「有田焼食器」 の検索結果 8,629件

【ベルメゾン】職人が手描きした有田焼のボウル mini labo

全6商品

4,700

【ベルメゾン】職人が手描きした有田焼のボウル mini labo

丼や麺類、サラダなど、盛り付ける料理を選ばない手頃なサイズのボウル。手に持ったときのなじみもよく、有田焼ならではの味のある風合いと、思わず眺めたくなる絵柄が魅力。シックな「ブルー・ドリーム」のデザインは普段使いに、華やかな「カーネーションの花束」のデザインはおもてなしにぴったり。同シリーズのプレート(別売)や長皿(別売)も揃えて食卓をトータルコーディネートしても素敵。高級感のある有田焼のボックス入りで、ギフトとしてもおすすめです。以前から有田焼に魅力を感じていたミニラボの2人が、実際に有田の工房へ足を運び、有田焼の絵付の技術の高さや伝統を守り続ける職人の想いに触れ、パリに帰ってから生み出した2つのデザインです。あたたかみのある風合いにこだわったミニラボの想いを受け、今回は一つ一つ職人の手描きによってデザインが表現されました。ミニラボ「最初に提案したデザインから、工房の職人さんたちに再現してもらえるデザインにするために少し調整が必要でしたが、それでもハンドメイドにこだわりたかったの。職人さんたちの丁寧なものづくりの姿勢を間近で見ていて、小さなうさぎのぬいぐるみのハンドメイドからスタートした私たちときっと相性がいいと確信したから、このコラボレーションが実現して本当にうれしい。」【パリのデザイナーが生み出す大人かわいい世界】「minilabo(ミニラボ)」は、パリで活躍する2人のクリエイター、キャロリーヌとセリーヌによるクリエイションブランド。パリの気分が詰まった、華やかで夢のあるミニラボワールドをつくりあげています。

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,404

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

日本の食文化には欠かせない豆皿。有田焼の産地とamabroの伝統×アートのコラボレーションによって生まれた現代の豆皿がここに 【商品説明】日本の食卓では当たり前のように存在している豆皿。小さなおかずを乗せたり、お茶菓子を乗せたり、醤油の受け皿として、多様なシーンで複数枚使われる万能小皿です。amabroの豆皿は、万能で使用シーンが多い豆皿をより楽しむためのデザインになっています。独特なオリジナル型のユニークなフォルムと伝統柄にオンプリントされた金彩が食卓のアクセントとなり、食事シーンを華やかに彩ります。家族で形違いを揃えたり、気分に合わせて使い分けても。そば猪口と同様に大変コレクターの多い豆皿に着目し。室町時代以降、狭い膳という規格で一人分の食事が用意されるという日本独特の食事形式は、大きすぎない器の需要を促しました。先人の残した小さくても偉大な器の世界を伝えたい想いで製作。【素材の特性】上絵の金はレンジ不可です。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>...

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼手塩皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,080

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼手塩皿1枚[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ 【商品説明】染付の器に多用される地文をあしらった豆皿。縁をぐるりと囲う文様は、それぞれのキャラクターの性格にちなんだ柄になっています。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【メーカープロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の伝統柄と組み合わせて...

エッグシェル プレミアムワイングラス[有田焼やま平窯]

ディノス

27,000

エッグシェル プレミアムワイングラス[有田焼やま平窯]

大切な人との大切な時間を過ごすために作られたプレミアムなワイングラス。ガラスのランプシェードのような透光性のある陶磁器グラスは薄さ約0.9mm。薄さゆえの口当たり、手触りはとても繊細でお酒をより美味しく感じることができるでしょう。 【商品説明】とても珍しい全て磁器でできたワイン用グラスです。一般的なワイングラス形状で赤、白問わずご使用いただけます。ステム部分が中空になっておりグラス全体としてもグラス部分の繊細さ、軽さを崩しません。グラスとステムの接合部は特殊接着を施しています。香りの高い大吟醸用グラスとしてもご使用いただけます。日常品として使用できることを最低要件とし薄くする技術を追求した結果、江戸から明治に用いられたある技法を再現することでこの薄さ、透光性を実現することに成功しました。江戸時代から明治にかけて輸出向けの食器の中で特に技術の域を極め、卵の殻のように薄く、しかも丈夫な物を“卵殻手”と言い、西欧人から“エッグシェル”と絶賛を博した磁器がありました。ここから名前を取りました。有田焼の“白さ”を感じて頂きたく、形状はシンプルに表面は“繭”のイメージを施しています。手にした時のふんわりとした柔らかさと口当たりの良さを感じていただけます。【ブランドコンセプト】やま平窯 エッグシェルシリーズ使い手が新しい価値を体験できる器。エッグシェルの薄さはくちびる、手ざわり、視覚と五感に訴えます。使うことを楽しんでいただくことがコンセプトのブランドです。ワインにはワイングラスとのマリアージュがあるように、エッグシェルでお酒をより美味しく。◆やま平窯(Y’s home style)のすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆やま平窯(Y’s home style)の特集記事はこちら。##>【メーカープロフィール...

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼丸皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,620

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼丸皿1枚[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ 【商品説明】有田焼などの磁器に多く用いられてきた呉須による染付の中で「ムーミン」の世界観を表現。どこか懐かしく、それでいて新鮮な雰囲気の絵柄ができあがりました。「ムーミン」のファンタスティックな世界と日本伝統の絵付けの味わいを共にお楽しみください。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ...

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口1個[amabro/アマブロ]

ディノス

2,160

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口1個[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ 【商品説明】日本古来の吉祥モチーフをベースにしたそば猪口。下絵の柄とキャラクターが織り成す不思議なストーリーをお楽しみください。湯呑としてもおすすめです。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「有田焼食器」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ