竿。活餌の怯える動きも敏感に伝える高感度はヒラメの気配を探る上での強い武器となる。食い込みの良さと、狙い通りの誘いが可能な操作性をバランスよく融合。誘ってヒラメにアピールし、気配を感じて食わせる攻めの釣りが可能となる。ブランクにはネジレ防止の最適構造「X45」を採用し、軽快な操作性と大判とのやり取りでも安定なパワーを兼備。 前作の「メタリア ヒラメ」に対して大幅な細身化・軽量化を達成。調子も柔らかくて食い込みの良い点は維持しながら、より操作性と感度を向上させた最新トレンドのヒラメ調子に仕上がっている。付属品 ■竿袋 ■クロロプレン製ロッドベルト ■スペック表■ アイテム 標準 全長 (m) 継数 (本) 仕舞 (cm) 標準 自重 (g) 先径/元径 (mm) オモリ 負荷 (号) 適合 クランプ サイズ カーボン 含有率 (%) JAN コード MH-245 2.45 2 126 145 0.8/12.9 (2.7/12.9) 40-120 SS 94 030540 MH-265 2.65 2 136 160 0.8/13.4 (2.7/13.4) 40-120 SS 94 030557 H-265 2.65 2 136 175 0.7/13.9 (2.7/13.9) 50-150 SS 95 030564 ※先径の()内は、竿先から最も近く、部品・糸巻きの付いていない外径です。元径の()内は、竿尻から最も近く、部品・糸巻きの付いていない外径です。

ダイワ ロッド 兆 12

Amazon

49,456

ダイワ ロッド 兆 12

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。[KIZASHI]

【ダイワ】タチウオX 180

全2商品

11,720

【ダイワ】タチウオX 180

対象魚の選択肢が幅広い船釣りにおいて、やはりそれぞれの魚に合わせて性能が特化した専用竿の威力は大きい。とはいえ、いきなり最高級クラスに手を出すのはためらわれるのも事実。コストはできるだけ抑えたいけれども、かといって性能には妥協したくないし、専用竿に求められるだけの高いパフォーマンスもほしい。そんな声に応えるダイワの対象魚別専用ロッドシリーズ「X」。目に見えないロッドのネジレを抑制する「ブレーディングX」を筆頭に、ダイワならではの長年のロッドメイキングの歴史と実績に裏打ちされた基本性能と各種のオリジナルパーツを搭載。専用竿への入門用として最適な、コストと性能のバランスに優れたハイバリューロッドとなっている。 「タチウオX」は、片テンビン餌仕掛け・テンヤ仕掛けの両方に対応する感度と高い操作性を備えたタチウオ専用設計。調子については「タチウオV」をほぼ踏襲しつつ、さらなる軽量化・感度アップ・操作性アップをおこない、若干より先調子に仕上げられている。グリップ部にはフィット感に優れるダイワオリジナルの「Vグリップシート」を採用。長さは180と210の2タイプ。タチウオ専用設計ではあるものの、繊細なアタリを感知する感度とキビキビとしたロッドワークが可能な操作性の良さをいかして、アマダイ・オニカサゴ・イサキ・ハナダイなどに使用しても十二分に活躍する。メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています■スペック 品名 標準 全長 (m) 継数 (本) 仕舞 (cm) 標準 自重 (g) 先径 (mm) 元径 (mm) テンヤ負荷 (号) 錘負荷 (号) カーボン 含有率 (%) 180 1.80 2 95 135 1.0 10.9 30-60 60-120 55 210 2.10 2 110 140 1.0 10.9 30-60 60...

ダイワ ロッド 兆 18

Amazon

73,332

ダイワ ロッド 兆 18

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。[KIZASHI]

ダイワ ロッド 兆 7

Amazon

28,728

ダイワ ロッド 兆 7

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。[KIZASHI]

ダイワ ロッド 兆 19

Amazon

74,768

ダイワ ロッド 兆 19

新感覚の『硬式胴調子』を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった『胴が積極的に働く胴調子』であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。これまで『胴調子』というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。[KIZASHI]

ダイワ ロッド リーディング カワハギ 175

Amazon

24,097

ダイワ ロッド リーディング カワハギ 175

細径グラスソリッドの柔軟さ・目感度を追求した軽量カワハギロッド ●船釣りを楽しむアングラーであれば知らぬ者なしと言っても過言ではないダイワ船竿の代名詞「リーディング」。沖釣りの世界に革命を起こし、ライトタックルやライトゲームという概念を定着させる立役者となった初代の登場以来、常に進化を止めることなく市場をリードし続けている。「リーディング カワハギ」は、細径グラスソリッド穂先の良さをとことん追求した1本。グラスソリッドの最大のメリットはその柔軟さ。穂先として削り込んでいった時、ごくわずかなモタレともいわれるカワハギのコンタクトを大きく表現し、かつそれをはじかず食わせる独特の味が生まれてくる。ソリッドにクロスを巻きつける「ソリッドパワースリム設計」とネジレ防止の最適構造「X45」により、最近のカワハギロッドに要求される軽さと操作性も備えている。細く削り込んだ穂先は当然ながら繊細で、巻き込みや糸が絡んだままの操作や乱暴な扱いには耐えられない。とはいえ穂先に注意して丁寧な釣りを心がけることは決してマイナスではなく、むしろ結果的により集中力が高まり、釣果にもつながるといえるだろう。「極鋭もいいが、このロッドもぜひ使ってみたい」とマニアを唸らせる、歴史あるリーディングならではの完成度を誇る。

【ダイワ】マッドバイパースクイッド 175

全3商品

55,080

【ダイワ】マッドバイパースクイッド 175

ウネリが高い海況でヤリイカをバラさず釣り上げるには、程よく曲がってウネリを吸収し、なおかつしっかり粘って負荷の大きい仕掛けや大型ヤリイカの多点掛けにも力負けしないパワーを持つロッドが必要。 「マッドバイパー スクイッド」は、高密度ガラスソリッドに高い形状復元力を有する「3DX」・ネジレ帽子の最適構造「X45」といったダイワが誇る素材テクノロジーを搭載したしなやかで粘り強い素材を使用。しなやかな穂先で深い水深のイカのアタリをも大きく表現し、滑らかなブランクの繋がりで多点掛けを容易にするだけでなく、ウネリの高い時の大型の多点掛けでもスムーズな粘りでバラシを防止する。グリップ性と感度に優れたブランクタッチメタルシート、滑りにくい龍柄パターン入りデュラグリップなど機能美も追求。ヤリイカはもちろん、スルメイカや中深場のオニカサゴ・ビシアジ釣りにも適しており、1本あればいろいろ使えて便利。 ■DAIWA TECHNOLOGY ・ソリッドパワーマキシマム ・X45 ・3DXアイテム 全長 (m) 継数 (本) 仕舞 (cm) 自重 (g) 先径/元径 (mm) オモリ 負荷 (号) 適合クランプ サイズ カーボン 含有率 (%) 165 1.65 1 165 365 2.7(2.1)/16.6 80-150 S 36 175 1.75 1 175 385 2.7(2.1)/16.6 80-150 S 36 ※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ロッドダイワ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ