「手びねりグラス」 の検索結果 105件

【野分窯】 広兼行男 織部草文 手塩皿 21

Life Balance (ライフバランス)

1,620

【野分窯】 広兼行男 織部草文 手塩皿 21

SPECIFICATION Size 約φ14.3xH1.8cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯 広兼行男のラインナップに新しい作品です。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、6ヶ月、1年と過ぎ去ってやっとのご紹介です。でも今後もラインナップを膨らませて当店でも野分窯が育つことを願っています。 野分窯の作品は、知り合いのお茶の先生、お料理の先生にも大好評です。広島から発信して、野分窯の魅力をお伝えできたらの気持ちでいっぱいです。味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了 瀬戸市霞仙陶苑にて修行...

【野分窯】 広兼行男 粉引 木賊手 カップ・蕎麦猪口 25

Life Balance (ライフバランス)

1,944

【野分窯】 広兼行男 粉引 木賊手 カップ・蕎麦猪口 25

SPECIFICATION Size 約φ8.8xH6.8cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

【野分窯】 広兼行男粉引フリーカップ (無地) 75

Life Balance (ライフバランス)

2,592

【野分窯】 広兼行男粉引フリーカップ (無地) 75

SPECIFICATION Size 約φ9.5xH8.5cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯 広兼行男のラインナップに新しい作品です。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、6ヶ月、1年と過ぎ去ってやっとのご紹介です。でも今後もラインナップを膨らませて当店でも野分窯が育つことを願っています。 野分窯の作品は、知り合いのお茶の先生、お料理の先生にも大好評です。広島から発信して、野分窯の魅力をお伝えできたらの気持ちでいっぱいです。味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了 瀬戸市霞仙陶苑にて修行...

【野分窯】 広兼行男 飴釉面取 そばちょこ 76※

Life Balance (ライフバランス)

1,944

【野分窯】 広兼行男 飴釉面取 そばちょこ 76※

SPECIFICATION Size 約φ8.5xH6.7cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

【野分窯】 広兼行男 飴釉 鎬6寸玉縁 鉢 086

Life Balance (ライフバランス)

4,320

【野分窯】 広兼行男 飴釉 鎬6寸玉縁 鉢 086

SPECIFICATION Size 約φ18.5xH5.5cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯 広兼行男のラインナップに新しい作品です。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、6ヶ月、1年と過ぎ去ってやっとのご紹介です。でも今後もラインナップを膨らませて当店でも野分窯が育つことを願っています。 野分窯の作品は、知り合いのお茶の先生、お料理の先生にも大好評です。広島から発信して、野分窯の魅力をお伝えできたらの気持ちでいっぱいです。味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了 瀬戸市霞仙陶苑にて修行...

【野分窯】 広兼行男 織部 コーヒー碗皿 61※

Life Balance (ライフバランス)

4,320

【野分窯】 広兼行男 織部 コーヒー碗皿 61※

SPECIFICATION Size カップ約φ8xH6.7cmソーサーφ15.5xH1.8cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975...

【野分窯】 広兼行男 青白磁釉 鎬細手 マグカップ 74

Life Balance (ライフバランス)

2,700

【野分窯】 広兼行男 青白磁釉 鎬細手 マグカップ 74

SPECIFICATION Size 約φ8xH8.5cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯 広兼行男のラインナップに新しい作品です。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、6ヶ月、1年と過ぎ去ってやっとのご紹介です。でも今後もラインナップを膨らませて当店でも野分窯が育つことを願っています。 野分窯の作品は、知り合いのお茶の先生、お料理の先生にも大好評です。広島から発信して、野分窯の魅力をお伝えできたらの気持ちでいっぱいです。味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了 瀬戸市霞仙陶苑にて修行...

【野分窯】 広兼行男 マット釉 マグカップ 58

Life Balance (ライフバランス)

2,700

【野分窯】 広兼行男 マット釉 マグカップ 58

SPECIFICATION Size 約φ8.5xH7.3cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「手びねりグラス」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ