「常滑焼マグカップ」 の関連商品を含む検索結果 25件

信楽焼カフェオレボウル黒作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

Amazon

3,240

信楽焼カフェオレボウル黒作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる、信楽焼の陶器です。良質の陶土を持つ土地柄で、陶器の長い歴史があり、日本六古窯のひとつに数えられています。陶器の質感を楽しめるシンプルな食器をお探しの方に、信楽焼のなか工房がオススメです。フランスの朝食でよく使われているのが、この形のカフェボウル。パンをコーヒーに浸して食べる習慣があり、日本のご飯茶碗に取っ手を付けたようなこの形が、とても使いやすいんです。コーヒーを飲む他にも、スープマグとして使ったり、フルーツを盛ったり、お菓子を入れてテーブルに出したりするのもオススメです。容量はなみなみ注いで約280ml。マグカップとしては大きめですので、男性用にもどうぞ。中村文夫 陶歴1949年静岡県浜北市に生まれる1968年県立浜松北高等学校卒業1974年静岡大学中退信楽に入る1980 - 81年メキシコ、アメリカで1年間研修1981年ギャラリー「SINNO」展示(ロサンゼルス)、個展 ギャラリー陶園('83 '85)1982年信楽造形展(信楽伝産会館)1983年滋賀明日の美術展(八日市文芸会館)、常滑 信楽ジョイント展('85)、蔵王野外展、東京真木画廊企画(山形市)、クラフト展(大津西武百貨店)1985年カップ展(有楽町阪急百貨店)1986年セラミック・アネックス・シガラキ('86 '87 '88 '89 '90 '91)、信楽伝産会館・滋賀県立美術館ギャラリー1988年セラミックス・ワーク・ショップ(渋谷東急百貨店)1990年1990国際工芸ビエンナーレ 招待出品(フランス パリロス市)1991年信楽現代作家陶芸展(信楽伝産会館)1993年「北の菓子器」展参加(北海道)1994年「メモリアル フェスタしがらき」陶芸展参加(信楽陶芸の森)1995年第2回四日市万古焼土鍋コンペ:審査員特別賞受賞、器展...

マジョリカ マグカップ お洒落でかわいい北欧風マグカップ(北欧風マグカップ ティーカップ 湯呑 湯飲み 有田焼 波佐見焼 おしゃれ 茶器 かわいい ギフト 贈り物 お礼 贈答 お茶 ポット ティー...

静岡茶の製造直販 茶匠庵

1,680

マジョリカ マグカップ お洒落でかわいい北欧風マグカップ(北欧風マグカップ ティーカップ 湯呑 湯飲み 有田焼 波佐見焼 おしゃれ 茶器 かわいい ギフト 贈り物 お礼 贈答 お茶 ポット ティー...

名 称 マグカップ 品 名 マジョリカ マグカップ 製造国 国産(有田焼) 容 量 約250cc サイズ 約 径7.5×7.5cm 販売者 株式会社牧之原いなば園 静岡県牧之原市須々木2536-1 関連キーワード マグカップ, ティーカップ, カップ, 湯呑, 湯呑み, 湯飲み, ティーカップ かわいい, 湯呑 国産, ティーカップ 有田焼, 湯呑 波佐見焼, マジョリカ, majolica, 北欧, 北欧風 マグカップ, ■ご注意事項■ ・ 急須は焼物の特性上、サイズや風合い(色・焼き上がり等)が 一つ一つ微妙に異なることがございます。 ・商品写真は、できるだけ実際のイメージに近いように調整はしておりますが、 ご覧になっているモニターの設定や特性などにより色の違いが出てしまいます。 ・急須ご購入の際には、予めご了承下さり、ご注文いただきますようお願いいたします。 ・急須に欠陥があった場合は迅速に対応させていただきます。 それ以外の返品、お取替えはご容赦願います。 国産フタ無し急須 白 320cc 常滑焼 蓋なし急須 黒 320cc 美濃焼ふた無し急須 白桜柄 320CC フタ無し急須緑泥 小 ご自宅用に! フタ無し急須緑泥 大 会社・大家族用! カラー急須 全5色 ふた無し急須ちゃーみる朱泥 小 ご自宅用に ふた無し急須ちゃーみる朱泥 大 会社・大家族用 かわいい急須小粋花急須 常滑焼急須 千段帯網急須 緑 常滑焼急須 千段帯網急須 灰 湯呑み5客セット花凛湯呑 湯呑み5客セット木村美の萩 湯呑み5客セット松葉湯呑 お洒落♪ ふた付きマグカップ選べる6柄 ハリオ ガラス急須450ml ハリオ ガラス急須700ml ガラス湯呑み五客セットハリオ製 静岡茶/敬老の日/お茶ギフト/お中元/お歳暮/送料無料ギフトなら茶匠庵/お茶...

信楽焼カフェオレボウル青作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

全2商品

3,240

信楽焼カフェオレボウル青作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる、信楽焼の陶器です。良質の陶土を持つ土地柄で、陶器の長い歴史があり、日本六古窯のひとつに数えられています。陶器の質感を楽しめるシンプルな食器をお探しの方に、信楽焼のなか工房がオススメです。フランスの朝食でよく使われているのが、この形のカフェボウル。パンをコーヒーに浸して食べる習慣があり、日本のご飯茶碗に取っ手を付けたようなこの形が、とても使いやすいんです。コーヒーを飲む他にも、スープマグとして使ったり、フルーツを盛ったり、お菓子を入れてテーブルに出したりするのもオススメです。容量はなみなみ注いで約280ml。マグカップとしては大きめですので、男性用にもどうぞ。中村文夫 陶歴1949年静岡県浜北市に生まれる1968年県立浜松北高等学校卒業1974年静岡大学中退信楽に入る1980 - 81年メキシコ、アメリカで1年間研修1981年ギャラリー「SINNO」展示(ロサンゼルス)、個展 ギャラリー陶園('83 '85)1982年信楽造形展(信楽伝産会館)1983年滋賀明日の美術展(八日市文芸会館)、常滑 信楽ジョイント展('85)、蔵王野外展、東京真木画廊企画(山形市)、クラフト展(大津西武百貨店)1985年カップ展(有楽町阪急百貨店)1986年セラミック・アネックス・シガラキ('86 '87 '88 '89 '90 '91)、信楽伝産会館・滋賀県立美術館ギャラリー1988年セラミックス・ワーク・ショップ(渋谷東急百貨店)1990年1990国際工芸ビエンナーレ 招待出品(フランス パリロス市)1991年信楽現代作家陶芸展(信楽伝産会館)1993年「北の菓子器」展参加(北海道)1994年「メモリアル フェスタしがらき」陶芸展参加(信楽陶芸の森)1995年第2回四日市万古焼土鍋コンペ:審査員特別賞受賞、器展...

信楽焼カフェオレボウル緑作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

Amazon

3,240

信楽焼カフェオレボウル緑作者:中村文夫(なか工房)滋賀県の工芸品Shigaraki-yaki Cafe au lait bowl, Shiga craft

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる、信楽焼の陶器です。良質の陶土を持つ土地柄で、陶器の長い歴史があり、日本六古窯のひとつに数えられています。陶器の質感を楽しめるシンプルな食器をお探しの方に、信楽焼のなか工房がオススメです。フランスの朝食でよく使われているのが、この形のカフェボウル。パンをコーヒーに浸して食べる習慣があり、日本のご飯茶碗に取っ手を付けたようなこの形が、とても使いやすいんです。コーヒーを飲む他にも、スープマグとして使ったり、フルーツを盛ったり、お菓子を入れてテーブルに出したりするのもオススメです。容量はなみなみ注いで約280ml。マグカップとしては大きめですので、男性用にもどうぞ。中村文夫 陶歴1949年静岡県浜北市に生まれる1968年県立浜松北高等学校卒業1974年静岡大学中退信楽に入る1980 - 81年メキシコ、アメリカで1年間研修1981年ギャラリー「SINNO」展示(ロサンゼルス)、個展 ギャラリー陶園('83 '85)1982年信楽造形展(信楽伝産会館)1983年滋賀明日の美術展(八日市文芸会館)、常滑 信楽ジョイント展('85)、蔵王野外展、東京真木画廊企画(山形市)、クラフト展(大津西武百貨店)1985年カップ展(有楽町阪急百貨店)1986年セラミック・アネックス・シガラキ('86 '87 '88 '89 '90 '91)、信楽伝産会館・滋賀県立美術館ギャラリー1988年セラミックス・ワーク・ショップ(渋谷東急百貨店)1990年1990国際工芸ビエンナーレ 招待出品(フランス パリロス市)1991年信楽現代作家陶芸展(信楽伝産会館)1993年「北の菓子器」展参加(北海道)1994年「メモリアル フェスタしがらき」陶芸展参加(信楽陶芸の森)1995年第2回四日市万古焼土鍋コンペ:審査員特別賞受賞、器展...

mishim[ミシン]soak single mug

Coton+deux

4,212

mishim[ミシン]soak single mug

[ ご注意事項 ] *PCや携帯の画面上で表現できる色は、お客様のご使用頂いているパソコンの モニターによって、実物とは見え方が変わる場合がございますのでご了承ください。 *商品在庫は実店舗の在庫と共有しています。 在庫調整は常にしておりますが、売り切れの場合もございますのでご了承ください。 *左の写真をクリックすると拡大して見られます。ひとの手と多くの時間を重ねて出来上がった物には、その先に物語がうまれてゆく・・・。 そんな思いから、“将来アンティークになっていけるもの"を目指したブランド「mishim」(ミシン)。 時と共にゆっくりと呼吸し変化してゆく木や鉄、土、植物を素材とし、 陶器・子供家具などを主に、手間と時間をかけた丁寧な物作りを行っています。 陶芸作家さんとmishimが出会い、コラボレーションすることで生まれる陶器ブランド「MISHIM POTTERY CREATION」。 こちらは常滑焼の陶芸家、新井尋詞さんと共作の「soak(ソーク)」シリーズのマグカップ。 日本古来から続く伝統的な技法で作られながら、どことなく異国情緒漂う空気を纏ったアイテムです。 シンプルでありつつ印象に残る模様は陰翳を柔らかく映し、落ち着きのある色彩はどんな空間にもすっと馴染みます。 年齢、性別を問わず使えるデザインで、贈り物としても喜ばれそうですよ。 ブランド名 mishim[ミシン] 商品名 soak single mug サイズ 約口径88~90×高さ70~77×横幅115~120(mm) 素材 陶器 カラー sora+shino、sora+ame、oribe 備考 本商品はすべて手作業のため大きさに個体差が見られます。予めご了承ください。 サイズが気になる方はご購入前に一度お問合せください。また、ピンホールや焼き色の違い...

送料無料
焼締急須 小 夫婦湯飲み付

Amazon

7,000

焼締急須 小 夫婦湯飲み付

京焼,清水焼の窯元、高田雅楽作、焼締急須の小のサイズ。 縦型の茶の間湯呑みが二個ついた急須セットです。 常滑、備前、万古、中国茶の茶壺など、美味しいお茶を飲むには 決まって赤土の焼締の急須が良いとされています。 京都の伝統工芸士、ベテランのロクロ職人が作りましたので、 軽く、注ぎ口や摘みなどの細部まで丁寧にロクロで作り込まれています。 さすがに京焼清水焼ですと軽く仕上がっています。 こちらがセットの夫婦湯飲み。 口の反りや高台の風格。 握り具合や使い心地は申し分ありません。 オーソドックスな横に平たい急須。 急須の中で横に茶葉が動いて広がるので、お茶が美味しく出ます。 焼締特有の表面のざらざら感は使用後、次第に消えてしまい、 つるつるに、茶渋で色合いも黒っぽく変化します。 内側まで施釉されず、金網が付いていない土の茶漉しの急須は お茶がまろやかになり美味しいと言われています。 容量は250cc。 小さい急須で絞りきって飲むほど、お茶は美味しいと言われています。 鉄分を含んだ赤土を焼き締めただけのシンプルな急須セット。 材料。自然の土100%。 何も余分なものが含まれないので、体にも良いと言われています。◆商品番号 2500 焼締急須 小 夫婦湯飲み付 【送料無料】 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 寸法 急須 縦16cm 横13.5cm 高さ8cm 重さ270g 容量250cc 化粧箱付 湯呑み 大 直径6.7cm 高さ8.3cm 重さ130g 小 直径6.4cm 高さ7.7cm 重さ120g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 高田 雅楽 1952年 京都に生まれる...

送料無料
焼締土瓶湯呑セット 雅楽 (狭口)

Amazon

8,800

焼締土瓶湯呑セット 雅楽 (狭口)

京焼,清水焼の窯元、高田雅楽作、焼締土瓶。 湯飲みが二個ついた土瓶セットです。 常滑、備前、万古、中国茶の茶壺など、美味しいお茶を飲むには 決まって赤土の焼締の急須が良いとされています。 京都の伝統工芸士、ベテランのロクロ職人が作りましたので、 軽く、注ぎ口や摘みなどの細部まで丁寧にロクロで作り込まれています。 さすがに京焼清水焼ですと軽く仕上がっています。 こちらがセットの組湯飲み。大と小。夫婦になっています。 ころんとかわいい円い急須。 急須の中で横に茶葉が動いて広がるので、お茶が美味しく出ます。 焼締特有の表面のざらざら感は使用後、次第に消えてしまい、 つるつるに、茶渋で色合いも黒っぽく変化します。 内側まで施釉されず、金網が付いていない土の茶漉しの急須は お茶がまろやかになり美味しいと言われています。 容量は250cc。 小さい急須で絞りきって飲むほど、お茶は美味しいと言われています。 鉄分を含んだ赤土を焼き締めただけのシンプルな土瓶セット。 材料。自然の土100%。 何も余分なものが含まれないので、体にも良いと言われています。 ◆商品番号 3771 焼締土瓶湯呑セット(丸形) 土瓶1本、湯飲み二つ、セットのお値段です。 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ■土瓶 寸法 縦13cm×横9cm×高さ8cm (持ち手含まず)重さ240g 容量250cc 化粧箱付 湯呑 寸法 大 直径6.7cm 高さ8.3cm 重さ140g 小 直径6.4cm 高さ7.7cm 重さ120g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

信楽焼Shigaraki-yakiカフェボール白マグカップ作者:中村文夫(なか工房)

Amazon

3,299

信楽焼Shigaraki-yakiカフェボール白マグカップ作者:中村文夫(なか工房)

滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる、信楽焼の陶器です。良質の陶土を持つ土地柄で、陶器の長い歴史があり、日本六古窯のひとつに数えられています。こちらは同シリーズのコーヒーポットとお揃いのマグカップです。丸みをおびた柔和な印象のシルエットが人気です。大きめに作ってありますので、男女問わずオススメしています。またスープマグとしても使えるカフェボールです。中村文夫 陶歴1949年静岡県浜北市に生まれる1968年県立浜松北高等学校卒業1974年静岡大学中退信楽に入る1980 - 81年メキシコ、アメリカで1年間研修1981年ギャラリー「SINNO」展示(ロサンゼルス)、個展 ギャラリー陶園('83 '85)1982年信楽造形展(信楽伝産会館)1983年滋賀明日の美術展(八日市文芸会館)、常滑 信楽ジョイント展('85)、蔵王野外展、東京真木画廊企画(山形市)、クラフト展(大津西武百貨店)1985年カップ展(有楽町阪急百貨店)1986年セラミック・アネックス・シガラキ('86 '87 '88 '89 '90 '91)、信楽伝産会館・滋賀県立美術館ギャラリー1988年セラミックス・ワーク・ショップ(渋谷東急百貨店)1990年1990国際工芸ビエンナーレ 招待出品(フランス パリロス市)1991年信楽現代作家陶芸展(信楽伝産会館)1993年「北の菓子器」展参加(北海道)1994年「メモリアル フェスタしがらき」陶芸展参加(信楽陶芸の森)1995年第2回四日市万古焼土鍋コンペ:審査員特別賞受賞、器展(有楽町阪急百貨店)、陶展(ギャラリー陶華・静岡市)1997年第3回四日市万古焼土鍋コンペ:グランプリ受賞(通商産業大臣賞)1998年和と洋の土鍋展(陶成アートギャラリー信楽)1999年陶と書の二人展(ギャラリーゼフィール・大宮市)2001年講演会...

こちらの関連商品はいかがですか?

優れものキッチン雑貨の常滑焼マグカップ、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な常滑焼マグカップが見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「常滑焼マグカップ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ