「鋼ナイフ」 の検索結果 19,624件

刀工江戸造包丁/菜切型 藤原照康 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

刀工江戸造包丁/菜切型 藤原照康 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

日本刀造りの技を活かした包丁の名品。三層構造が決め手。先祖伝来の日本刀造りの伝統技を今に受け継ぐ名工の4代目、藤原照康さんの造る包丁にはプロの愛用者が多くいます。理由はよく切れることにあります。日本料理は切れ味が肝腎。切り口が料理の見栄えを左右する世界で、藤原さんの包丁は欠かせません。気持ちいいくらいに切れるので、一般家庭で使うのも快適です。三十数工程の作業すべてに日本古来の伝統技法を駆使。日本刀では「折れず」「曲がらず」「よく切れる」という要求を満たすため、硬い鋼を芯にして軟らかい鉄を加えるという鍛造が用いられますが、これを藤原さんは包丁造りにも応用。特殊鋼をステンレスで包み込むように接合し、刃先の部分だけ鋼が表出する独自の構造で仕上げています。ゆえに、切れ味がよくて錆びにくく、メンテナンスが楽な包丁となるのです。一つになったその刀身はひたすら打ち鍛え、また熱して打つことを繰り返す。けがき、裁ち、ならし、整形、鍔の溶接、刻印、焼きなまし、泥塗り、焼き入れと続き、さらには刃つけ、研磨などもすべて手作業で進めていきます。どれも一瞬たりとも気は抜けない作業ですが、「自分が納得し、満足したものでなければ市場に出してはいけないと思う。ものづくりとはそういうこと」と藤原さんは語ります。そうして出来上がるのが、ご紹介する「刀工江戸造包丁」。菜切型で、野菜を切るのに最適です。よく切れるため、食材の繊維を壊さず、驚くほどサクサクと調理できます。包丁の茎(なかご)が柄の中までしっかり入った状態で固定されているので抜群の安定感です。

【ベルメゾン】切れ味が長く続きやすい包丁 エバーカット

全2商品

15,984

【ベルメゾン】切れ味が長く続きやすい包丁 エバーカット

包丁こそ耐久性が要。この包丁はフランスの老舗カトラリーメーカーが研がずとも切れ味が持続する包丁を作ろうと研究を重ねた結果、できた物。硬度があるので切削工具などに使われる炭化チタンと、包丁の要である鋼を融合させることで、強度と切れ味といった両方を兼ね備えることを実現しました。研がなくても約25年間切れ味を持続、クールな顔したタフガイ、と呼びたくなります。「包丁の研ぎ方がわからない、研ぐのが面倒」という方に向けて長い年月を掛けて研究、開発されました。硬い鉱物をカットするドリルなどに使われる炭化チタンで強度を出し、包丁の要である鋼にレーザーで融解。とても特殊かつ、革新的なこの技術こそが切れ味の変わらない包丁を実現させました。強化された刃をダイアモンド・ホイールで何度も研ぐことにより、鋭利な切れ味と研ぎを必要としない耐久性にも成功。また、ひとつ一つに個別のシリアルナンバーが記載されており、一定の条件のもと本国フランスでのリペアも可能。まさに一生涯の保証付きです。オールブラックの先鋭的なデザインと、人工工学に基づいた握りやすい持ち手にも愛着がわく逸品。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「鋼ナイフ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ