「陶芸抹茶茶碗」 の検索結果 96件

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 小茶碗 黒楽茶碗又は赤楽茶碗 佐々木松楽作

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

5,011

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 小茶碗 黒楽茶碗又は赤楽茶碗 佐々木松楽作

サイズ約直径9.9×高6.3cm 作者佐々木松楽作 箱紙箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (大・山野山黒6912・輪申輪赤5850) 【コンビニ受取対応商品】【3代 佐々木松楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
色絵菊抹茶茶碗 亨

Amazon

5,800

色絵菊抹茶茶碗 亨

京焼・清水焼の陶工、小倉亨の抹茶茶碗 菊です。 色とりどり可愛らしい菊の絵が描かれています。 日本人が愛してやまない秋の花、菊。 春のサクラに対して日本の秋を象徴する花の代表格です。 現在では、菊は天皇家の紋章としてしられていますが、 平安時代頃、中国から秋の重陽の節句とともにもたらされたと伝わっています。 京焼の茶碗らしい豪華で華奢な絵付けが特徴です。 葉っぱや菊の花弁のなかにあるおしべめしべまで精緻に絵付けしてあります。 正面から見て、内外の絵付けが交わる角度からの景色はえもいわれぬ豪華さがあります。 秋の菊ノ絵をいうなら、これ一碗で十分と思える出来映えです。 豪華絢爛、色とりどり菊の花が詰め込まれた あたかも菊まつりにでも来ているような気分にさせられる仁清写しの菊ノ絵茶碗です。 ◆商品番号 8935 抹茶茶碗 菊 亨 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン すべて不可 ◆寸法 直径12cm×高さ8cm 重さ240g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 小倉 亨 昭和19年 京都市にて生まれる 昭和37年 京都市立日吉ヶ丘高校美術課程陶芸科卒 昭和38年 京都市工業試験場専攻科卒 昭和44年 炭山工芸村設立参加 昭和49年 第一回個展 京都菊画廊 以後 個展、グループ展多数 平成4年 伝統工芸士に認定 平成9年 炭山工芸村理事長に就任

送料無料
あじさい抹茶茶碗 隆雲

Amazon

5,800

あじさい抹茶茶碗 隆雲

京焼き清水焼の茶道具窯元、伊藤隆雲の紫陽花(あじさい)の抹茶碗です。 彩りよく、多色のアジサイの花。柔らかい白を基調に優しい雰囲気。 あじさいの花が、青、赤紫…と、開花するにつれて色変わりする様子をうまく描いています。 ザングリとした赤土を使った乾山風の夏茶碗です。 上絵の具を盛って点描でアジサイの花を表現。 茶碗の内側。 口縁の縁にまでアジサイの花の絵付けがあり、のぞき込むと外絵と重なり合って立体的な景色となります。 古来より日本人に愛され、文学や和歌にもたびたび登場してきたアジサイの花。 その優美で可愛い花の姿は、私たちの心を癒やしてくれます。 ◆商品番号 4211 抹茶碗 紫陽花 隆雲 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン すべて不可 ■寸法 直径12cm 高さ7.5cm 重さ220g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 伊藤 隆雲 昭和30年 日吉ヶ丘高校美術科程陶芸科卒 その年 森里陶楽氏に師事し作陶の道を志す 前衛作家 河島浩三氏に師事 その後、日展審査委員・西川實氏に師事 昭和40年10月 独立 現在に至る グループ「手」同人 【抱負】 京都の伝統工芸の近代的センスを併せ、 見て楽しく、 使って楽しいクラフトをめざし、 また侘び寂びを生かすべく 努力しております。 何とぞ末永くご愛顧を賜りますと共にお引立の程よろしくお願いします。

送料無料
乾山白菊抹茶茶碗 亨

Amazon

5,800

乾山白菊抹茶茶碗 亨

京焼・清水焼の陶工、小倉亨の抹茶茶碗 菊です。 大輪の白い菊の絵が描かれています。 日本人が愛してやまない秋の花、菊。 春のサクラに対して日本の秋を象徴する花の代表格です。 現在では、菊は天皇家の紋章としてしられていますが、 平安時代頃、中国から秋の重陽の節句とともにもたらされたと伝わっています。 京焼の茶碗らしい豪華で華奢な絵付けが特徴です。 葉っぱや菊の花弁のなかにあるおしべめしべまで精緻に絵付けしてあります。 正面から見て、内外の絵付けが交わる角度からの景色はえもいわれぬ豪華さがあります。 秋の菊ノ絵をいうなら、これ一碗で十分と思える出来映えです。 お抹茶碗らしい枯れた生地に豪華絢爛な大輪菊が描かれた抹茶茶碗。 ◆商品番号 9062 抹茶茶碗 乾山菊 亨 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン すべて不可 ◆寸法 直径12cm×高さ8cm 重さ240g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 小倉 亨 昭和19年 京都市にて生まれる 昭和37年 京都市立日吉ヶ丘高校美術課程陶芸科卒 昭和38年 京都市工業試験場専攻科卒 昭和44年 炭山工芸村設立参加 昭和49年 第一回個展 京都菊画廊 以後 個展、グループ展多数 平成4年 伝統工芸士に認定 平成9年 炭山工芸村理事長に就任

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 平茶碗 青萩焼茶碗 割高台 納富尚作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

17,258

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 平茶碗 青萩焼茶碗 割高台 納富尚作 【smtb-KD】

配送●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径15.8×高6cm 作者納富尚作 箱木箱 備考手造りのため、景色(模様)異なる場合があります。 (尚目野江・竹下敬三礼吉丸江・21600) 【コンビニ受取対応商品】【納富 尚子】納富窯 ■大華山 鳥雲窯:萩市山田4431 〇祖父の初代納富鳥雲や、父の晋に師事・・・・・ ・・・・・ 【納富 尚子】納富窯 ■大華山 鳥雲窯:萩市山田4431 1979年昭和54年萩市生 1998年平成10年萩高等学校卒業 1998年平成10年神奈川大学に進学、2000年同大学中退後カナダに遊学 2001年平成13年萩に戻り、父、納冨晋に師事する 2004年/萩陶芸家協会展 出品・・以後研鑽中 〇祖父の初代納富鳥雲や、父の晋に師事 参考〇初代【初代 鳥雲】大正10年生まれ 昭和26年慶山窯 開窯 昭和33年慶山窯 閉窯:12代田原陶兵衛に師事 昭和44年鳥雲窯 開窯、平成7年死亡 参考●長男【納富 晋】昭和26年生まれ:関東学院大学卒、日本工芸界正会員 昭和53年納富 晋(現日本工芸会正会員)初代鳥雲に師事 参考●二男【納富 鳥雲(本名:智尋)】昭和31年生まれ: 昭和50年納富 智尋(現二代鳥雲)初代鳥雲に師事 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【吉田萩苑】「略歴」 1940年昭和15年10月 萩市三見床並に生れる 〇15歳の折、十代三輪休雪(後の「重要無形文化財保持者(俗称 人間国宝)」三輪休和)に師事する 〇後、「天鵬山窯」の発足にあたり招かれて作陶するとともに、技術指導に尽力し、若き陶工を育てる 1968年昭和43年独立し、萩市玉江に「玉隆山窯」を開窯 〇1987年昭和62年11月事故のため...

送料無料
【茶器/茶道具・抹茶茶碗】 黄交趾焼き 桃の節句 赤沢露石作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

47,040

【茶器/茶道具・抹茶茶碗】 黄交趾焼き 桃の節句 赤沢露石作 【smtb-KD】

サイズ約直径12.6×高7.7cm 作者赤沢露石作 箱木箱 【コンビニ受取対応商品】【赤沢露石(元次郎)】初代は赤沢華峯 ※初代:赤沢華峯(赤沢元次郎) 田能村直入に南画を習う:にち、陶芸に進む ※二代:赤沢露石(赤沢修三) 元次郎の子:露石と号す 昭和18年:交趾焼きで技術保存認定を認定される 京都伝統陶芸家協会の設立に携わり、同協会会員になる ※三代:赤沢露石(赤沢静尾) 二代:(修三の妻)京都伝統陶芸家協会会員 ●四代:赤沢露石(赤沢正中)修三の孫 ・・ 昭和16年生まれ 昭和63年四代:赤沢露石を襲名 ※日本工芸会正会員 ※京都伝統陶芸家協会会員-------------------------------------------------------------------------------- ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ ■【初代・赤沢華峯(赤沢元次郎)】 ※田能村直入に南画を習う ※五条坂において画の指導を行う。のちに転じて陶芸に携わる ・・---・・ ■【二代・赤沢露石(赤沢修三)】初代元次郎の子 ※華峯の跡を継ぎ、露石と号し、陶芸に携わる ※昭和18年に技術保存認定を交趾焼の作品により認定。 ※京都伝統作家協会の設立に携わり、同協会会員となる。・・---・・ ■【三代・赤沢露石(赤沢静尾)】二代修三の妻 ※若くより茶の湯に親しみ、家業を助ける ※京都伝統作家協会会員 ・・---・・ ■【四代赤沢露石(赤沢正中)】二代修三の孫 ※昭和16年生れ ※昭和56年 日本橋三越本店・京都大丸等 各地で個展 ※昭和59年京都大丸「現代の陶芸百人香炉 名品展」出品 ●昭和63年交趾焼四代露石襲名する ※平成19年京都高島屋にて「京都伝統陶芸家 協会50周年記念展」出品 (線文様をモチーフにした...

送料無料
窯変 曜変 天目 茶碗 抹茶碗 手作り 窯作 建盞 和食器 酒器 料亭

Amazon

6,588

窯変 曜変 天目 茶碗 抹茶碗 手作り 窯作 建盞 和食器 酒器 料亭

中国の伝統は手製で作ります 中国の皇帝の最も愛する陶器の茶道具 世界は非物質の遺産だ 元南宋期,日本では中国に留学僧,職人が多くて、当時の中国の天目茶碗、人気の日本国民や茶道界に愛されて。したがって、日本製陶名家「加藤四郎」は宋に日本に戻った後、尾張の瀬戸窯陶開いて、瀬戸窯の作品は、多くの模倣わが国の宋天目仕様の器具、後で「瀬戸天目。でも日本の政治は内乱につれて、多くの瀬戸の陶工が逃げ込ん美濃避難、美濃窯から興る。だから瀬戸と美濃の陶器、深い中国血渊源。 中国産、全て手作り、施釉局部が指紋、火に虫食い跡、空、墨時、泡,掛釉,格闘を始めるなどは所属し陶者の芸術表現形式で、区別手作り器物と普通のメカニズムの陶芸の重要なシンボルの一つ。 器型雄渾自然,感触は柔らかくて、器の形は穏やかで、含蓄深い、豪快なわがまま、微細にやさしい玉のように、自然の無華、氷裂テクスチャ(セミの羽紋)明らかに示し、簡素の風。 器のせい型の勝手に、まろやかになって、湿った玉のようで、自由に手配し、自家用、陣列やよう、コレクションなど。 どの建盞(けんさん)も神からの唯一無二の贈り物、建盞の魅力は世の中に全く同じものが存在しないこと 性能:厚みがあり硬い骨格、古拙で素朴、叩くと金属音がする特殊な胎土、一夜過ぎても鮮度を保つ、一夜過ぎてもお茶が変質しない、依然としてよい香りのまま 建盞で茶を味わうと、融合を感じ、お茶の特性を十分に味わえる優れた保温性と断熱性を有している もしもあなたは私達の製品が好きで、好評をください

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 白楽茶碗 宝尽し 川崎和楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

26,580

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 白楽茶碗 宝尽し 川崎和楽作 【smtb-KD】

サイズ約直径11.3×高8.3cm 作者川崎和楽作 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (限定大)(・33264) 【コンビニ受取対応商品】【七世 川崎和楽】楽焼窯元 文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主が始まり。 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を2代目七兵衛より「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋約200年以上窯元として続く 1918年大正07年 東郷平八郎元帥より「和楽」の号を拝領する。 以後「和楽」の屋号で現在にいたる。 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 筒 道歌 大野桂山作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

10,454

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 筒 道歌 大野桂山作 【smtb-KD】

サイズ約直径9.3×高9.5cm 作者大野桂山作 箱化粧箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (限定棒丸柴・13068) 【コンビニ受取対応商品】【3代 大野桂山】 1956年昭和31年 京都で生まれる 1988年昭和63年 桂窯に入り、初代 寄神宗白、檜垣崇楽に師事、現在は子の檜垣青子に師事 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 覚入写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

23,220

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 覚入写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

サイズ約直径11.6×8.5cm 作者佐々木昭楽作 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (野野岡N028百選-8大・29052) 【コンビニ受取対応商品】【佐々木昭楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 筒 雪片 佐々木松楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

8,316

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 赤楽茶碗 筒 雪片 佐々木松楽作 【smtb-KD】

サイズ約直径9.3×高9.5cm 作者佐々木松楽作 箱化粧箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (丸野丸大・11664) 【コンビニ受取対応商品】【3代 佐々木松楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
bch-26 志野 抹茶茶碗 贈り物 茶碗 薪窯 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 木箱付きギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式のお祝いの贈り物に♪...

荒川明の陶芸ギャラリー

162,000

bch-26 志野 抹茶茶碗 贈り物 茶碗 薪窯 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 木箱付きギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式のお祝いの贈り物に♪...

炎色は天下1品♪ 陶芸作家の手造りの 抹茶茶碗を買うならココ ♪ 焼締 志野焼き 鳴海織部 楽焼き 御本手 黒天目まで! 荒川明 のオリジナル抹茶茶碗147商品の品揃え。 ギフト、還暦祝い、定年、退職祝い、結婚祝い、誕生日、 ク リスマスプレゼント、金婚式のお祝いの贈り物に♪ 荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、 その名前のとうり山奥となります。 そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に 工夫をして窯を作りました。 自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な 景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。 サイズ サイズ12.5cm×11.5cm×高さ8cm 素材 陶器(木箱付き) 特長 志野釉の窯変とかいらぎのヒビ割れが大胆で素晴らしい 志野焼 抹茶茶碗 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の確かな作陶技術と 使い心地の良さ! 焼成方法 薪窯焼成 ※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。 陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか? 美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。 陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします。 荒川明の2013年の評価額が78万円となっております。 難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。 お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 焼締志野 抹茶茶碗 薪窯焼成 こんな見事な窯変があるだろうか?薪の炎により素晴らしい色相に変化 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。)...

送料無料
仲田錦玉 九谷焼抹茶碗 渦打青粒宝相華唐草 内金彩見込みに若松(貴人茶碗モデル)

九谷陶芸 北山堂 楽天市場店

108,000

仲田錦玉 九谷焼抹茶碗 渦打青粒宝相華唐草 内金彩見込みに若松(貴人茶碗モデル)

九谷焼作家:仲田錦玉(三代目) 九谷焼伝統技法粒打ち最高技術保持者 素材:磁器 サイズ:径12.5cm×高さ7.5cm 箱:桐箱紐通し 明治時代末・大正時代初め頃から広まった九谷焼伝統技法青粒の最高技術保持者仲田錦玉。 地色の上に粒(ちぶ)と称する点の盛り上げが並び、その重厚さと品の良さは万人の認めるところです。 普通の粒は不規則な位置に粒が打たれていますが、仲田錦玉の粒打ちは渦状や青海波文様状に粒を打たれ、さらに金盛の技術を使いるので、立体感や風格が全く違います。 さらに、その粒の大きさ、色、間隔の均一さは、まさに神業と言っても過言ではありません。 皇太子金沢来訪の際に茶器を献上したり、天皇陛下御来県の折、御使用の蓋付茶器「黄地金唐草」の制作の誉を得たのも納得できます。 この抹茶碗も、仲田錦玉の高度な技術である渦状の白粒・金盛を充分堪能できる逸品です。 金盛は九谷焼独特で愛好家の多いは画風ですが、大変高度な技能を必要とします。 そのため、今日、盛金絵付の技法をマスターした画工が九谷業界から姿を消しつつある中で、仲田錦玉先生の作品は一際、光彩を放っております。 その渦打ち青粒と金盛技法で描かれた宝相華の上品な唐草文様の抹茶碗。 内側は金彩で、見込みの若松がお洒落な逸品です。 ※実店舗でも販売していますので、売切れ表示が間に合わない場合もございます。ご容赦ください。

優れものキッチン雑貨の陶芸抹茶茶碗、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な陶芸抹茶茶碗が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「陶芸抹茶茶碗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ