「茶道具茶碗」 の検索結果 1,503件

御茶道具揃

美濃のちゃわん屋さん 古林恩羅院

30,240

御茶道具揃

お抹茶って結構敷居が高いですよね。茶道なんてやったことないし…と敬遠しがちですがうちは家庭でお抹茶の粉を買ってきて作法も無く気軽にお抹茶を立てて飲んでいます。抹茶碗が口に当たるその感触がなんとも言えず、お茶を数倍美味しくしてくれます。皆さんも気軽にお抹茶を楽しんでみては?サイズ: 品:短冊x1 18.5x18x42cm 冬茶碗x1 直径12x8.5cm 夏茶碗x1 直径14.5x5.5cm箱:45×20.5×19.5cmボール箱重さ 2800g付属品:建水、茶筅(八十本立)、棗、茶杓、茶巾生産:冬茶碗・夏茶碗/美濃焼 建水/瀬戸焼 茶筅・茶杓/中国製 その他/国産陶器:冬茶碗・夏茶碗・建水 竹:茶筅・茶杓 ABS樹脂:棗 片麻:茶巾 モミ:短冊※お読みください※陶器は製造する温度、湿度、釉薬の塗り具合など様々な条件により色や形が変化します。そのため表示されている画像とは実物が多少異なる場合がございます。また、こちらの商品は協同組合取り寄せ品となります。そのため受注確認後に完売や入荷遅延などの情報が判明することがございます。通常1〜2日で入荷いたしますが、在庫切れの場合納期に時間がかかる場合がございます。その場合お客さまには欠品を除いての発送か、代品のご検討をメールでご連絡しお願いさせていただきますが、変更後の合計金額が割引金額のラインを下回る場合は下回った金額が適用されることになります。上記ご理解・ご了承の上お買い求めくださいますようよろしくお願い申し上げます。 のし・ラッピング無料商品です。ラッピングはこちらからご注文いただけます。

お買い物マラソン
組小羽根 茶掃用 茶道具

抹茶やお茶と茶道具の茶匠みのる園

1,944

組小羽根 茶掃用 茶道具

組小羽根は、茶掃箱に添えられた三寸くらいの小さな羽箒です。 組小羽根は、茶器に茶を掃き込んだり、茶器の口や蓋を清めたりするのに使用します。 組小羽根は、小羽箒(こはぼうき)ともいいます。 「大きさ」 長さ 約13.5cm 幅 約4cm 【検索語】 茶道 抹茶 薄茶を点てる 濃茶を練る 裏千家 表千家 薮内流 武者小路千家 速水流 茶碗 茶筅 茶杓 茶巾 割稽古 盆略点前 茶箱 茶事 野点 商品説明 名称 茶道具 大きさ 長さ 約13.5cm 幅 約4cm 材質 木・羽 商品説明 画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。ご了承ください。 販売者 みのる園〒703-8256岡山県岡山市中区浜478-8(086)272-1876 簡単な道具の説明  茶道は、立派な茶室や、高価な茶道具を揃えなけ ればできないというものではありません。手許に あるちょっとした品を使って、静かに楽しめるも のです。季節や会の内容にあわせた、道具の妙を感じるのも、お茶の世界の楽しみのひとつです。 「茶巾」 茶碗を掃き清める布です。 これに用いる布は、奈良布、高宮布、照布などです。 大きさは、大体30cm×15cm くらいです。  「茶杓」 茶を掬うものです。 竹の節なしを真の茶杓、桑または竹の節が切止にあるのを行の茶杓、竹の中節、桑以外の木で作った ものを草の茶杓といい、使用する道具、点前の種類によって、茶杓の種類も変わります。    「薄茶器」 薄茶点前で、茶を入れる漆の容器を薄茶器といいます。 漆器で形が棗の実似ているところから、棗といわれています。型は、利休型の大、中、小があります。    「茶筅」 薄茶を点てたり、濃茶を練ったりするための道具です。 用材は竹です。 白竹、燻竹、青竹の三種類があります。 茶筅はその穂の数によって、数穂...

お買い物マラソン
ねずみ散らし平茶碗

Amazon

1,500

ねずみ散らし平茶碗

京都の京焼清水焼の窯元、林山窯の大人気のねずみ散らし平茶碗です。 渋い草色の生地。これまたお茶に合う色目で人気があります。 非常にお手頃な価格でありながら、高台の土の削り方や茶だまりの下げ方、 器の厚みなども 基本的な採寸でできていますのでオススメです。 すべて一個ずつ、手挽きのロクロで作られていますので、 色や形一つずつ微妙な味わいがあります。 釉薬を重ね掛けすることで、単調になりやすい色薬の欠点を 景色の妙で補っています。 背が低く、口径と見込みが広い平茶碗は、夏茶碗とも呼びます。 高台は土みせになっており、釉薬を掛けてしまわず、 柔らかい土味をあえて魅せています。 茶道具としてお使い頂くだけでなく、漬け物鉢や取り鉢など。 お好みでお使い下さい。 ◆商品番号 1331 ねずみ散らし 平茶碗 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 寸法 直径15cm 高さ6cm 重さ240g ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります 陶歴 京焼・清水焼 炭山清谷窯 林山陶苑 江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、 陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継 承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、 今迄の釉薬に新しい技法を研究し 窯変もの釉薬を特技としています。 林山陶苑 林 八郎

むらさき散らし平茶碗

Amazon

1,500

むらさき散らし平茶碗

京都の京焼清水焼の窯元、林山窯の大人気のむらさき散らし 平茶碗 です。 非常にお手頃な価格でありながら、高台の土の削り方や茶だまりの下げ方、 器の厚みなども 基本的な採寸でできていますのでオススメです。 すべて一個ずつ、手挽きのロクロで作られていますので、 色や形一つずつ微妙な味わいがあります。 釉薬を重ね掛けすることで、単調になりやすい色薬の欠点を 景色の妙で補っています。 背が低く、口径と見込みが広い平茶碗は、夏茶碗とも呼びます。 高台は土みせになっており、釉薬を掛けてしまわず、 柔らかい土味をあえて魅せています。 茶道具としてお使い頂くだけでなく、漬け物鉢や取り鉢など。 お好みでお使い下さい。 ◆商品番号 1337 むらさき散らし 平茶碗 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 寸法 直径15cm 高さ6cm 重さ240g ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 京焼・清水焼 炭山清谷窯 林山陶苑 江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、 陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継 承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、 今迄の釉薬に新しい技法を研究し 窯変もの釉薬を特技としています。 林山陶苑 林 八郎

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「茶道具茶碗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ