「漆」 の検索結果 6,451件

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)・クリスタルガラス1個[天野漆器]

ディノス

7,560

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)・クリスタルガラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。細身でシャープなデザインのクルスタル杯。日本酒を注ぐと、螺鈿細工がより輝くとともに、立体的に浮かび上がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

DEN 漆と螺鈿 とっくり[富山県高岡 天野漆器/デザイナー梅野聡]

全3商品

12,960

DEN 漆と螺鈿 とっくり[富山県高岡 天野漆器/デザイナー梅野聡]

デザインディレクターに梅野聡氏を迎え、高岡漆器のこだわりをつめこんだ、デザイン性・機能性に優れた商品 【ブランドコンセプト】日本の伝統を伝える「DEN」シリーズ。古来から親しまれながら、後継者不足により希少な存在になりつつある日本の伝統工芸品を絶やさぬよう、富山県高岡から、長く親しまれる、新感覚の漆器を発信します。⇒天野漆器特集⇒ガラス製品特集 ##>【デザイナープロフィール】デザイナー 梅野 聡( ##>UMENODESIGN##>)都市開発事業に従事した後、家具メーカー勤務。2003年にUMENODESIGN設立。プロダクトデザインを中心に、様々な商品のプロデュースやブランディングを手がけ、インテリアからファッション、ウェブ、グラフィック、パッケージなど多岐にわたる分野で活躍。東京を拠点に、国内はもちろん、ヨーロッパを中心に世界中で作品を発表しつづけている。【商品説明】ガラスの透明感と漆の温もり、螺鈿(あわび貝)の神秘的な輝きが重なり合った逸品。ガラスの質感と漆の質感の両方を感じていただけるよう、デザインしました。SAKE CUPとセットで楽しんでいただる商品です。【素材の特性】ガラスに螺鈿・漆を施した、他ではできない逸品。螺鈿とは、あわび貝等、虹のような輝きをもった貝を0.1mm以下の薄さにし、刀・針等を用いて細片をつくり、これを組み合わせていろんな表現を行う高岡漆器の代表的な技法です。

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)1個[天野漆器]

ディノス

5,400

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。持ちやすく、シンプルな形状の杯。日本酒を通した螺鈿の輝きとともに、横からも螺鈿を楽しむことができます。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

DEN 漆と螺鈿 ぐいのみグラス[富山県高岡 天野漆器/デザイナー梅野聡]

ディノス

10,800

DEN 漆と螺鈿 ぐいのみグラス[富山県高岡 天野漆器/デザイナー梅野聡]

デザインディレクターに梅野聡氏を迎え、高岡漆器のこだわりをつめこんだ、デザイン性・機能性に優れた商品 【ブランドコンセプト】日本の伝統を伝える「DEN」シリーズ。古来から親しまれながら、後継者不足により希少な存在になりつつある日本の伝統工芸品を絶やさぬよう、富山県高岡から、長く親しまれる、新感覚の漆器を発信します。⇒天野漆器特集⇒ガラス製品特集 ##>【デザイナープロフィール】デザイナー 梅野 聡( ##>UMENODESIGN##>)都市開発事業に従事した後、家具メーカー勤務。2003年にUMENODESIGN設立。プロダクトデザインを中心に、様々な商品のプロデュースやブランディングを手がけ、インテリアからファッション、ウェブ、グラフィック、パッケージなど多岐にわたる分野で活躍。東京を拠点に、国内はもちろん、ヨーロッパを中心に世界中で作品を発表しつづけている。【商品説明】ガラスの透明感と漆の温もり、螺鈿(あわび貝)の神秘的な輝きが重なり合った逸品。ガラスの質感と漆の質感の両方を感じていただけるよう、デザインしました。杯の底面に螺鈿が施してあり、飲物を入れると、より一層輝きが増します。漆が塗ってある箇所を持つことにより、冷たい飲物を入れても、冷たさが緩和されます。【素材の特性】ガラスに螺鈿・漆を施した、他ではできない逸品。螺鈿とは、あわび貝等、虹のような輝きをもった貝を0.1mm以下の薄さにし、刀・針等を用いて細片をつくり、これを組み合わせていろんな表現を行う高岡漆器の代表的な技法です。

漆と螺鈿ガラス 盃(さかずき)1個[天野漆器]

ディノス

7,560

漆と螺鈿ガラス 盃(さかずき)1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。祝いの席に適した形状の盃。日本酒を注ぐと、神秘的な螺鈿の輝きが広がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

漆と螺鈿ガラス 金杯万華鏡1個[天野漆器]

ディノス

8,640

漆と螺鈿ガラス 金杯万華鏡1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見える事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。上質感あふれる十二角の金付杯。日本酒を注ぐと周りのガラスに反射し、万華鏡のように輝きが広がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

漆と螺鈿ガラス モダンロックグラス1個[天野漆器]

ディノス

16,200

漆と螺鈿ガラス モダンロックグラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。少し大きめのロックグラス。ウイスキーや焼酎等、様々なお酒を楽しむための上質なグラスです。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

輪島塗の3段お重 重箱 溜

ディノス

118,800

輪島塗の3段お重 重箱 溜

美しく深みのある溜塗りのシンプルで使いやすいお重。お正月だけでなく毎日のおもてなしにもご愛用いただけます。 使いやすいサイズと品質にこだわった商品です。お子さんの巣立ったご夫婦や、小家族にもぴったりなコンパクトなサイズが特徴です。長方形なので食材を並べやすく、少量のおせち料理でもバランスよく盛れる便利な形と高さ(内寸)にこだわりました。朱漆を塗ったあとに透明な漆(透き漆)を塗って仕上げた輪島の溜塗りのお重です。輪島塗とは漆器が英語で「ジャパン」と呼ばれているのをご存じですか。世界中でジャパンの名前で愛されている漆器の中でも、輪島塗は日本を代表する伝統工芸品として広く知られています。輪島塗は、輪島特産の地【じ】の粉【こ】を用い、漆塗りだけでもその工程は三十以上に及び4ヶ月〜5ヶ月程の日程が掛かります。この丁寧な作業によって、堅牢で漆ならではの光沢をもつ美しい漆器が完成するのです。溜め塗とは溜塗は、黒塗、朱塗と同じように、仕上げの塗り方の一種です。下地(したじ)の段階で赤い色を着色し、仕上げに半透明な漆を塗り下の赤が上の漆を通して見える塗り方です。今回ご紹介するお重の色は、あずき色のような、上品な赤茶色です。溜塗の魅力は、赤と透明の2層の重なりが奥行きのある色を作り出すところです。使ううちに透き漆の透け感が進み、下層の色が明るく見え始め、数年後には、よく奥深い味わいのある色合いに育っていきます。お正月以外にも是非使っていただきたいです写真のように洋のお料理を入れても素敵です。お正月だけでなく普段のおもてなしの器として、2つ目のお重としても重宝します。漆器は長く愛用いただけます輪島塗の特色は他の産地に見られない堅牢な下地にあります。それは木地の上に地の粉と呼ばれる珪藻土の焼成粉末を漆に混ぜて塗る本堅地の技法です...

若狭箸 漆花かんざし【国産商品】漆/箸 お祝 還暦祝い

箸屋 さいこ

1,404

若狭箸 漆花かんざし【国産商品】漆/箸 お祝 還暦祝い

仕様  素材  天然木  塗装 漆  長さ(センチ) 大23.0 中21.0  重さ(約)(g) 17  持ち代径(約)(ミリ)  9  生産地  福井県小浜市 商品説明  店長よりの一言落ち着いた文様 にぎり易くつかい勝手のよい箸です。  配送方法 説明    ゆうパケットとは日本郵便のお荷物追跡サービスが付いたメール便です。 日本郵便ゆうパケットで送料160円!! お買い上げ金額1500円(税抜) 以上ゆうパッケトで送料無料。 ゆうパケットはお客様の郵便受けに直接投函となりますので配達時間指定はできません。 配達所要日数 翌日〜翌々日 遠方除く 代金引換は宅配便扱いとなります。   宅配便(ゆうパック)ご希望の方は別途送料が必要となります。 後ほど送料を訂正したご注文確認メールをお送りいたします。 お買い上げ金額6.000円(税抜)以上で送料無料となります。   宅配便の送料はこちら   ギフト用箱はこちらです。  (箸はイメージです)           黒紙箱 二膳入り 黒紙箱 一膳入り  無地桐箱 二膳入り 上桐箱 二膳入り  上白紙箱 二膳入り \200   \180  \500  \700 \400   若狭箸 漆花かんざし   落ち着いた文様 にぎり易くつかい勝手のよい箸です。   素材天然木 天然漆 大23.0センチ 中21.0センチ

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「漆」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ