「陶器作品」 の検索結果 1,185件

【野分窯】 広兼行男 総織部 丸小鉢 24

Life Balance (ライフバランス)

1,620

【野分窯】 広兼行男 総織部 丸小鉢 24

SPECIFICATION Size 約φ12.8xH4.3cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

【野分窯】 広兼行男 飴釉面取 そばちょこ 76※

Life Balance (ライフバランス)

1,944

【野分窯】 広兼行男 飴釉面取 そばちょこ 76※

SPECIFICATION Size 約φ8.5xH6.7cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

【野分窯】 広兼行男 織部 楕円皿 31

Life Balance (ライフバランス)

2,160

【野分窯】 広兼行男 織部 楕円皿 31

SPECIFICATION Size 約18.5x14.2xH1.7cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

【野分窯】 広兼行男 織部草文 手塩皿 21

Life Balance (ライフバランス)

1,620

【野分窯】 広兼行男 織部草文 手塩皿 21

SPECIFICATION Size 約φ14.3xH1.8cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯 広兼行男のラインナップに新しい作品です。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、6ヶ月、1年と過ぎ去ってやっとのご紹介です。でも今後もラインナップを膨らませて当店でも野分窯が育つことを願っています。 野分窯の作品は、知り合いのお茶の先生、お料理の先生にも大好評です。広島から発信して、野分窯の魅力をお伝えできたらの気持ちでいっぱいです。味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了 瀬戸市霞仙陶苑にて修行...

【野分窯】 広兼行男粉引フリーカップ (無地) 75

Life Balance (ライフバランス)

2,592

【野分窯】 広兼行男粉引フリーカップ (無地) 75

SPECIFICATION Size 約φ9.5xH8.5cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯 広兼行男のラインナップに新しい作品です。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、6ヶ月、1年と過ぎ去ってやっとのご紹介です。でも今後もラインナップを膨らませて当店でも野分窯が育つことを願っています。 野分窯の作品は、知り合いのお茶の先生、お料理の先生にも大好評です。広島から発信して、野分窯の魅力をお伝えできたらの気持ちでいっぱいです。味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了 瀬戸市霞仙陶苑にて修行...

【野分窯】 広兼行男 黄釉半磁飛鉋文 マグカップ 52※

Life Balance (ライフバランス)

2,700

【野分窯】 広兼行男 黄釉半磁飛鉋文 マグカップ 52※

SPECIFICATION Size 約φ8.5(上部)xH6cm(満水200cc) Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975...

白山陶器 ブルーム/Bloom ジャムケース

Amazon

3,240

白山陶器 ブルーム/Bloom ジャムケース

和洋問わず、暮らしの様々なシーンで映える絵柄と、 白と深く鮮やかなコバルトブルーのコントラストでが大変美しいですね。 近年、流行している「北欧デザイン」の雰囲気も感じられるブルームは、 当店でも人気が高い北欧食器との相性も抜群です! 更には多用性が重視されたニュートラルな形状は、 お料理やティータイムの幅が広がる事間違いなしですね。 白山陶器の専属デザイナー "阪本やすき"氏と"富永和弘"氏のコラボレーション作品 多用性を重視した使いやすい形状のデザインを阪本氏が、 温もり溢れる絵付けを富永氏が担当しました。 コバルト色の花々は全て職人さんの手作業によって、 一筆一筆、丁寧に手書きされています。 フォルム同様、柔らかな曲線使いの花絵付けに、魅了されるファンも数多く また、シンプルなデザインだからこそ、まるで、何年も使いこなしたように 自然と暮らしの中にスッと溶け込んでくれるでしょう。 蓋つきの可愛らしい容器です。 スクエアなフォルムは、食器棚や冷蔵庫の中でもとても扱いやすいかと思います。 バターケースとしてお使いいただく以外にも、 お気に入りのティーバックのストックや、ポーションタイプのコーヒーやミルクのストックに、 用途は様々ですので、いくつあっても嬉しいアイテムですね。

【野分窯】 広兼行男 マット釉 マグカップ 58

Life Balance (ライフバランス)

2,700

【野分窯】 広兼行男 マット釉 マグカップ 58

SPECIFICATION Size 約φ8.5xH7.3cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

【野分窯】 広兼行男 麦わら手 マグカップ 57

Life Balance (ライフバランス)

2,700

【野分窯】 広兼行男 麦わら手 マグカップ 57

SPECIFICATION Size 約φ8.5(上部)xH6.5cm(満水200cc) Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975...

送料無料
egu-8 群青天目 ぐいのみ 荒川 明作 「文部大臣奨励賞受賞」木箱付き 送料無料 陶器ぐいのみ ぐいのみ おちょこ 荒川 明作

荒川明の陶芸ギャラリー

16,200

egu-8 群青天目 ぐいのみ 荒川 明作 「文部大臣奨励賞受賞」木箱付き 送料無料 陶器ぐいのみ ぐいのみ おちょこ 荒川 明作

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、 その名前のとうり山奥となります。 サイズ 直径7.8cm×高さ4.2cm 素材 磁器(木箱付き) 特長 深い青に浮かび上がる結晶、深い海に波の泡が消えて行く様です。 おちょこ ぐいのみ おちょこ ※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。 陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか? 美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。 陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします。 荒川明の2016年の評価額が84万円となっております。 難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。 お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。天目七変化 黒に挑戦ということで数年前黒系の天目茶碗を発表しましたが。その時 色変化する天目を 頭の中で考えておりました。もっと違う色鮮やかな天目を作りたいと研究を重ね 遂に完成 次々と発表していきます。 第3弾 群青天目ぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞 陶芸作家 荒川明 作 群青天目ぐいのみ 天目は本来 黒が主流ですが、色のついた天目で美しい作品をと願って 釉薬と土と焼成実験にて美しいブルーに結晶が出た作品が完成致しました。 群青色と言いますと、金沢兼六園の中にある御殿成巽閣の群青の間の 美しい青を思い出す。又私も好きな谷村新司の【群青】の歌の海の深い青 も脳裏を駆け巡ります。 この美しい青を群青天目と命名致しました。 正面 深い青に浮かび上がる結晶。お酒を入れると更に美しく結晶が浮かび上がり それを見ながら飲むお酒は心に深くしみわたります。  ▲側面は全体的に青に結晶が美しい  ...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「陶器作品」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ