「湯呑み」 の検索結果 2,536件

arenot/アーノット 小鹿田焼 飛び鉋 湯呑み

ディノス

2,376

arenot/アーノット 小鹿田焼 飛び鉋 湯呑み

素朴な小鹿田焼(おんたやき)をインテリアブランドのarenot流にモダンにアレンジ。温かみのある器は、和食との相性も良く、日々の暮らしに自然に溶けこむことでしょう。寒い冬はお茶でホッと一息。 小鹿田焼を代表する幾何学的な模様の飛び鉋。今から約300年前、福岡県朝倉郡小石原村にある小石原焼から分窯し、開窯したと伝えられる小鹿田焼(おんたやき)。江戸中期の開窯以来、小鹿田焼は一子相伝で10軒の窯のみが綿々とその伝統と技術を受け継いで来た伝統工芸の焼き物です。民芸運動の指導者・柳宗悦氏の来山によって作調が賞楊され、その後バーナード・リーチも小鹿田焼に魅せられて、産地・日田に滞在し作陶芸したと言われています。「世界一流の民窯」と謳われた小鹿田焼開窯から300年、窯の火を絶やすことなく守り続け、現在では国の重要無形文化財に指定されています。素朴で温かみのある器は、どんな食器にもマッチし、暮らしのそばに寄り添います。小鹿田焼を代表する幾何学的な模様の飛び鉋を、三つのシリーズに落とし込みました。全体に飛び鉋模様を施したスタンダードなタイプと、鉋模様の感覚が広く取られたシンプルな内白抜き。縁を黒く塗って少しモダンな雰囲気に仕上た黒縁シリーズです。一つひとつ模様や大きさ、色、形が異なります。また、色むらや焦げ、釉薬のはがれなどのある場合がございます。独特の味と手作りの風合いをお楽しみいただく商品ですので、ご了承の上お買い求め下さい。◆arenot/アーノットのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆arenot/アーノットの特集記事はこちら。##>

美濃焼 玉山窯 あやめ夫婦湯呑み

ベルセーブ

5,616

美濃焼 玉山窯 あやめ夫婦湯呑み

シリーズ夫婦サイズ(小)約φ65×H90mm(満水250cc)※サイズは目安です。手作り品につきサイズにばらつきがあります。予めご了承ください。サイズ(大)約φ70×H95mm(満水300cc)※サイズは目安です。手作り品につきサイズにばらつきがあります。予めご了承ください。材 質陶器(美濃焼/岐阜県多治見市)セット内容湯呑み茶碗 × 2原産国日本製(Made in Japan)製造元玉山窯(陶芸家 玉置保夫さんの窯元)商品説明湯呑みの高台が八角形になっていて、安定のあるデザインになっています。結婚のお祝いや引き出物にオススメです。※一つ一つ手作りのため、サイズ、色、絵柄などが異なる場合があります。予めご了承のうえ、ご購入下さいませ。※洗う際は、磁器などの硬いものと一緒に洗わないで下さい。欠けてしまうおそれがあります。 [同柄の夫婦ご飯茶碗] [湯呑み TOP] [玉山窯 TOP]美濃焼の陶芸家「玉置保夫」氏が主宰している現代和食器の窯元です。織部、志野など多彩な食器があります。 手作り品ですので、写真と若干サイズ、絵柄が異なる場合があります。ご了承下さい。洗う際は、磁器などの硬いものと一緒に洗わないで下さい。欠けてしまうおそれがあります。

焼締トンボ湯呑み 大

Amazon

2,800

焼締トンボ湯呑み 大

京都の京焼清水焼の窯元、高田雅楽作、焼締トンボ湯飲み 大のサイズです。 茶褐色の器の表面に軽快なトンボが飛ぶ姿。 虫のとんぼは勝虫と書いて縁起が良いのです。 古事記にも天皇が蜂に刺されそうなところを飛んできてやっつけたとか、 前田藩の兜にも使われています。 トンボの語源の由来は諸説ありますが 一説には飛ぶ棒がなまってトンボになったとも言われています。 トンボは真っ直ぐに自由自在に飛ぶことから 「極楽とんぼ」、「お気楽トンボ」と前向きな形容詞を良く付けられています。 古事記で最初に登場する昆虫「とんぼ」は 日本人の生活とともに歩んできた生き物で、益虫なんです。 素焼きの肌は 南蛮焼締といってむかしから京都の焼き物にある種類です。 外側はざらついた焼締ですが、内側はねずみ色の釉薬がかかっています。 飲み口は反らし加減。高台の面取りも綺麗です。 清水焼ですとひとつずつロクロで成形しています。 京都らしい薄手の湯飲みに軽快なトンボ模様の絵。 渋さの中に華やかさが感じられる雅な湯飲みです。 ◆商品番号 2780 焼締トンボ湯呑み 大 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ■寸法 大 直径6.7cm 高さ8.3cm 重さ140g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

志野印花夫婦湯呑み 喜信

Amazon

5,400

志野印花夫婦湯呑み 喜信

清水焼窯元、河島喜信窯 志野印花夫婦湯呑みです。 大一つ、小一つ、ペアのお値段です。 白地に印華紋を押し、まったりとした志野釉で愛らしく仕上げました。 金彩のストライプが豪華です。 くるりくるりと花模様が埋め込まれた印花の技法は茶の湯の頃、朝鮮半島から伝わりました。 お茶の冷めにくい手作り感のあるごつごつした表情。 長石釉のむらむらも味わい深い、おおらかな湯飲みです。 内側には白刷毛目。清水焼には珍しい重量感があります。 渋さの中に華やかさが感じられる湯飲みです。 ◆商品番号 7462 志野印花夫婦湯飲み 喜信窯 大一つ、小一つ、ペアのお値段です。 ■寸法 大 直径7.5cm 高さ9cm 小 直径7cm 高さ8.5cm 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 喜信窯 河島喜信 坂口三楽窯、小峠丹山窯において、それぞれ三年間、染付、上絵等の技法を学ぶ。 昭和五九年義父 河島浩三のもと、宇治炭山工芸村にて作陶に専念。 土味を活かした柔らかい雰囲気の作品は親しみ深く人気を博している。 昭和31年生まれ 大阪府出身 平成3年 京都府ベストデザイン展にて優秀賞受賞 他 個展開催多数

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「湯呑み」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ