「茶碗黒」 の検索結果 562件

黒赤抹茶茶碗 林山

Amazon

1,500

黒赤抹茶茶碗 林山

京都の京焼清水焼の窯元、林山窯の黒赤天目の抹茶碗です。 光沢のある黒色。 窯の雰囲気で、黒の釉薬は赤くなったり青みを帯びたりしやすいのですが この茶碗の黒は、きちんと真黒に発色しています。 その茶の表面に赤いアクセント。 これは天目薬を掛けた後、指でひっかいて 更にその上に飴釉を垂らすことで生まれる中国古陶磁でよく 見かける技法です。 きちんと真ん中に茶だまりがついています。 手慣れた感覚で作られているので軽く、料理の取り鉢、漬け物鉢など、 多目的に使われています。 手作りですので厚みや重さ、一つずつ当然異なります。 高台は白い土が見えており、この白さが発色の手助けを しています。 抹茶の緑が美しく映えるのがこの抹茶碗、黒赤です。 ◆商品番号 1310 黒赤 抹茶碗 寸法 直径11.5cm 高さ7.5cm 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 京焼・清水焼 炭山清谷窯 林山陶苑 江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、 陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継 承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、 今迄の釉薬に新しい技法を研究し 窯変もの釉薬を特技としています。 林山陶苑 林 八郎

お福ご飯茶碗 中 与し三

Amazon

6,800

お福ご飯茶碗 中 与し三

清水焼京焼の百福さんで有名な与し三のお福のご飯茶碗 中のサイズです。 百福で人気の与し三のお福のご飯茶碗にはサイズが三段階あります。 お福さんの絵柄は黒と赤の2色だけを使って描いてあります。 真ん中にくちゅんと目鼻だちが詰まった柔和な顔立ち。 よし三のお福さんは気品に満ち、上品なお顔です。 外側には必ず百福。 百福と書いて『おふく』と呼び、たくさんの幸せが来るようにとの作り手の思いが込めてあります。 縁を外側に倒してあり、茶碗の形状も単純な丸ではありません。 高台裏の景色。カンナで土をざっくりとまくってあり、土味を残して釉薬は高台にはかかっていません。 福を呼び込む百福のお顔はすべて手書きです。 お多福、おかめ、お福など呼び名もいろいろありますが、 どれも開運厄除、立身出世、良縁安産などの大願願成就を呼びこむ福娘として古来愛されております。 茶をのみきった後に拝めるお福さんにっこり。 笑う門には福来たる。 茶碗の見こみにお福さんが描かれた縁起の良いご飯茶碗 中のサイズです。 ◆商品番号 912 お福 ご飯茶碗(百福)与し三 中 寸法 直径12cm×高さ5.8cm 重さ160g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「茶碗黒」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ