「白磁マグカップ」 の検索結果 320件

送料無料
リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

Amazon

21,168

リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

送料無料
白磁瓔珞夫婦湯飲み         芳山

Amazon

12,600

白磁瓔珞夫婦湯飲み 芳山

清水焼の加藤芳山の白磁瓔珞 夫婦湯飲みです。 大一つ、小一つ、ペアのお値段です。 清水焼の通称、いしもん、と呼ばれる磁器の白さを活かした湯飲み。 絵付けは内側の渕下に瓔珞のふさが垂れ下がるのみです。 瓔珞(ようらく)というのはもとはインドの貴族の装身具として用いられていたものが、 仏教に取り入れられたもので、仏像の首飾り、胸飾りに見られる美しい珠玉を糸でつないだもの。 これらを図案化した瓔珞文は、中国の青華でとりわけ好んで描かれ、 日本でも割合、高級な染付に、最高の吉祥文の一つとして使われています。 外側は横に筋が幾重にも彫られています。 よく見るとどこまでも途切れることのない螺旋状の一本の線です。 中国の故事によると、神霊はユラユラ揺れるところに宿るとされる。 この珠玉を繋いだふさが器を神秘的な物に近づけています。 外側の白磁の素地は純白で清い光りを放つ。 清水焼の魅力を存分にたたえる作品に仕上がっています。 ◆商品番号 2382 白磁瓔珞 夫婦湯飲み 【送料無料】 大一つ、小一つ、ペアのお値段です。 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 寸法 直径7cm 高さ8.5cm 重さ140g 直径7cm 高さ8.2cm 重さ120g 木箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

波佐見焼 MODE012 いち マグカップ 325ml 磁器 はさみ焼 コップ ジュース ホット コーヒー 電子レンジ使用可 日本製

産地直送の波佐見焼 みくら

1,944

波佐見焼 MODE012 いち マグカップ 325ml 磁器 はさみ焼 コップ ジュース ホット コーヒー 電子レンジ使用可 日本製

商品詳細 サイズ(cm) 11.5×8.5×高さ9 素材 磁器 容量(ml)※満水の状態 325 重量(g) 230 生産地 波佐見 使用 レンジ使用◎/オーブン×/食器洗浄機使用◎ 備考 ※重さは一つ一つ個体差があるため、目安としてご参考にご覧ください。※一つ一つ手作業で行っているため、色ムラ・形が微妙に異なる場合がございます。 ※ご覧のモニターによって、若干色が異なる場合がございます。※色付きダンボール箱入りです。— MODE012 いち マグカップ 325ml — 「ぜろ」は丸いカタチを繰り返してできる文様、「いち」は一本の線を繰り返す文様、「に」は2つの線を組むことでできる文様です。深い鮮やかな藍色の色彩が、料理を美しく華やかにしてくれます。筆のかさなりは絵の具が濃くなったり、焼成で茶褐色に変色したりと個体差を楽しめます。電子レンジで使用できるマグカップはオールシーズン重宝します。ぜろ0、いち1、に2の3柄展開です。 白磁トビカンナ ¥ 1,800 (税抜) ¥ 1,800 (税抜)¥ 1,800 (税抜) いち ¥1,800 (税抜) ¥2,000 (税抜) ¥1,200 (税抜)¥1,300 (税抜) ¥1,300 (税抜) ¥1,700 (税抜) ¥1,300 (税抜)¥2,500 (税抜) ¥3,500 (税抜) ¥1,700 (税抜)

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)カテーネ マグカップ (ネーロ) [並行輸入品]

Amazon

6,318

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)カテーネ マグカップ (ネーロ) [並行輸入品]

シンプルで直線的なシェイプに洗練された美意識を表現した、“カテーネ"シリーズ。 イタリアンモダンの先駆者である巨匠 ジオ・ポンティによって1926年にデザインされた図案から着想を得たシリーズで、鎖・絆という意味を持ちます。 縁どりや、レリーフのアクセントにはプラチナ彩があしらわれ、都会的で上品な雰囲気を醸し出しています。 直線的でシンプルなフォルムの中に生かされた曲線美が際立つこちらのシェイプは、インぺロシェイプと呼ばれています。 1780年ごろの美の潮流、古代ローマ時代を理想とする新古典主義の様式を表現しており、取っ手の付け根にはリチャードジノリの特徴でもある、繊細なレリーフが施されています。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜し、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事により “イタリア初の白磁"を完成させます。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併、現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社とも合併、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。

送料無料
リチャードジノリ ボンジュルノチェリー マグカップ riginori-08

Amazon

10,584

リチャードジノリ ボンジュルノチェリー マグカップ riginori-08

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

優れものキッチン雑貨の白磁マグカップ、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な白磁マグカップが見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「白磁マグカップ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ