「有田焼茶器セット」 の検索結果 674件

有田焼 桜満開湯飲み& 金平糖2点セット

エンジェリック

4,806

有田焼 桜満開湯飲み& 金平糖2点セット

★金平糖は2種類を選択可能です 【原材料】砂糖/抹茶 【原材料】砂糖/ほうじちゃ 【原材料】砂糖/紅茶 【原材料】砂糖/うめしそ ★賞味期限: 約1年  ★保存方法:乾燥した冷暗所にて保存。一度開封した商品はお早めにお召し上がりください。  ★湯のみ:有田焼 ★ギフトボックス:和BOX 金平糖も正方形の和風BOXに入ります ★彫刻:文字の入れ替え★金平糖は2種類を選択可能です 【原材料】砂糖/抹茶 【原材料】砂糖/ほうじちゃ 【原材料】砂糖/紅茶 【原材料】砂糖/うめしそ ★賞味期限: 約1年  ★保存方法:乾燥した冷暗所にて保存。一度開封した商品はお早めにお召し上がりください。  ★湯のみ:有田焼 ★ギフトボックス:和BOX 金平糖も正方形の和風BOXに入ります ★彫刻:文字の入れ替え 【金平糖の歴史】 金平糖が日本に初めて入ってきたのは、永禄12年(1569年)にポルトガルの宣教師ルイス=フロイスが織田信長に献上したことに始まります。 ポルトガル語で「砂糖菓子」を表すconfeito(コンフェイト)がなまって、「こんぺいとう」という名前になったそうです。 昭和の初めごろまでは「金平糖」の他、「金米糖」「金餅糖」と書かれていたという説もあります。 元禄の頃に大阪でも製造が開始され、文政頃には江戸へと伝わり、全国に広まっていきました。 【金平糖の魅力】 小さくてカラフルな「金平糖」は、砂糖だけ、という極めてシンプルな素材からできています。職人の手と感性によって、表面に凹凸状の突起(角状)を持つ小球形が生まれます。 口に入れた時に感じる独特の舌触りの正体は、実は小さな角(つの)だったのです。 昔は、特別な洋風菓子として憧れだった金平糖も、今では懐かしさのあまり、思い出話に花が咲く。そんなイメージへと変化しているようです。 ...

有田焼コーヒー焙煎器 香烙 生豆セット

Amazon

5,530

有田焼コーヒー焙煎器 香烙 生豆セット

★★無料の焙煎指導サービスについて★★ 当店でコーヒー焙煎器「香烙」をご購入のお客様にだけのサービスとして、香烙によるコーヒー焙煎方法通信指導を無料で実施しています。 ご購入後、詳細の焙煎指導方法をご案内します。以下のお好きな方法をご選択の上、サポートや情報交換をご活用ください。 ■ 焙煎指導方式A: 6か月間の指導WEBページ & メール通信指導 ・ お手元に焙煎器が届いてから6ヶ月間のWEB焙煎指導ページのご利用 と ・ メールまたはFAXによる、焙煎に関する質問などにお応えいたします。 ■ 焙煎指導方式B: 無期限で、香烙を当店でお買い上げのお客さまのみが参加し、外部の他の方からは閲覧が出来ない、秘密の Facebookグループに参加いただけます。 ・ 焙煎方法の一部を、動画でご案内いたします。 ・ 焙煎に関する質問などを、Facebookグループ上でお応えいたします。 グループでは、参加している焙煎友だちとの情報交換も自由にしていただけます。 質疑や談議も、参加しているお友達が答えてくれる場合もあると思いますよ (^-^) ※ Facebookへのユーザ登録 と 自珈亭とお友達登録 の必要があります。 (注)Facebookの使い方のご質問はご容赦ください。 「amazonのご連絡メール」機能を用いて、ご選択の方式をご確認いたします。方式Aは、メールアドレスの交換が必要です。自珈亭本店サイトのお問合せメールアドレスよりご連絡頂く必要がございます。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「有田焼茶器セット」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ