「白磁マグカップ」 の検索結果 364件

HASAMI ブロックマググリーン1個&ブロックマグイエロー1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマググリーン1個&ブロックマグイエロー1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグイエロー1個&ブロックマググレー1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマグイエロー1個&ブロックマググレー1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグレッド1個&ブロックマグマスタード1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマグレッド1個&ブロックマグマスタード1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマググレー1個&ブロックマグマスタード1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマググレー1個&ブロックマグマスタード1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

リチャード・ジノリ フェリーチェプルーン マグカップ 4175

Amazon

3,413

リチャード・ジノリ フェリーチェプルーン マグカップ 4175

生産国 イタリア ・径 約8,5cm 高さ 約8,5cm イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト ビアマグカップ [並行輸入品]

Amazon

1,620

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト ビアマグカップ [並行輸入品]

生産国 イタリア ・直径 約8cm 高さ 約12cm 容量 約320cc イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

HASAMI ブロックマグビッググリーン1個&ブロックマグビッグマスタード1個のセット

Amazon

3,888

HASAMI ブロックマグビッググリーン1個&ブロックマグビッグマスタード1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマググリーン1個&ブロックマググレー1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマググリーン1個&ブロックマググレー1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグネイビー1個&ブロックマグブラウン1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマグネイビー1個&ブロックマグブラウン1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

リチャード・ジノリ ボンジョルノチェリー マグカップ

Amazon

3,780

リチャード・ジノリ ボンジョルノチェリー マグカップ

生産国 イタリア ・直径 8,4cm 高さ 8,7cm 容量 300cc イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

リチャード・ジノリ ジオポンティ マグカップ ブラック 27-4175

Amazon

3,780

リチャード・ジノリ ジオポンティ マグカップ ブラック 27-4175

生産国 イタリア ・直径 8,5cm 高さ 8,5cm 容量 300cc イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

HASAMI ブロックマグビッグレッド1個&ブロックマグビッグネイビー1個のセット

Amazon

3,888

HASAMI ブロックマグビッグレッド1個&ブロックマグビッグネイビー1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグネイビー1個&ブロックマググリーン1個のセット

Amazon

3,240

HASAMI ブロックマグネイビー1個&ブロックマググリーン1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグ ビッグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグビッググレー1個&ブロックマグビッグマスタード1個のセット

Amazon

3,888

HASAMI ブロックマグビッググレー1個&ブロックマグビッグマスタード1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグビッググリーン1個&ブロックマグビッグイエロー1個のセット

Amazon

3,888

HASAMI ブロックマグビッググリーン1個&ブロックマグビッグイエロー1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

HASAMI ブロックマグビッグブルー1個&ブロックマグビッグブラウン1個のセット

Amazon

3,888

HASAMI ブロックマグビッグブルー1個&ブロックマグビッグブラウン1個のセット

「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。 波佐見焼は長崎県の波佐見という小さな町で焼かれている磁器です。現在では呉須(藍色)で絵付けされた染付と透けるような白磁が主流ですが、もともとは陶器を生産していました。1600年ごろ良質の磁器の原料が発見され、徐々に染付や青磁を中心とする磁器の生産に移行していったのです。出荷経路により江戸時代には「伊万里焼」、明治以降は「有田焼」として流通されていましたが、昭和53年の伝統工芸品の指定などにより、「波佐見焼」と呼ばれるようになりました。 量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きという各作業工程別に発注する分業体制をとっています。多くの人が連携しながら作業するこのような体制のもとでは、新商品開発に多額の費用と時間がかかります。そのうえ、各作業工程間で円滑な意思の疎通を図るための苦労もあります。しかしながら、波佐見焼はそのような苦労を乗り越え各分野の技術力を高め、効率的な生産体制を育んできました。 「HASAMI」はこのような苦労を糧に分業の垣根をこえ、産地の誇りを胸に、"道具"としての陶磁器を作っています。『使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、愛される"道具"を作りたい』といつも思っています。 市販のドリップタイプのインスタントコーヒーや粉末タイプのカップスープに調度良い180ccの容量です。 ブロックマグにスタッキング出来ます。 ハンドル:下の部分を斜めにカットすることにより、持ったときの安定感を実現しました。内側は握りやすく手に馴染むように丸く加工しております。 ボディ: 内側は角がありませんので、洗いやすく汚れがつきにくくなっております。 注意事項: ...

リチャード・ジノリ ジオポンティ マグカップ レッド 27-4175

Amazon

3,780

リチャード・ジノリ ジオポンティ マグカップ レッド 27-4175

生産国 イタリア ・直径 8,5cm 高さ 8,5cm 容量 300cc イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) グランデューカ マグカップ 400ml [並行輸入品]

Amazon

8,262

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) グランデューカ マグカップ 400ml [並行輸入品]

イタリア語で“女帝"を意味するグランデューカシリーズ。 ハプスブルク家の領国と家督を相続したマリア・テレジアの為にデザインされました。 ジノリの開窯250周年に復刻されたシリーズです。 多彩で描かれる花々はどこか東洋的で、華やかさと力強さを感じさせる美しいデザインです。 ジノリならではの透き通るような白磁と、鮮やかで存在感のある大輪の花々が、 アンティコドッチアというロココ様式のシェイプによって、見事に調和されています。 別名「東洋の庭」とも呼ばれています。 リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生粋の職人気質のブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、自領であるドッチアに磁器窯を開き創業。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜し、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事により “イタリア初の白磁"を完成させる。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併、現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社とも合併、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。

白山陶器 マグ オネスト 波佐見焼 コーヒーカップ マグカップ ONEST HAKUSAN 日本製 おしゃれ 青 白

FavoriteStyle

3,024

白山陶器 マグ オネスト 波佐見焼 コーヒーカップ マグカップ ONEST HAKUSAN 日本製 おしゃれ 青 白

特長 マットな質感が落ち着いた雰囲気の「オネスト」シリーズ。忙しい日常にゆとりのひとときを演出します。 直線的でシンプルなデザインですが、やや厚めで縁が少し反っているので口あたりが良く、飲みやすくなっています。 取っ手は小さめですが持ちやすい形です。 色は紺マットと白マットの2色から選べます。紺マットは飲み物の色が見えやすいよう、内側は白磁になっています。 シンプルで飽きの来ないデザインは、引き出物やギフトにも最適です。 【白山陶器のお話】 白山陶器のものづくりの基本は、なにより使いやすく生活の中になじむということです。デザインや品質が器の機能をどう高め、使う人の愛着にどう応えてゆけるかをテーマに、人々がその器を使う生活シーンをイメージするところから器づくりが始められてます。これまでグッドデザイン賞やロングライフデザイン賞をはじめとする数多く受賞しており、デザインから成型、絵付、施釉、焼成まで全ての工程を自社内において一貫生産し、 天草陶石という良質な素材を活かし、確かな技術で器を完成させています。これからも白山陶器は、時代を超えて人々に愛される器つくりを目指しています。 【ONEST】 マット調の釉薬のシックな色合いが落ち着いたお茶の時間を演出する、スタンダードなティーアイテムです。カップ類は縁をすこし反らせることで口当たりがよく、飲みやすいデザインになっています。紺マットも飲み物の色が見えやすいよう、内側は白の透明釉で仕上げています。 仕様 サイズ:約直径10×H7cm 容量:320ml 素材:磁器 生産国:日本 attention 電子レンジ・食器洗浄機で使用可。※直火・オーブンには対応していません。 模様や釉薬には、にじみ、ムラ、濃淡などが見られることがあります。 ご覧いただく環境によって色の見え方などが実物と異なる場合がござ...

送料無料
リチャードジノリ ボンジュルノチェリー マグカップ riginori-08

Amazon

10,584

リチャードジノリ ボンジュルノチェリー マグカップ riginori-08

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)カテーネ マグカップ (スカーレット) [並行輸入品]

Amazon

6,318

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)カテーネ マグカップ (スカーレット) [並行輸入品]

シンプルで直線的なシェイプに洗練された美意識を表現した、“カテーネ"シリーズ。 イタリアンモダンの先駆者である巨匠 ジオ・ポンティによって1926年にデザインされた図案から着想を得たシリーズで、鎖・絆という意味を持ちます。 縁どりや、レリーフのアクセントにはプラチナ彩があしらわれ、都会的で上品な雰囲気を醸し出しています。 直線的でシンプルなフォルムの中に生かされた曲線美が際立つこちらのシェイプは、インぺロシェイプと呼ばれています。 1780年ごろの美の潮流、古代ローマ時代を理想とする新古典主義の様式を表現しており、取っ手の付け根にはリチャードジノリの特徴でもある、繊細なレリーフが施されています。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜し、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事により “イタリア初の白磁"を完成させます。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併、現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社とも合併、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) イタリアンポア 野いちご マグカップ [並行輸入品]

Amazon

5,508

リチャード・ジノリ (Richard Ginori) イタリアンポア 野いちご マグカップ [並行輸入品]

優雅なアンティコシェイプに野イチゴとテントウムシが描かれた、かわいらしいシリーズ。 黒いドットと縁取りがおちついた印象に引き締め、大人可愛いアイテムに仕上げられました。 ポアはイタリア語で水玉の意味。 野イチゴが実り、テントウムシが暮らすような、創始者カルロ・ジノリの愛した優しく穏やかなトスカーナの庭。そこににジノリのデザインアーカイヴからインクの雨が降ってきて、可愛らしいデザインが出来上がった―― そんなイメージでデザインされたキュートなシリーズです。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜し、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事により “イタリア初の白磁"を完成させる。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併、現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社とも合併、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。

優れものキッチン雑貨の白磁マグカップ、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な白磁マグカップが見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

激安格安お得な価格情報

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「白磁マグカップ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ