「食器黒」 の検索結果 14,435件

九谷焼スタンドランプ/黒猫シルエット 澤田郁美 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

19,980

九谷焼スタンドランプ/黒猫シルエット 澤田郁美 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

猫のシルエットが愛らしく空間を彩る九谷焼のスタンドランプ。深みのある赤い花に戯れる黒猫たち。いや、よく見ると猫のシルエットです。ランプの優しい光に照らされて、艶のある白磁を舞台に飛び回る猫の姿は、愛らしさとともに幻想的な趣も醸し出します。この作品を手がけたのは澤田郁美さん。日展作家で同じく伝統工芸士の義父、澤田富雄(穂光)氏の薫陶を受けた澤田さんは、平成18年に創造美術展初入選、石野賞受賞を機に、数々の賞を受賞。平成24年に九谷焼の伝統工芸士に認定されました。花や動物をモチーフにすることが多いという澤田さんの作品は、赤・黄・緑・紫・紺青の“九谷五彩”だけでなく、中間色を巧みに用いた女性らしい色使いが特徴。マグカップなど生活に取り入れやすい作品も多く手がけ、人気を博しています。 「ご近所の猫に接することが多いのですが、その愛らしい仕草や眼差しにとても癒されています」と澤田さん。今回のランプに描かれた猫も、女流職人である澤田さんならではの人気のモチーフです。赤絵で表現した九谷焼の伝統的な唐草模様に、「艶黒」という黒呉須で描いたシルエットの猫が見事に調和。ランプとして使わない時も、モダンなインテリアとして愉しめます。 「伝統的な技法と現代的な猫の姿をマッチさせるのに苦労しました。猫ちゃんの愛らしい姿に和んでいただければ幸いです」と澤田さん。部屋に馴染みやすいクラシカルな形も魅力。ベッドサイドやリビングなどに置いて、ほのかな灯りとともに愉しんでください。

黒薩摩/梅瓶 沈壽官窯 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

黒薩摩/梅瓶 沈壽官窯 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

深い色合いと力強さに満ちた火まかせの芸術、黒薩摩の美。薩摩焼は実に懐の深い焼物。というのも、白薩摩と黒薩摩の2種類があって、その表情が天と地ほども異なるかです。しかし、共通していること、それは色の魅力です。日本に渡来して四百十数年。李朝伝来の技術を守り、またそれぞれの代において独創的な作風を創り上げてきた沈壽官家。明治6年、ウィーン万博に白薩摩の錦手大花瓶を出品し、世界中に「サツマウエア」を広めた十二代、日本人初の大韓民国名誉総領事に任命され、薩摩焼四百年祭を成功させた十四代。そして1999年に沈壽官を襲名した十五代は、2010年に「歴代沈壽官展」をパリで成功させ、国内外で大いに注目を集めました。「白薩摩が繊細な彫りを施したり、華麗な絵付を施すのは、世界に類例のない白い陶器の質感を際立たせるためにこそあるのです。あくまで主役は独特の乳白色の色合いと滑らかな質感です。一方、黒薩摩は土と火の具合でいかようにも変わる、いわば制御しにくい野放図の、黒色の深みがあるのです」と十五代。島津家の御用窯だけで焼かれていた白薩摩に対し、黒薩摩は庶民の生活雑器として発展してきました。その魅力は、男性的な力強さの中に見せる柔和な表情です。ご紹介するのは、十五代が監修し〈沈壽官窯〉が手がけた梅瓶。背の高い独特な形状をしている花瓶ですが、韓国ではオーソドックスな形状だといいます。柔らかな曲線に、黒薩摩独特の、黒い宇宙的な広がりが感じられる作品。深く重厚な色合いは、活ける花を見事に引き立ててくれるでしょう。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「食器黒」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ