「窯変天目茶碗」 の関連商品を含む検索結果 41件

松皮天目盃 陶あん

Amazon

5,400

松皮天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの松皮天目盃です。 黒い肌に流れる白い薬の窯変。 松の木の皮に見えることからこの名前があります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9265松皮天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多<の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
bch-26 志野 抹茶茶碗 贈り物 茶碗 薪窯 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 木箱付きギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式のお祝いの贈り物に♪...

荒川明の陶芸ギャラリー

162,000

bch-26 志野 抹茶茶碗 贈り物 茶碗 薪窯 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 木箱付きギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式のお祝いの贈り物に♪...

炎色は天下1品♪ 陶芸作家の手造りの 抹茶茶碗を買うならココ ♪ 焼締 志野焼き 鳴海織部 楽焼き 御本手 黒天目まで! 荒川明 のオリジナル抹茶茶碗147商品の品揃え。 ギフト、還暦祝い、定年、退職祝い、結婚祝い、誕生日、 ク リスマスプレゼント、金婚式のお祝いの贈り物に♪ 荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、 その名前のとうり山奥となります。 そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に 工夫をして窯を作りました。 自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な 景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。 サイズ サイズ12.5cm×11.5cm×高さ8cm 素材 陶器(木箱付き) 特長 志野釉の窯変とかいらぎのヒビ割れが大胆で素晴らしい 志野焼 抹茶茶碗 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の確かな作陶技術と 使い心地の良さ! 焼成方法 薪窯焼成 ※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。 陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか? 美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。 陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします。 荒川明の2013年の評価額が78万円となっております。 難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。 お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 焼締志野 抹茶茶碗 薪窯焼成 こんな見事な窯変があるだろうか?薪の炎により素晴らしい色相に変化 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。)...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
茶道具天目茶碗 油滴(ゆてき) 特上品京都 桶谷定一作

佐藤大観堂

32,000

茶道具天目茶碗 油滴(ゆてき) 特上品京都 桶谷定一作

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 1〜2週間程お待ち頂く場合があります。 ■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ------------------------------------------------------------- ■当作品の覆輪は、筆で塗った見立ての覆輪です。 ※覆輪(ふくりん):茶碗の口縁部を覆う細い金属製の輪です。 ------------------------------------------------------------- ■茶道具 天目茶碗 油滴 (ゆてき)、 特上品 分類 茶道具 cw-tenmoku-yuteki-teiiti-o-s7----------------------------------------------【 天目茶碗 (てんもくぢゃわん) 】天目というのは、中国浙江省の天目山という知名から来たもので、天目釉と呼ばれる鉄釉をかけて、この地域で焼かれた黒っぽい焼き物をさす。主に抹茶茶碗などが多く、曜変天目(七色の光彩を放つといわれる)をはじめとして、油滴天目(水の中に浮いた油のような斑点模様がある)、禾目天目(稲の穂先にある毛のような釉の流れた縞模様)、木の葉天目(葉っぱの形が釉に浮き出ている)のほか、建盞(けんさん)、灰被り、黄天目、烏盞(うさん)、玳玻盞(たいひさん)などがある。----------------------------------------------【 油滴天目 】釉面にある班点が,水に浮く油のように見えることから付いた名前。金の油滴と銀の油滴が有り、酸化炎だと金に、還元炎だと銀になるといわれている。油滴天目茶碗は、南宋の陶工が皇帝や知識人の為に作り残したものと伝えられ...

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 天目茶碗 覆輪付(塗) 桶谷定一作

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

4,752

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 天目茶碗 覆輪付(塗) 桶谷定一作

●限定品です。 配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) 作者桶谷定一作 サイズ約直径13×高6.9cm 箱化粧箱 (塗輪0丸大・5400) 【コンビニ受取対応商品】 桶谷定一作:現在覆輪付は製造中止です。 (紙箱)サイズ:約直径12.6×高6.8cm※桶谷定一 「日本工芸会会員」 「京都美術工芸作家協会会員」 ※桶谷定一(本名:逹・とおる) ※2代定一(本名:洋) 「日本工芸会会員」 「京都美術工芸作家協会会員」 ※昭和10年生まれ ※昭和30年京都伏見高校陶磁器科卒業 ※大正末期に東山区の今熊野鉈ケ谷の現在の地に 父の定一が開窯。現在にいたる。 ※京都市東山区今熊野宝蔵在 ※現在・京都府宇治市上炭山西の谷 ◆次代:桶谷寧 静嘉堂文庫蔵によると:国宝の曜変天目茶碗(稲葉天目):今日、世界中で現存する曜変天目茶碗は三点(京都・大徳寺龍光院、大阪・藤田美術館、静嘉堂)であり、斑文の美しさはそれぞれ別趣である。天目茶碗:黒天目茶碗 天目茶碗は独特の形状をしており、 高台は小さな輪高台で、ゆるやかなカーブのお椀形で、胴から口にかけてわずかに絞り込んで反りかえる、いわゆるスッポン口が基本形です。 ・・・・・<参考資料>・・・・・ 【お茶湯(おちゃとう)】 ●仏前に供える茶 (点前の一) ・・・点前・飾付 ・・・ ・ 天板に天目台に載せた天目茶碗を飾る。 ・ 仕組んだ茶碗と棗を持出し、茶筅とおしの初めの茶筅を置くところまで進める。 (風炉の時は、茶筅と おしをし、湯を捨てるところまで行う) ・ 茶筅をそのままに仮置位置に置く。 ・ 天目茶碗を下ろし、 湯で温め、捨て、湯を注ぎ、 茶を1.5杓落とす。 ・ 定位置に出す。 ・ 床に薄板の上に花入と共に飾る。 ・...

金油滴天目茶碗 定一

Amazon

30,000

金油滴天目茶碗 定一

清水焼の天目釉を得意とされる窯元桶谷定一の油滴天目茶碗です。 金覆輪を思わせるように、金を縁に塗りましてた。 天目の中でも油滴天目は国宝にもなっており、その光彩が放つ怪しげな色合いは独特の魅力があります。 作るポイントは強還元で、ある一定の温度を長時間引っ張ることでこの紋が生まれます。 天目茶碗の魅力の1つがその独特の形状です。 高台は小さな輪高台で、ゆるやかなカーブを描いて立ち上がり、 胴から口にかけてわずかに絞り込んで反りかえる、いわゆるスッポン口が基本形です。 高火度、強還元焼成であるため、口縁から釉薬がはげ落ち、 それを嫌って覆輪(ふくりん)という金や銀の輪っかがはめられている物が多いです。 内側の油滴の様子です。 茶色味を帯びた生地に浮かぶ銀の油滴の粒が縮緬状に細かくでています。 油滴と一言に言っても呼び名がいくつも付いています。 高台の景色です。 天目茶碗の高台は極めて小さく、和物茶碗のような削り跡の揺らぎは許さず精巧を極めています。 土色から生地がとても細かく、硬質に焼きしまっているのがわかります。 油滴天目こそが人為と自然作用の織りなす陶芸の絶技であります。 ◆商品番号 27 金 油滴天目茶碗 寸法 直径13cm 高さ6.8cm 重さ270g 木箱付 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

【茶器・茶道具/抹茶茶碗】信楽

高砂 宇治園

5,400

【茶器・茶道具/抹茶茶碗】信楽

説明 抹茶茶碗 信楽 伝統や歴史のある色合いに重厚感のある茶碗です。 滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる焼物、またはその技法。 仕様 サイズ 標準 径11〜14cm前後 高さ8〜9cm前後の標準サイズの茶碗。 その他 箱なし 箱をご希望の場合別途有料にて承ります。( 紙箱で500円前後 ) 中古品のため、使用感や多少の傷等はございます。ご使用に支障のあるような状態のものはありませんのでご安心くださいませ。商品により状態が異なりますので、詳しくは画像等を参考にしてください。 補足説明 釉薬とは(ゆうやく、うわぐすり)とは、焼物の上からかけるガラス質の部分です。 釉薬で覆うことにより、水を吸収することを防いだり、焼物の強度を上げることができます。 お茶碗は一度水分を吸収すると、水分を吸った部分だけ色ムラができます。 乾くとムラは消えていきますのでご安心くださいませ。 陶器の茶碗を手にされた際は、最初一定期間お湯に浸け置きしてからご使用ください。貫入とよばれる、陶器に見られる釉薬の表面のヒビから水が入り土全体に水分を染み込ませることにより、土を詰まらせることができます。直接、抹茶を入れてしまうとカビや匂い、シミの原因になりますのでお気をつけください。 貫入とは、陶器を焼く際に、素地と釉薬では温度による収縮が異なります。そのため、表面の釉薬がヒビが生じます。 一見、欠点のように思われる貫入ですが、独特の肌合いが陶器の自然な美しさを映し出します。貫入は陶器を鑑賞する歳の重要な見所となります。 お茶碗の正面につきましては、正解はございません。どこを正面と捉えるかにより異なります。写真では明らかに正面だと思える場合以外は、作風の雰囲気で撮影する箇所を捉えています。お客様のそれぞれのご判断でお決め頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「窯変天目茶碗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ