「瀬戸焼」 の検索結果 1,674件

【瀬戸織部】窓ツル汲み出し(湯飲み/湯のみ)※瀬戸赤津焼

せともの市場

1,296

【瀬戸織部】窓ツル汲み出し(湯飲み/湯のみ)※瀬戸赤津焼

和食器といわれ最初思いつくのが黄瀬戸や織部。特に織部は深い味わいと安土桃山時代から続く格調高い器。料理を花にたとえるなら器は葉。かの古田氏も器を葉っぱにみたてグリーンとしたのでは...伝統ある【瀬戸織部】 千利休(せんのりきゅう)の弟子で桃山文化を彩った茶人「古田織部」(ふるたおりべ)の好みによって生まれた非常にユニーク&ダイナミックなやきもの「織部」。茶の湯の器であった織部焼は、江戸時代後期に瀬戸で初めて日常の器として生産されるようになり今では幅広く食卓用の器として浸透してきました。 定番の黄瀬戸&織部組を現代風にアレンジ こちら、昔ながらの黄瀬戸と織部を組み合わせたものを現代風にアレンジ!吸い込まれるような織部のグリーンが心落ち着かせてくれるはず.... 素朴な湯呑はお茶がきれいに見える 一見、素朴に見える【織部】。永く受け継がれてきたデザインは使う人の心を落ち着かせてくれます。職人さんが使う人のことを思い、にぎりやすく丹精込めて作っています。(手造り)ちなみに商品名の『窓ツル』とは、窓(丸型)のとなりから蔓(ツル)が生えている様を表しています。 【size】 直径7.5cm×高さ6.5cm 【重さ】 122g 【容量】 約170cc(すり切り一杯で...)

黄瀬戸椿紋茶碗

美濃のちゃわん屋さん 古林恩羅院

10,800

黄瀬戸椿紋茶碗

お抹茶って結構敷居が高いですよね。茶道なんてやったことないし…と敬遠しがちですがうちは家庭でお抹茶の粉を買ってきて作法も無く気軽にお抹茶を立てて飲んでいます。抹茶碗が口に当たるその感触がなんとも言えず、お茶を数倍美味しくしてくれます。皆さんも気軽にお抹茶を楽しんでみては?サイズ: 品:茶碗x1 直径13x8cm箱:15.3×15.3×12cm木箱重さ 620g生産:美濃焼陶器※お読みください※陶器は製造する温度、湿度、釉薬の塗り具合など様々な条件により色や形が変化します。そのため表示されている画像とは実物が多少異なる場合がございます。また、こちらの商品は協同組合取り寄せ品となります。そのため受注確認後に完売や入荷遅延などの情報が判明することがございます。通常1〜2日で入荷いたしますが、在庫切れの場合納期に時間がかかる場合がございます。その場合お客さまには欠品を除いての発送か、代品のご検討をメールでご連絡しお願いさせていただきますが、変更後の合計金額が割引金額のラインを下回る場合は下回った金額が適用されることになります。上記ご理解・ご了承の上お買い求めくださいますようよろしくお願い申し上げます。 のし・ラッピング無料商品です。ラッピングはこちらからご注文いただけます。

越前焼/窯元めぐり「越前おろしそば鉢」 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

10,800

越前焼/窯元めぐり「越前おろしそば鉢」 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

味わい深い三種三窯のそば鉢越前焼は、瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前と並び、日本の「六古窯」に数えられ、素朴で力強い味わいが魅力です。作風は自由闊達で、窯元によってさまざまな個性を生み出しています。「越前焼/窯元めぐり『越前おろしそば鉢』」は、福井県の名産「越前おろしそば」用の鉢で、越前そばにおろしをかけたものを盛るため、深さや形状に特徴があります。手がけたのは越前焼を代表する、〈国成窯〉〈豊彩窯〉〈宗山窯〉の三窯。まずは、土味を活かし、灰釉を基調とした手作りのよさの中に使いやすさも重視した作品で知られる〈国成窯〉の刷毛目黒そば鉢。製作したのは前田義郎さん。マット系の黒い釉薬の上にサッと一筆。勢いのある図柄に味わいがあり、黒い色が新蕎麦を一段と引き立ててくれます。「新緑や枯葉など、季節感を持った自然の色合いを再現することに力を注いでいます」という〈豊彩窯〉の吉田豊一さんが製作したのは三角紋そば鉢。越前そばをイメージした石灰釉に、藁で三角紋を描いたデザインです。そして、いかにも越前焼らしいザラッとした手触りの伊羅保そば鉢は、〈宗山窯〉の宗倉克幸さんが製作しました。越前焼伝統の釉薬のひとつである伊羅保釉を使用した、越前焼を代表する色合いが趣深い仕上がりの器。どれも越前焼の懐の深さが感じられる名品揃いです。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「瀬戸焼」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ