「瀬戸食器」 の検索結果 20,400件

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ マルチカップ

ベルメゾンネット

2,160

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ マルチカップ

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このマルチカップは、練りこみのおもしろさがわかる器です。この特殊な製造工程だから、内側まで柄が入ってとってもかわいい。何を入れても映えるんです。通常の湯呑みとして。同シリーズのラウンドプレートとあわせて、ティータイムに。アイスなどをいれても可愛らしい!お好みの柄を、ぜひ選んでください。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。瀬戸焼 練りこみ ラウンドプレートはコチラ≫≫

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ ラウンドプレート

ベルメゾンネット

1,944

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ ラウンドプレート

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このラウンドプレートは、取り皿として、ケーキ皿として。なんでも便利に使えるサイズです。同じシリーズのマルチカップと組み合わせると、茶器セットにも。もてなしの器としてもおすすめです。好みで選べる柄をラインナップ。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。瀬戸焼 練りこみ マルチカップはコチラ≫≫

越前焼/窯元めぐり「越前おろしそば鉢」 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

10,800

越前焼/窯元めぐり「越前おろしそば鉢」 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

味わい深い三種三窯のそば鉢越前焼は、瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前と並び、日本の「六古窯」に数えられ、素朴で力強い味わいが魅力です。作風は自由闊達で、窯元によってさまざまな個性を生み出しています。「越前焼/窯元めぐり『越前おろしそば鉢』」は、福井県の名産「越前おろしそば」用の鉢で、越前そばにおろしをかけたものを盛るため、深さや形状に特徴があります。手がけたのは越前焼を代表する、〈国成窯〉〈豊彩窯〉〈宗山窯〉の三窯。まずは、土味を活かし、灰釉を基調とした手作りのよさの中に使いやすさも重視した作品で知られる〈国成窯〉の刷毛目黒そば鉢。製作したのは前田義郎さん。マット系の黒い釉薬の上にサッと一筆。勢いのある図柄に味わいがあり、黒い色が新蕎麦を一段と引き立ててくれます。「新緑や枯葉など、季節感を持った自然の色合いを再現することに力を注いでいます」という〈豊彩窯〉の吉田豊一さんが製作したのは三角紋そば鉢。越前そばをイメージした石灰釉に、藁で三角紋を描いたデザインです。そして、いかにも越前焼らしいザラッとした手触りの伊羅保そば鉢は、〈宗山窯〉の宗倉克幸さんが製作しました。越前焼伝統の釉薬のひとつである伊羅保釉を使用した、越前焼を代表する色合いが趣深い仕上がりの器。どれも越前焼の懐の深さが感じられる名品揃いです。

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ 角長皿

ベルメゾンネット

2,700

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ 角長皿

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。この角長皿は、ぜひ一枚は持っておいてほしい、使えるお皿。魚を入れるお皿としても使えます。オードブルを何種か盛ったりするとふだんの料理がとたんにランクアップ。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ スクエア鉢

ベルメゾンネット

5,400

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ スクエア鉢

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このスクエア鉢は、立ち上がりがあるので汁気のあるものも盛ることができます。煮物などの和食のほか、ローストビーフなどを持ってもとっても素敵。おもてなしに使いたくなる、料理が映える器です。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ オーバル皿

ベルメゾンネット

3,780

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ オーバル皿

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このオーバル皿は、深さあるので汁気のあるものも盛ることができます。煮物などのほか、カレーやパスタにも使える便利なサイズ。おもてなしに使いたくなる、料理が映える器です。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

くっつきねこ カレー皿

せと焼窯元やまなか

1,296

くっつきねこ カレー皿

思わずニコっとしちゃうくっつきねこシリーズ いつものお食事が楽しくなりますよね♪ みんなでおそろいにしてみませんか! かわいい陶器のねこがのぞく様にくっついている カレー皿です。 楕円の形をしたお皿です。 深さも丁度良いし カレー、オムライス、パスタ、色々使えますよ 。 和食器 カレー皿(瀬戸焼) 化粧がけ 陶器の職人がその昔、 地方で鉄などを含んだ不純の土しか出ないとき、 苦心の結果、わずかに出る白い土を粉砕して 泥状にし、成形した半乾の素地に刷毛などで 塗って表面を白く仕上げました。 素焼き後、彩画などして 施釉焼成したことが始まりといわれています。 せと焼窯元やまなかでは赤土素地の上に 泥土(白い土)を塗って施釉して焼いております。 そんな本格的でちょっとかわいらしい。 「くっつきねこ」シリーズ♪ 『この子 食が細いかも・・・』 とお悩みのお母様にも 『食事をもっと楽しくしたい!』 というあなたにもオススメです!!!仲良しねこちゃんいつも一緒だよ 器にねこちゃんがドッキング!! こっちはうさぎさん!! 商品サイズ 縦16.5cm 横26.5cm 高さ4.0cm 電子レンジ使用OK ※手作業ですので色合いは写真と 少々異なる場合があります。 ■ 合計金額5000円(税別)以上もしくは送料無料商品をご注文していただくと ■ 送料無料 とさせていただきます。

常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】

THE COVER NIPPON

5,616

常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】

ギフトラッピングについて 【楽ギフ_包装】 【楽ギフ_のし】 【楽ギフ_のし宛書】常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】 陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。中でも焼き締めの土で作った急須は、お茶に含まれる余分な苦味・渋みを和らげてくれます。さらに、陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味が出てきます。 茶っ切急須の最大の特徴は、急須口の先端を三角に仕上げていること。三角に作り上げることでお茶の出方が良く、尻漏れ知らずでお茶切れが最高です。また、セラメッシュと呼ばれる精巧な穴がたくさん空いている茶漉しで、深蒸し茶のような目の細かいお茶も目詰まりしません。 常滑焼の急須は持ちやすく、注ぎ具合が違います。ベテラン卸問屋番頭たちが選んだ、職人の伝統とこだわりの詰まった特別な急須です。 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし...

【和食器】美濃焼 白瓷 緑斑 ビアマグ [白瓷フリーカップ] ビール 焼酎 水割り 磁器 快山窯 父の日プレゼント

美術工芸備前

4,536

【和食器】美濃焼 白瓷 緑斑 ビアマグ [白瓷フリーカップ] ビール 焼酎 水割り 磁器 快山窯 父の日プレゼント

商品詳細商品説明白瓷フリーカップ/ビアマグ ビール、焼酎割、水割りなど・・様々な用途に。 サイズ*サイズ:径8.5cm 高さ10cm 280cc [紙箱]窯元/作家*快山窯 快山窯は江戸中期に築窯 江戸〜平成といつの時代にも使いやすく、 美しく気品があり、心の和む作品を作って来ました。 先代、塚本快示氏は中国陶磁器の最高峰と言われる 青白磁、白瓷の研究、再現に生涯を捧げ 昭和58年に青白磁、白瓷での 重要無形文化財(人間国宝)に認定されました。 現在は、塚本 満(日本工芸会正会員)氏が、 その遺志を受け継ぎ東洋の心、日本の心、 美濃の心を少しでも器に映すべく、 気品のある、格調高い器を制作いたしております。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日〜30日 美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。快山窯は江戸中期に築窯 江戸〜平成といつの時代にも使いやすく、 美しく気品があり、心の和む作品を作って来ました。 先代、塚本快示氏は中国陶磁器の最高峰と言われる 青白磁、白瓷の研究、再現に生涯を捧げ 昭和58年に青白磁、白瓷での 重要無形文化財(人間国宝)に認定されました。 現在は、塚本 満(日本工芸会正会員)氏が、 その遺志を受け継ぎ東洋の心、日本の心、 美濃の心を少しでも器に映すべく、 気品のある、格調高い器を制作いたしております。 kaizan40 白瓷フリーカップ \4,536(税込) [快山窯] ビール、水割り、焼酎割など様々な用途で。 快山窯の白瓷は定評あります 緑斑がアクセントになっています...

和食器 織部花唐草石目小判皿<大>【瀬戸焼/食器/訳あり/アウトレット込み/多用皿/楕円皿/変形皿/パスタ皿/カフェ風/cafe風】

白い食器のお店M’home style

1,933

和食器 織部花唐草石目小判皿<大>【瀬戸焼/食器/訳あり/アウトレット込み/多用皿/楕円皿/変形皿/パスタ皿/カフェ風/cafe風】

商品詳細 【サイズ】19.3cm×26.5cm×高さ3.4cm 重さ678g 【材質】陶器 ※日本製(瀬戸焼) ※電子レンジ:可 食器洗浄機:可 ※ご確認下さい※ ●こちらは 【アウトレット込み商品】 です。 ※ご購入の際には必ずこちらのご利用ガイドをご確認下さい。 ●陶器(土物)および貫入商品のご使用上の注意● 陶器(土物)や貫入の食器には吸水性があります。 ※ご使用の前に水に漬けますと茶渋やよごれがつきにくくなります。 ご使用後はなるべく早く汚れを落とし、良く乾燥させて収納して下さい。 (シミや臭いの原因になります) ※ご使用後に洗浄した際、水分を含んで色が変わる場合がございます。 こちらも土物の特性によるものとしてご理解下さいますようお願いします。 ※モニターによって色あいが異なって見える事があります。 ※商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。織部のシリーズに新商品が登場! 深みのある織部釉が、食卓を新しい色で彩ります。 角度を変えると虹色に映る、美しいツヤも魅力の一つです。 日常の様々なシーンで使える織部の器。ぜひご家庭で使ってみませんか。とっつきにくい、なんてことはありません。普段使いから御もてなしまで、気兼ねなく使えて、お料理の見栄えがグッとよくなる器たちです。 + + + こちらは織部の小判皿。 手作り風のかたち、釉流れによって生まれる織部釉の濃淡、石や岩を思わせる凹凸(おうとつ)のある表面・・・ 和食器ならではの魅力がたっぷりの器です。 ※染み込みについて 陶器には吸水性があるため、器をご使用になると必ず染み込みがあります。 使い込むことで変わる風合いも土物の味ですので、その点も含めてお楽しみください。 【過度な染み込み・におい移りを防ぐために】 ●ご使用の前に水に漬けますと...

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

THE COVER NIPPON

5,400

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須 使いやすさ抜群! お茶の時間が楽しくなる朱泥の急須 最大の特徴は、急須口の先端を三角形に作り上げたことでお茶の出方の良い、尻もれしない急須になりました。陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。 内側の網は陶器製のセラメッシュであるため、金属の茶こしでは表現できないお茶の持つ本来の旨みや味わいを最大限に楽しむことができます。 釉薬をかけずに固く焼き締めたオレンジ色の朱泥(しゅでい)の急須は、常滑焼を代表する一品です。 陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味も出てきます。 使い続けることにより、その人とともに生きていく急須をぜひお手元にいかがでしょうか? 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし(セラメッシュ・陶製茶こしなど)や、お茶切れの良い注ぎ口、蓋と本体の摺り合わせの密着性の高さ...

茶サビ 小皿 [ 和食器 アウトレット 訳あり特価品 ]

食器問屋K’s-gallery

130

茶サビ 小皿 [ 和食器 アウトレット 訳あり特価品 ]

呉須で描かれた松竹梅が素敵な高級感ある小皿です。 外周には茶サビ巻きが施されています。 お団子や羊かんなどの和菓子に最適です。 ※小さな鉄粉(黒い点)やピンホール(小さな窪み)などのある場合もございます。 サイズ 直径12.7cm×高さ2.5cm、重量150g 生産地 日本製・瀬戸焼 形状 小皿・取り皿 材質 磁器 風合 和食器 ※レンジ・オーブン・食器洗浄機対応のマークの説明はこちら ・PL法表記(陶器の使用について) ・各種お支払い方法 ・ラッピングについて ※納期お急ぎのお客様はお問い合わせ下さい。※サイズ・重量・容量は個体差がございますのでご了承願います。 関連商品 ⇒茶サビシリーズはこちらから ⇒アウトレット「皿」はこちらから ⇒アウトレット会場はこちらから長く商売を続けますとどうしても出てくる在庫品。商品は手が込んでて良い品なのに、売り先を失ってしまったものや現在では考えられない技法で作られている商品などなど、とても捨てられません。少しでもお客様のお役に立てればと赤字覚悟でご提供いたします。 鉄粉(1mmほどの黒い点)やピンホール(小さな窪み)、小さな傷等のある商品もございますが、通常使用する分には問題のない商品です。数量限定ですので継続購入のお客様はご注意下さい。 −茶サビシリーズ−

優れものキッチン雑貨の瀬戸食器、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な瀬戸食器が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「瀬戸食器」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ