「豆鉢」 の検索結果 257件

快山窯 丸一紋小付 和食器/小皿/タレ皿たれ皿/刺身千代口/珍味入り/豆鉢/ 【HLS_DU】 業務用食器

キッチングッズ Bell

1,296

快山窯 丸一紋小付 和食器/小皿/タレ皿たれ皿/刺身千代口/珍味入り/豆鉢/ 【HLS_DU】 業務用食器

「青白磁」は、まさしく空です、分かりやすく言うと、空色。 もっと分かりやすく言うと、「非常に薄いブルー」ですね。ただし、きつい青ではなく、黄系統のやわらかさを持つあたたかい青です。 非常に透明感があり、言うのもなんですが、「美しい」という言葉に相応しい色だと思います。光によって、本当に様々な色に変化する事を楽しめるのも「快山窯」の大きな魅力です! 弊店にて扱わせていただくのは、塚本満先生指導で作られた「窯物」と呼ばれる、比較的お手軽な値段で取り扱いできる商品です。といっても柄は手彫りですし、そこいらの量産品とは格が違いますヨ〜 小さい割に深さがあります、 刺身や握り寿司を食べる時お醤油を入りに・・・ 豆鉢や千代口、珍味入れにも使えます。 =関連商品= 向付/刺身・・・ 小付/醤油・・・ 内容 小付 X 1 サイズ φ9XH2.8cm・重量約130g 素材 快山窯・青白磁★日本製(美濃焼)商品説明 電子レンジOK・食器洗浄機OK 簡易梱包 ラッピングご希望の方は⇒こちら(有料) ※商品の色やイメージはお使いの環境により、実際と異なる場合がございます。 (登録日:201306-1 Y)人間国宝 塚本快示先生により、1,000年前の中国宋代の青と白が現代に復活。現在、ご子息の塚本満先生が(快山窯)指導者として後を継がれ、この独自の美しさを更なる高みへと昇華させるため、日々研究を重ねておられます! 【経 歴】 ・昭和26年 人間国宝 塚本快示先生の長男に生まれる ・昭和52年 明治大学経営学部卒業 ・昭和52年 快山窯入所 父 塚本快示に師事 ・昭和58年 外国にて陶技研修 (イタリア、ファエンツァ、中国景徳鎮、米国、欧洲など) ・昭和60年 日本伝統工芸展初入選(以降16回入選) ・昭和61年 東海伝統工芸展初入選(以降毎年入選)...

有田焼 染付竜唐草 角豆鉢

有田焼や心器

1,555

有田焼 染付竜唐草 角豆鉢

産地:有田焼 窯元:弥左ェ門窯 サイズ:7.2×7.2×高さ3cm ※特殊な陶土、釉薬をしている為、鉄粉(黒点)や釉薬のムラ・垂れが見られます。※特殊な絵具を使用している為、特に色が濃い部分で、絵具の焦げが見られます。※その為古陶磁器のようなレトロな雰囲気があります。※大胆な絵付けを特徴としているため、商品よって、絵柄の雰囲気が異なります。鉄粉(黒点)や釉薬のムラ・垂れがあえて出るような、陶土、釉薬を使用しているため、古陶磁器のようなレトロな雰囲気があります。 素材感のある地肌と歪でいて洗練された形状は、モダンさも感じさせます。 醤油、薬味、珍味、ちょっとしたおかずなどを入れるよう容器に。 [商品情報] 産地:有田焼 窯元:弥左ェ門窯 サイズ:7.2×7.2×高さ3cm ※大胆な絵柄を特徴としており、商品によって、絵柄の雰囲気が多少異なります。 また、色が濃い部分は呉須こげが見られます。味わいの一つと感じていただけましたらと思います。 [弥左ェ門窯] 初代松本弥左ヱ門氏が文化年間(1804年)に肥前有田皿山で窯焼を始められた、200年以上の歴史ある窯元さんです。 金襴手様式という金彩を多く施した豪華な器を主に制作されていて、昭和期には、ゴールドイマリというブランドで、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、中東など広く海外へ輸出されていたました。 近年では、日常食器からインテリア商品の大物まで、様々な有田焼を制作されている、有田有数の窯元さんです。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「豆鉢」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ