「木製ボウル」 の検索結果 1,385件

天然木製 長角うな重 根来 漆塗り

Amazon

3,000

天然木製 長角うな重 根来 漆塗り

自宅で食べる鰻(うなぎ)はなぜか味気なく、そんな事を思っている方にオススメ。自宅で食べる鰻こそ豪華に演出!土用の丑の日に是非揃えたい逸品です。 贅沢にも全体を伝統の根来塗りにて塗り上げています。アクセントに蓋に布を張って、その上から漆を塗りこんで仕上げています。ぐっと高級感が増しています。 うな重としてだけでなく、天重やその他丼重・おせち重・ファミリー弁当箱など、いろいろお使いできます。 食欲をそそる朱色系の『根来色』と、シックな『曙色』からお選びください。どちらも伝統カラーです。 高級感がありますので、和食屋さん、うな丼屋さんなどに業務用として最適です。お客様にお出ししても恥ずかしくない漆器です。 根来塗り(ねごろぬり)とは朱塗りの下の黒漆が黒い模様のように見えてくるまで使われ、使うほどに味わいが出る、「根来模様」として珍重され親しまれてきた塗りです。名前の由来は紀州根来寺で僧が作ったのが起こりとされている為です。塗り方は、黒を塗った上に朱を塗り重ね、それを丁寧に研ぎ出します。 反対色の黒地に朱模様にしたものは「曙塗り(あけぼのぬり)」と呼ばれます。 土用の丑の日の由来 夏バテ防止のためにウナギを食べるという習慣が定着したのは、江戸時代中後期になってから。売り上げ不振に悩んだウナギ屋から、相談を受けた平賀源内が「今日は土用の丑の日」と書いた張り紙を出して宣伝し繁盛したそうです。 『丑(うし)の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)を食べると夏負けしない』という民間伝承があり、「うなぎ」が合致したと考えられます。 ウナギにはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できます。そういった面に鑑みると、当時夏の時期にウナギを食べたのは理に適った習慣であるともいえます。

優れものキッチン雑貨の木製ボウル、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な木製ボウルが見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「木製ボウル」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ