「江戸切子グラス」 の検索結果 1,116件

KIKI STRIPE(柾目) オールド 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

全3商品

19,440

KIKI STRIPE(柾目) オールド 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

江戸時代から続く伝統工芸品の新しい世界観を作り上げました。漆黒の色と和モダンのデザインが現代のライフスタイルを素敵に演出します。 【ブランドコンセプト】ミクロン単位の厚さで漆黒を表現する匠の技、それがこの「KIKI Japanesque Modern」 ##>です。伝統的な手作り硝子に江戸時代から続く切子の技法を使い、熟練の職人達がひとつひとつ心を込めて作り上げていく...これは、そんな職人達の熱い思いから生まれたこだわりの逸品です。デザイナー木下真一郎は、この日本の伝統技術を生かし、最も作るのが難しいとされる黒硝子と、モダンなデザインを融合させることにより、今までに無い新しいグラスの世界を創り出しました。ミクロン単位の厚さながら不透明な漆黒、それを削ぎ落とした隙間から見える透明な世界は、まるで万華鏡のように、見る角度によって様々に変化します。⇒KIKI JAPANESQUE MODERN[キキ ジャパネスク モダン]特集⇒ガラス製品特集##>【デザイナープロフィール】木下真一郎デザイン事務所代表 (デザイナー・イラストレーター)イラストレーター、グラフィックデザイナーとして雑誌や大手企業の仕事に従事するとともに各種展覧会に出展。また商品プロデュースも手がけ、豊かな発想と斬新なアイデアで伝統産業の活性にも尽力している。【商品説明】KIKI STRIPE (柾目)木は年輪の目を直角に切り出すとその表面は真っ直ぐな柾目になります。この柾目は原木の中心部からしか取ることのできない高級品です。このグラスはその柾目をイメージし、等間隔なストライプとしてデザインしています。オールドの特徴:口が広く背の低いタンブラーです。ウィスキーやラム等の酒類をオン・ザ・ロックスタイルで飲む際に用いられるグラスです。正式には、オールド・ファッションド...

KIKI RING(年輪) タンブラー 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

全3商品

16,200

KIKI RING(年輪) タンブラー 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

江戸時代から続く伝統工芸品の新しい世界観を作り上げました。漆黒の色と和モダンのデザインが現代のライフスタイルを素敵に演出します。 【ブランドコンセプト】ミクロン単位の厚さで漆黒を表現する匠の技、それがこの「KIKI Japanesque Modern」 ##>です。伝統的な手作り硝子に江戸時代から続く切子の技法を使い、熟練の職人達がひとつひとつ心を込めて作り上げていく...これは、そんな職人達の熱い思いから生まれたこだわりの逸品です。デザイナー木下真一郎は、この日本の伝統技術を生かし、最も作るのが難しいとされる黒硝子と、モダンなデザインを融合させることにより、今までに無い新しいグラスの世界を創り出しました。ミクロン単位の厚さながら不透明な漆黒、それを削ぎ落とした隙間から見える透明な世界は、まるで万華鏡のように、見る角度によって様々に変化します。⇒KIKI JAPANESQUE MODERN[キキ ジャパネスク モダン]特集⇒ガラス製品特集 ##>【デザイナープロフィール】木下真一郎デザイン事務所代表 (デザイナー・イラストレーター)イラストレーター、グラフィックデザイナーとして雑誌や大手企業の仕事に従事するとともに各種展覧会に出展。また商品プロデュースも手がけ、豊かな発想と斬新なアイデアで伝統産業の活性にも尽力している。【商品説明】KIKI RING(年輪)ひとつひとつのリングは木の年輪を表しています。等間隔で並ぶリングは毎年静かに、しかし確実に成長していく生命の象徴です。タンブラーの特徴:ハイボールグラスとも呼ばれる。ソフトドリンクやロングカクテルを飲むのに適しています。ポピュラーな形状でガラスのコップといわれて最初にイメージするのがこのタンブラーグラスかもしれません。【素材の特性】「KIKI Japanesque Modern」...

KIKI TAMA-ICHIMATSU(玉市松) タンブラー 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

全4商品

27,000

KIKI TAMA-ICHIMATSU(玉市松) タンブラー 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

江戸時代から続く伝統工芸品の新しい世界観を作り上げました。漆黒の色と和モダンのデザインが現代のライフスタイルを素敵に演出します。 【ブランドコンセプト】ミクロン単位の厚さで漆黒を表現する匠の技、それがこの「KIKI Japanesque Modern」 ##>です。伝統的な手作り硝子に江戸時代から続く切子の技法を使い、熟練の職人達がひとつひとつ心を込めて作り上げていく...これは、そんな職人達の熱い思いから生まれたこだわりの逸品です。デザイナー木下真一郎は、この日本の伝統技術を生かし、最も作るのが難しいとされる黒硝子と、モダンなデザインを融合させることにより、今までに無い新しいグラスの世界を創り出しました。ミクロン単位の厚さながら不透明な漆黒、それを削ぎ落とした隙間から見える透明な世界は、まるで万華鏡のように、見る角度によって様々に変化します。⇒KIKI JAPANESQUE MODERN[キキ ジャパネスク モダン]特集⇒ガラス製品特集##>【デザイナープロフィール】木下真一郎デザイン事務所代表 (デザイナー・イラストレーター)イラストレーター、グラフィックデザイナーとして雑誌や大手企業の仕事に従事するとともに各種展覧会に出展。また商品プロデュースも手がけ、豊かな発想と斬新なアイデアで伝統産業の活性にも尽力している。【商品説明】KIKI TAMA-ICHIMATSU(玉市松)植物の細胞を拡大するとそこには市松模様のように規則的に並んだ不思議な世界を見ることができます。そして、その細胞ひとつひとつには球状の核があり、それはまさに市松模様の中にある磨き玉のようです。タンブラーの特徴:ハイボールグラスとも呼ばれる。ソフトドリンクやロングカクテルを飲むのに適しています。ポピュラーな形状でガラスのコップといわれて最初にイメージするのがこのタン...

送料無料
タンブラー 焼酎グラス ビールグラス 江戸切子 オールドグラス(小)黒 11面体 川井更造 作 送料無料

器茶房 彩庵

16,200

タンブラー 焼酎グラス ビールグラス 江戸切子 オールドグラス(小)黒 11面体 川井更造 作 送料無料

化粧箱入 径6cm 高さ10cm 130ml伝統工芸 江戸切子の特徴江戸切子は江戸末期に生産が始まりました。江戸切子はもともと、透明なソーダガラス(透きガラス)に、切子細工を施し、手摺りと磨きで仕上げていく硝子細工でした。明治期以降は、薩摩切子の消滅もあって江戸においても色被せ(いろきせ)の技法・素材も用いられるようになるが、色ガラスの層は薄く鮮やかなのが特徴です。 加工法も従来の文様を受け継ぎながら、手摺りからホイールを用いたものに移行していきました。 現在では、当初からの素材であるクリスタルガラス等の透明なガラス(透きガラス)よりも、色被せガラスを素材に用いたものが切子らしいイメージとして捉えられ、多く生産されています。 江戸切子の歴史江戸切子の始まりは、江戸時代後期に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋九兵衛が硝子に切子細工を施したのが始まりと言われています。当時は、透明な鉛ガラス(透きガラス)に、鑢の金棒と金剛砂によって切子細工を施し、木の棒と金剛砂で磨きあげる、熟練した手作業により製作されていました。 江戸切子は庶民の手によって、その採算の枠の中で製作されたものであり、薩摩藩主島津斉彬の手厚い保護のもとに、藩の事業として製作された薩摩切子とは背景、製法ともに異なります。 島津斉彬の死(1658)と薩英戦争(1863)の戦火によりわずが20年でその歴史を閉ざした薩摩切子とは対象的に、江戸切子は明治維新の政策的改革の影響も受けなかったばかりか、明治初期に 政府が欧米の文物の導入に積極的な政策を打ち出したため、ヨーロッパの新しい技法を導入していくことになります。その結果、江戸時代の切子の伝統は絶えることなく、近代工業の要素を取り入 れながら今日まで長く存続してきました。江戸切子は薩摩切子と違い、その歴史から震災...

送料無料
江戸切子 オールドグラス 「川井 更造 作」<亀甲紋>プレゼントに!【母の日/父の日/敬老の日/誕生日/お祝い/プレゼント/ギフト/内祝い/お返し】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【HLS_DU...

和匠 (インテリア雑貨)

16,200

江戸切子 オールドグラス 「川井 更造 作」<亀甲紋>プレゼントに!【母の日/父の日/敬老の日/誕生日/お祝い/プレゼント/ギフト/内祝い/お返し】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【HLS_DU...

「江戸切子」 といえば 。 江戸の「粋」と江戸切子の「技」を結集しました。 重量感と高級感を兼ね備えたオールドグラス。 江戸切子の代表的切子紋様の一つである。 精緻なカットと最高の磨き仕上げがなんともいえない焼酎グラス(オンザロック)です。 お酒の旨さを一層引き立てます。女性にも受けますサイズです! 〜 伝統工芸 江戸切子 〜 切子のガラス器が日本にいつ伝来したかは、明確ではありませんが、正倉院御物には 立派なものが納められています。 江戸切子の始まりは、江戸時代の後期、江戸大伝馬町にてビードロ問屋を 営む 加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスに切子(カット)を施したのが江戸切子の 始まりと 言われています。 【東京都伝統工芸品】 江戸切子 切子硝子は、無色透明の硝子の上に、色の硝子を被せて、そこのカット紋様を 施したものです。 2色の硝子を重ね合わせて、2層の硝子器を作るという色被せ硝子の技法は 今日でも人間の手によって作ることの出来る精密な製法です。 しかしそれだけに、無色透明と色とが織り成す色彩のコントラストが、 まことに鮮やかに映えて、 単色の硝子には見られ無い楽しさ、美しさを創り出しています。 江戸切子の器は江戸伝来のカット技術を継承し、繊細な切子と西洋のデザインに 独特の感覚をそそぐ「和硝子器」の逸品と言えます。 商 品 詳 細 サイズ 径約90mm×H約92mm 容量 約320cc 原産地 日本 お願い ひとつひとつ手作りに付き、ご注文の際は在庫の 有無の確認を必ずお願いいたします。 ◆ こんなギフトシーンにお使いいただけます 母の日 父の日 敬老の日 結婚内祝い 結婚御祝い 出産内祝い 快気祝い 全快祝い 新築内祝い 上棟祝い 長寿祝い 入園内祝い 卒園内祝い 卒業内祝い 就職内祝い 他各種内祝い・お返し 入園祝い...

関連キーワード

江戸切子 ガラス工芸職人
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「江戸切子グラス」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ