「赤絵陶器」 の検索結果 942件

団陶器 赤絵安南手 お茶碗 L

Amazon

1,080

団陶器 赤絵安南手 お茶碗 L

●コンセプト:「碗 おぶ ぜむ」/WAN OF THEM・・・「one of them」には「~の中のひとつ」という意味がある。持ちやすく、食べやすく、とても使いやすいこだわりのお茶碗「碗・おぶ・ぜむ/Wan of them」●いにしえより日本人は身の回りにあるモノのサイズを一番身近な「手」の大きさを目安に決めてきました。お茶碗のサイズも手の大きさと深い関係にあります●お茶碗の口径と高さは2:1の比率とされていて、この比率だと片手にちょうど収まり、楽に持つことが出来ます●ご飯茶碗の最適サイズは貴方の「手」が基準。貴方の手にピッタリフィットのお茶碗を提案します●持ちやすいデザイン、指のかかりの良い縁のライン、柔らかなボディの曲線、口当たりのちょうどいい厚み、伏せた茶碗も取りやすい高台の形状●高台の径は、人差し指から薬指までの指三本にちょうど収まるくらいが目安●古来より日本人は見て触れてものを選んできました。この触覚美と言えるような日本人特有の美の感覚を大切にしたい、そんな思いから生まれたお茶碗です●硬質で歪みや変型に強く、白い上質の天草陶土を使用し、生地の細工から焼成、窯上りの至るまで熟練の職人がひとつひとつ丹精込めて丁寧に仕上げました●実用新案登録済:第3159135号

源右衛門窯 赤絵梅地紋湯呑

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

9,720

源右衛門窯 赤絵梅地紋湯呑

径約7.0cm 高さ約7.5cm 化粧箱温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます。炎を知り尽くした職人のカンが要求される技術です。火入れから焚き終りまでの二日間は不眠不休の作業となります。そしてゆっくりと窯が冷まされた後、ようやく器の窯出しになります。 源右衛門窯作品につきましては、現在製作されている物も含めて基本的には全てご注文頂けます。 当店取扱の源右衛門窯作品の一覧はコチラです→ 商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。 ・飯碗・丼・麺鉢・湯呑(単品)・組湯呑・湯呑揃・急須、ポット・碗皿...

関連キーワード

食器蓋物
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「赤絵陶器」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ