「小鹿田焼窯元」 の関連商品を含む検索結果 13件

ギフト 和陶器 大分県日田 小鹿田焼(おんた) そばちょこ (飛び鉋・ライン入り A)

九州もん

1,852

ギフト 和陶器 大分県日田 小鹿田焼(おんた) そばちょこ (飛び鉋・ライン入り A)

◆ 大分県日田市 伝統窯元 小鹿田焼き そばちょこ(飛び鉋)ライン入り ◆ サイズ:口径8.5cm前後 高さ約7.5cm) そばちょこにも使用できます。フリーカップとして、いろいろな用途にも適応できます。 江戸時代中期に開窯された李朝系登り窯です。 平成7年、国の重要無形文化財保持団体の指定を受け、いまも集落の谷川でのんびりと永い歴史と伝統を守りながら小鹿田焼10軒の窯元がじっくりと手仕事に取り組んでいます。 ◆ ご注文について ◆ 在庫に限りがございます。在庫がない場合、小鹿田からの取り寄せとなります。 発送までに2、3日かかる場合がございますのでご了承下さい。 窯元に在庫がない場合は、次の窯出しまでお待ち頂く場合もございます。 数量も多数必要な場合は、ご用意できる場合もございますのでご相談下さい。 ギフト包装 ▼ ギフト包装別途100円で承ります。のし・メッセージカード無料サービス致しますので、ご希望がございましたらお知らせ下さい。 取り扱いのご注意 ▼ ご使用になられる前は、必ず洗ってからお使い下さい。 ご購入にあたって ▼ 手作りになりますので、商品によって模様や大きさ、色、形が多少異なります。また、登り窯により焼成されるため、色むらや焦げのある部分などがまれに見られることがあります。登り窯独特の風合いをお楽しみいただける方向けの商品ですので、その点をご了解下さい。 【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】 ≫ その他注意事項は こちら _

こちらの関連商品はいかがですか?

そばちょこ・フリーカップ 花唐紋 《長崎県産の波佐見焼(はさみ焼)・蕎麦・チョコ・チョク・ソバ・猪口》(有田焼としても流通) そうめん ひやむぎ だし つゆ 千代口 デザートカップ 涼しい器 小鉢...

産地直送の波佐見焼 みくら

1,296

そばちょこ・フリーカップ 花唐紋 《長崎県産の波佐見焼(はさみ焼)・蕎麦・チョコ・チョク・ソバ・猪口》(有田焼としても流通) そうめん ひやむぎ だし つゆ 千代口 デザートカップ 涼しい器 小鉢...

《使いみちは自由にいろいろ楽しめます!》 そばつゆ、お茶やコーヒー、お酒・焼酎・ウイスキー、酢の物、あえもの、茶碗蒸し、スープ、シチュー、キムチ、塩辛、ヨーグルト、ゼリー、ぜんざい、おしるこ、プリン、フルーチェ、みつまめ、わらびもちなどなど・・・ 実は、「有田焼」として販売されている日常使いの陶磁器には、明治末からの商慣行で、実際には長崎県の波佐見(はさみ)で焼かれたものが多いのですが、このところ、ようやく「波佐見焼」の名も、世に知られるようになってきました。 磁器のふるさとの長崎県の波佐見(はさみ)からお届けします。そばちょこって便利なうつわですね。私のうちでも大活躍で、おそばやそうめんを食べる時だけでなく、酢のものや和え物、また、お酒やコーヒーを飲むときにも便利に使っています。。【商品仕様】 直径8.5×高さ6cm 磁器製和山窯ダンボール箱入り 電子レンジ使用可能です。 食器洗浄機使用可能です。 長崎県の伝統産業である波佐見焼をつくる町の波佐見町は、佐賀県の有田と隣接する場所に位置する旧大村藩領でした。 今から約400年前になる江戸時代が始まるころに焼かれはじめ、大村藩の管理のもとに生産規模を増し続け、明治維新以後の民営独立化からの多彩な発展の基礎を地域に根づかせました。 初期には、大村藩から諸大名などの有力者への贈り物として、きわめて技術的に高度な青磁や細工ものを厳選して焼いていましたが、時代とともに産業化が進み、現代に続く人々の日々の暮らしのための器を手ごろな価格で生み出す流れを地域の連帯=原材料や工程の分業化によって実現してきました。 ・・・多様化する現代の食文化と暮らしの変化とともに 居住空間も、国際色豊かになった日本人の食文化も変化 が早くなってきました。波佐見焼は、時とともに変化する人々の生活スタイルや好みの変化に対応...

小石原焼太田哲三窯 そばちょこ 縦飛び鉋 黄

みんげい おくむら

1,512

小石原焼太田哲三窯 そばちょこ 縦飛び鉋 黄

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here品名 小石原焼太田哲三窯 そばちょこ 縦飛び鉋 黄 サイズ 約φ8.5 X H7cm 素材 陶器 産地 日本(福岡) 注意 本商品は手しごとの商品であり、また釉薬の変化が他の窯に比べ大きくなっております。商品写真になるべく近い物を集めておりますが、その点ご理解頂ける方のみご購入頂きますようよろしくお願い致します。サイズに関しても微差がございますこと予めご了承ください。電子レンジ&食洗機対応です。 商品説明 すっきりとしたフォルムが特徴的な太田哲三窯のそばちょこ。柄違いで、色違いで持っていたくなるそんな器。焼酎や梅酒など、お酒を楽しんだり、デザートを盛りつける小鉢としても。 小石原焼 太田哲三窯について 小石原焼の伝統に乗っ取り、伝統の技法や釉薬を使い日用雑器を作り続ける窯元です。現在は太田哲三・圭親子によって営まれています。民藝の思いを守りつつ現代の生活に活きる、使いやすい器です。 商品一覧はこちら>> 民藝の名窯 小石原焼 太田哲三窯。使い勝手良く、料理を選ばない、ぬくもりのある器。

【砥部焼 中田窯】三色水玉のそばちょこ(大)

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

1,404

【砥部焼 中田窯】三色水玉のそばちょこ(大)

三色水玉のそばちょこ(大) デザートカップとしても素敵な少し大きめのそばちょこ。毎日の暮らし豊かに。 中田窯なかたがま 直径8.5cmのちょっと大きめサイズのそばちょこ。手描きらしい味わいの筆使いも魅力。そばちょこは、お蕎麦や素麺の際のつゆを入れるだけでなく、多用途に使える万能の器です。 落ち着きある色絵のシンプルな文様がそばちょこを囲みます。ひとつひとつ味わいある藍色・赤・茶色の水玉。手仕事のあたたかみを感じます。「釉裏紅(ゆうりこう)」といわれる深みある「赤」が特徴。窯出しごとに「赤」」の色合いに手仕事らしい違いがあります。そばちょこの中は、縁の近くにラインが引かれています。底の直径は7cm弱くらい。○が3個重なった、中田窯さんの窯印。これくらいの大きさ。はがきと比べて 抹茶ラテやカフェラテも良く似合います♪フリーカップとしてコーヒーや紅茶や緑茶にも。その他に冷酒や焼酎のカップとして使用したり、酢の物を盛ったり、枝豆などのおつまみを盛ったり・・といろいろな使い方を楽しめます。プチトマトやフルーツを盛って並べても♪ヨーグルトやアイスなどのデザートカップ重宝します。重なりもいいです♪3個重ねると11.5cmくらいの高さ。大小の鉄点が浮き出た荒土の素地。荒土のため、縁の部分がつぶつぶとしている場合もあります。にじみある染付に手仕事の味わいを感じます。灰釉を使っていますので、少しマット調の落ち着きある光沢です。 絵付けの濃さや色合い・大きさなどひとつひとつ手づくりらしい違いがあります。同じ絵柄で直径7.5cmの小さめサイズ「三色水玉のそばちょこ(小)」(右)もあります。 商品の詳細につきまして 商品名 三色水玉のそばちょこ(大) 商品番号 NA076 サイズ 約 径8.5cm×高さ6.6cm窯出し時期などによって多少の違いがございます...

【砥部焼 中田窯】ドット模様のそばちょこ(小)

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

1,188

【砥部焼 中田窯】ドット模様のそばちょこ(小)

ドット模様のそばちょこ(小) 味わいあるドットに手仕事のぬくもりを感じる。カップに小鉢にと活躍。 中田窯なかたがま 直径7.5cmの小さめサイズのそばちょこ。小ぶりのそばちょこがご希望の方にもおすすめ♪カップとして使用したり酢の物を盛ったり、デザートカップとして使ったりと大活躍。ひとつひとつドットの大きさが違うので、手描きらしい味わいの「ドット模様」。そばちょこの中は、縁の近くにラインが引かれています。底の直径は5cmほど。○が3個重なった、中田窯さんの窯印。小さくてかわいいサイズのそばちょこです。はがきと比べて お蕎麦や素麺のつゆ入れとして、同じ絵柄の「ドット模様のリム付皿(8寸)」と組み合わせても素敵♪そのほか、枝豆などのおつまみを盛って並べても♪中田窯さんのそばちょこは、絵柄も豊富なので柄違いで揃えても楽しいです。フリーカップとしても重宝。コーヒーも似合います♪デミタスコーヒーをいただくくらいのサイズです。同じ絵柄の「ドット模様のリム付皿(5寸)」と組み合わせても使い方の幅が広がります。重なりもいいです♪3個重ねると10.7cmくらいの高さ。 荒土のため、縁の部分がつぶつぶとしている場合もあります。大小の鉄点が浮き出た荒土の素地に、手描きらしいにじみある「ドット模様」が味わい深い。灰釉を使っていますので、少しマット調の落ち着きある光沢です。 絵付けの濃さや筆使いなどひとつひとつ手づくりらしい違いがあります。 商品の詳細につきまして 商品名 ドット模様のそばちょこ(小) 商品番号 NA040 サイズ 約 径7,5cm×高さ5.8cm窯出し時期などによって多少の違いがございます 電子レンジ ○ 重さ・容量 110〜130g前後130cc / 8分目で95ccくらい オーブン ○ 色・特徴 やや青みがかった荒土の白磁...

【岩田製陶所】【砥部焼】 そばちょこ 唐草 (小) (容量約100cc)

生活雑貨+1

1,076

【岩田製陶所】【砥部焼】 そばちょこ 唐草 (小) (容量約100cc)

本体サイズ(cm)約φ8×7cm本体重量(g)約159g素材・材質陶磁器原産国日本商品説明約230年の伝統を持ち、国の伝統的工芸品である愛媛県伊予郡砥部町で生産される磁器「砥部焼」砥部焼は、ほとんど手作り手書きで生産され、白磁の肌に溶け込んだ呉須絵、素地の白さに調和した色絵、やや厚手の飾り気のない形と材質の堅さに特色があり、厚みがあり丈夫な「砥部焼」は実用的な器として日常使いにぴったり和51年に通商産業省より「伝統的工芸品」として焼き物では6番目に指定されているどこか懐かしさを感じさせる素朴で飾り気のない「蕎麦猪口(そばちょこ)」は、日々の食卓にぴったり手になじむ、使い勝手の良い形は、そばや素麺を食べる時に使うほか、小鉢としても便利ぼってりとした手ごたえの厚手の器には、保温効果があり、湯のみやコーヒーカップとして使うのもオススメ♪重なりがよい形なので、場所をとらずコンパクトに収納できる陶工がひとつひとつ心を込めて制作した手作りの器は、手仕事ならではの温かみを感じさせるやや厚手の白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が、砥部焼らしさたっぷり!※オールハンドメイドの為、サイズ・柄・風合い等に若干の違いがあります容量:約100cc商品区分 当店では、ギフトラッピング(熨斗対応を含む)はお受けすることができませんので、あらかじめご了承ください

和陶房 九谷焼 蕎麦猪口 よろけ線文 手描き 古典文様 轆轤手引き そば猪口 そばちょこ

全4商品

3,240

和陶房 九谷焼 蕎麦猪口 よろけ線文 手描き 古典文様 轆轤手引き そば猪口 そばちょこ

商品説明 和陶房 九谷焼のそばちょこのご紹介です。 和陶房の器は石川県能美市で作られています。九谷焼従来の技法を生かしつつ、生活に役立つ使いやすい形と、白磁・染付・赤絵の料理に映える絵付けをこだわり、手作りの和の器作りに励んでおります。蕎麦猪口は、蕎麦猪口以外にも器としても多用途に使える器なので、古典文様から、新しいデザインまで幅広くお作りしました。一点一点、轆轤で手引き、手描きでお作りしております。轆轤を引く際に、歪み易い形状ではありますが、軽くて薄い作りが自慢の蕎麦猪口です。お気に入りの絵柄の蕎麦猪口で、美味しいお蕎麦はいかがですか。お蕎麦だけでなく、小鉢やお湯呑としてもお使いいただける、使い勝手の良い器です。アイスクリームやヨーグルトなども楽しめますよ。 九谷焼 九谷焼は、明暦元年(1655)に、加賀藩の命により、有田で陶技を学んだ後藤才治郎が、江沼郡九谷村で開窯したのが始まりです。しかし、わずか100年たらずで廃窯。原因はいまだ定かではありませんが、この間に焼かれたものを、現在「古九谷」と呼んでいます。廃窯後100年は、日本の陶器といえば伊万里焼でした。ところが、江戸後期に、瀬戸で磁器産業が成功したことをきっかけに、加賀でも、春日山焼や若杉焼が作られ始めました。さらに、その若杉焼が成功したことで、かつて古九谷を生み出した大聖寺藩でも、古九谷再興の動きが強まりました。その中心人物が、大聖寺の豪商、吉田屋伝右衛門だったのです。文政六年(1823)、九谷村の古九谷窯跡の横に登窯を築き、翌年、九谷焼を焼き始めました。明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。そのきっかけとなったのが明治6年(1873)のウィーン万博です。「ジャパンクタニ...

和陶房 九谷焼 蕎麦猪口 蛍 ホタル 手描き 古典文様 轆轤手引き そば猪口 そばちょこ

家具のマルケン 楽天市場店

3,240

和陶房 九谷焼 蕎麦猪口 蛍 ホタル 手描き 古典文様 轆轤手引き そば猪口 そばちょこ

商品説明 和陶房 九谷焼のそばちょこのご紹介です。 和陶房の器は石川県能美市で作られています。九谷焼従来の技法を生かしつつ、生活に役立つ使いやすい形と、白磁・染付・赤絵の料理に映える絵付けをこだわり、手作りの和の器作りに励んでおります。蕎麦猪口は、蕎麦猪口以外にも器としても多用途に使える器なので、古典文様から、新しいデザインまで幅広くお作りしました。一点一点、轆轤で手引き、手描きでお作りしております。轆轤を引く際に、歪み易い形状ではありますが、軽くて薄い作りが自慢の蕎麦猪口です。お気に入りの絵柄の蕎麦猪口で、美味しいお蕎麦はいかがですか。お蕎麦だけでなく、小鉢やお湯呑としてもお使いいただける、使い勝手の良い器です。アイスクリームやヨーグルトなども楽しめますよ。 九谷焼 九谷焼は、明暦元年(1655)に、加賀藩の命により、有田で陶技を学んだ後藤才治郎が、江沼郡九谷村で開窯したのが始まりです。しかし、わずか100年たらずで廃窯。原因はいまだ定かではありませんが、この間に焼かれたものを、現在「古九谷」と呼んでいます。廃窯後100年は、日本の陶器といえば伊万里焼でした。ところが、江戸後期に、瀬戸で磁器産業が成功したことをきっかけに、加賀でも、春日山焼や若杉焼が作られ始めました。さらに、その若杉焼が成功したことで、かつて古九谷を生み出した大聖寺藩でも、古九谷再興の動きが強まりました。その中心人物が、大聖寺の豪商、吉田屋伝右衛門だったのです。文政六年(1823)、九谷村の古九谷窯跡の横に登窯を築き、翌年、九谷焼を焼き始めました。明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。そのきっかけとなったのが明治6年(1873)のウィーン万博です。「ジャパンクタニ...

和陶房 九谷焼 蕎麦猪口 色絵 波うさぎ 手描き 古典文様 轆轤手引き そば猪口 そばちょこ

家具のマルケン 楽天市場店

2,808

和陶房 九谷焼 蕎麦猪口 色絵 波うさぎ 手描き 古典文様 轆轤手引き そば猪口 そばちょこ

商品説明 和陶房 九谷焼のそばちょこのご紹介です。 和陶房の器は石川県能美市で作られています。九谷焼従来の技法を生かしつつ、生活に役立つ使いやすい形と、白磁・染付・赤絵の料理に映える絵付けをこだわり、手作りの和の器作りに励んでおります。蕎麦猪口は、蕎麦猪口以外にも器としても多用途に使える器なので、古典文様から、新しいデザインまで幅広くお作りしました。一点一点、轆轤で手引き、手描きでお作りしております。轆轤を引く際に、歪み易い形状ではありますが、軽くて薄い作りが自慢の蕎麦猪口です。お気に入りの絵柄の蕎麦猪口で、美味しいお蕎麦はいかがですか。お蕎麦だけでなく、小鉢やお湯呑としてもお使いいただける、使い勝手の良い器です。アイスクリームやヨーグルトなども楽しめますよ。 九谷焼 九谷焼は、明暦元年(1655)に、加賀藩の命により、有田で陶技を学んだ後藤才治郎が、江沼郡九谷村で開窯したのが始まりです。しかし、わずか100年たらずで廃窯。原因はいまだ定かではありませんが、この間に焼かれたものを、現在「古九谷」と呼んでいます。廃窯後100年は、日本の陶器といえば伊万里焼でした。ところが、江戸後期に、瀬戸で磁器産業が成功したことをきっかけに、加賀でも、春日山焼や若杉焼が作られ始めました。さらに、その若杉焼が成功したことで、かつて古九谷を生み出した大聖寺藩でも、古九谷再興の動きが強まりました。その中心人物が、大聖寺の豪商、吉田屋伝右衛門だったのです。文政六年(1823)、九谷村の古九谷窯跡の横に登窯を築き、翌年、九谷焼を焼き始めました。明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。そのきっかけとなったのが明治6年(1873)のウィーン万博です。「ジャパンクタニ...

【砥部焼 梅山窯】赤巻赤線のそばちょこ

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

1,080

【砥部焼 梅山窯】赤巻赤線のそばちょこ

赤巻赤線のそばちょこ 白磁に映える赤いライン。コーヒーも良く似合うモダンな雰囲気のそばちょこ。 梅山窯ばいざんがま 厚手のなめらかな白磁に、赤のラインがきれいなそばちょこ。縁を茶色に染めたかわりに、そばちょこの中にはラインを引かずに仕上げています。ほんのり青味掛かった白磁です。底には梅山窯さんの「梅」の文字。梅山窯さんの「そばちょこ」は高台は釉薬(ゆうやく)が掛かっているので、つるりとしています。そばちょこは重なりがいいのもうれしいところ。3個重ねると12cmくらいです。「ごす細赤線のそばちょこ」と揃えても♪ 持ちやく、口当たりもいいのでカップとしても重宝します。そばちょこは、万能な器として多用途に使えるのも魅力。コーヒーやアイス、小鉢に茶碗蒸しにデザートカップに・・といろいろな使い方をお楽しみいただけます。デザートカップとしても♪マリン風な雰囲気もあるので、カジュアルな使い方も似合います。和にも洋にも、シックにもカジュアルにもなります♪白磁に映える赤が印象的。シンプルな絵柄ですが手描きならではの味わいを感じます。そばちょこの口縁に鉄を塗った「縁紅」が味わい深い。そばちょこひとつひとつ、手描きらしい微妙な違いがあります。大きすぎず、小さすぎす定番の大きさ形です。はがきと比べて。 商品の詳細につきまして 商品名 赤巻赤線のそばちょこ 商品番号 B404 サイズ 径8,5cm×高さ7cm前後 電子レンジ ○ 重さ・容量 170〜195g前後 ・ 200cc / 8分目で150ccくらい オーブン ○ 色・特徴 なめらかな白磁 鉄茶の縁、赤の上絵付け 食洗機 ○ ●手作り品のため、ひとつひとつ、形・大きさ・絵付けの色合いなど微妙に異なります。 画像、表示サイズとまったく同じではございませんこと、何卒ご了承ください。...

馬場商店 そば猪口 蕎麦猪口大事典 和文 赤 WMA 波佐見焼 食器 器 蕎麦猪口 そばちょこ 和風 おしゃれ 和モダン プレゼント ギフト 手書き 手描き 磁器 レンジ 食洗機 小鉢 日本製 国産

HEADFOOTmixism

1,944

馬場商店 そば猪口 蕎麦猪口大事典 和文 赤 WMA 波佐見焼 食器 器 蕎麦猪口 そばちょこ 和風 おしゃれ 和モダン プレゼント ギフト 手書き 手描き 磁器 レンジ 食洗機 小鉢 日本製 国産

▲その他の『馬場商店 』のアイテム一覧を見るブランド 馬場商店 商品名 蕎麦猪口大事典 そば猪口 和文 赤 ブランド説明 馬場商店の陶磁器は、長崎県波佐見町と佐賀県有田町で作られています。隣接する二つの県は、その昔「肥前国」と呼ばれた一つの国でした。 肥前国で焼かれていた磁器は“伊万里焼”や“肥前磁器”と呼ばれており、400年もの間、窯の火を絶やさずに守り続けてきた長い歴史の中で固有の伝統と技術を育んできました。 馬場商店は日本や産地の伝統と向き合い、技術の知識を高め、現代の文化との関わりを考えながら私たちのフィルターを通した「和」を提案しています。 生産国 日本製 波佐見 製品説明 「蕎麦猪口(そばちょこ)」と呼ばれ、400年前から現代まで、その形をほぼ変えることなく親しまれている台形型の器の原点は、肥前国(佐賀県・長崎県)で生産され、伊万里港から全国に出荷していた伊万里焼といわれています。 そば猪口の本来の用途はそばを食べるものではなく、祝儀や会席の膳で、刺身、和え物、塩辛などを盛って出す小鉢(向付)でしたが、江戸時代に入り庶民の間ではそば屋が大流行。そば猪口は蕎麦のツユ入れの他、蕎麦前と呼ばれる食前酒の盃としても使用され、全国津々浦々に流通し、瞬く間に広がっていきました。 そして、流行や文化を反映した膨大な数のデザインが生みだされていったのです。 馬場商店の商品は、長崎県東彼杵郡波佐見町で作られています。 馬場商店は、波佐見焼の産地が得意とする多様な技法を活かし、小さな器の中に職人の技とカルチャーをつめこんで、バラエティー豊かなそば猪口をお届けしています。 江戸時代にそば猪口が大流行し、豊富なデザインが生み出されました。その中でも繰り返し描かれている文様を5種類厳選しました。 蛸唐草文 唐草文様はつる草が絡み合って曲線を描く文様...

面取そば猪口 染錦和十草 (有田焼 そう太窯 蕎麦猪口)

Blue Giraffe

1,944

面取そば猪口 染錦和十草 (有田焼 そう太窯 蕎麦猪口)

サイズ 直径82mm×高さ70mm 調理器具 食器洗浄機:○ 電子レンジ:○ オーブン :× コメント 十草と水玉模様を組み合わせたそば猪口です。現代風な雰囲気ですが、昔からある伝統的なデザインも感じられます。「面取り」といわれる表面を削った仕様で、持った時にしっかりと手になじみます。 楽天市場・通信販売・通販・ショッピング・オンラインショッピング・買い物・プレゼント・ギフト・贈り物・贈答品・お中元・お歳暮・お買い得・有田焼・伊万里焼・そば猪口・蕎麦猪口・そばちょこ・箸置き・箸おき・はしおき・結婚祝い・引き出物・出産祝い・退職祝い・長寿祝い・外国の方へのプレゼント・誕生日・フリーカップ・のし・梱包無料・ブルージラフ・Blue Giraffe染錦和十草 十草と水玉模様を組み合わせたそば猪口です。現代風な雰囲気ですが、昔からある伝統的なデザインも感じられます。「面取り」といわれる表面を削った仕様で、持った時にしっかりと手になじみます。 「面取り」といわれる表面を削った仕様で持った時にしっかりと手になじみます 中はシンプルに白地、上部縁取りに染錦和十草 安定感のある底で、形もすっきりしているので重ねられます 十草と水玉模様を組み合わせた柄は現代風な雰囲気ですが、昔からある伝統的なデザインも感じられます コーヒーやお茶を飲む器としても、お洒落で使いやすい!

松助窯 マルチカップ 黒ミカゲ黄色粉引 粗削り (美濃焼,手作り,和食器,陶器,和風,焼酎,ロック,そばちょこ,蕎麦,ざるそば,蕎麦猪口,湯のみ,湯飲み,湯呑み,フリーカップ)

白いごはん器のお店ライスボール

1,380

松助窯 マルチカップ 黒ミカゲ黄色粉引 粗削り (美濃焼,手作り,和食器,陶器,和風,焼酎,ロック,そばちょこ,蕎麦,ざるそば,蕎麦猪口,湯のみ,湯飲み,湯呑み,フリーカップ)

SPEC 素材:陶器 サイズ:φ94×高さ74mm 満水時250cc(8分目200cc) 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗は別途料金で承ります。 (こちらよりご購入下さい。)【松助窯】 ミカゲ粗陶土を丹念に空気を抜き たたらにしてロクロ成型その形の原型が出来上がる。 熟練にしかできない削りだしはその器のシェイプを決定する 大切な作業。 ひとつの気も抜けない作業に器の色彩を決定する釉薬を掛ける 高温で窯で焼成すると 鮮やかな色彩と素材の質感がひとつになり 松助窯の器が完成する。 ミカゲ粗陶土はひとつとして同じ表情には仕上がらない 頑固なミカゲ粗陶土です。 色彩が食卓を豊かにします。 ご家族でご使用可能です。 手作りにこだわった商品です。 質感ある手作りの器。 使う人をついつい笑顔にさせてしまいます。 シンプルで使いやすいです。 和食にぴったり、もちろんイタリアンや洋食にも お使いいただけます。 シンプルでナチュラルな食卓にどうぞ 窯の温度やその日の環境などによりの為ひとつひとつ焼き上がりが違います。 温かみのある手触りとほど良い厚みで、手にしっくりなじみます。 思わず手に取ってみたくなるような、形も質感も“人の手”を感じる温かな印象です。 和食器のぬくもりに手作り土物質感のろくろのやわらかさが伝わってきます。 手作り陶器の変化をお楽しみください。

【砥部焼 梅山窯】ひまわりのそばちょこ

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

972

【砥部焼 梅山窯】ひまわりのそばちょこ

ひまわりのそばちょこ 藍色で表現された明るく元気な「ひまわり」が印象的なそばちょこ。 梅山窯ばいざんがま 厚手のなめらかな白磁のそばちょこ。藍色一色で表現された明るくかわいい「ひまわり」の絵柄が印象的。ひまわりの絵柄が2ヶ所描かれています。「そばちょこ」なかの縁近くに、1本の細いライン。そばちょこは重なりがいいのもうれしいところ。3個重ねると12cmくらいです。そばちょこひとつひとつ、手描きらしい微妙な違いがあります。はがきと比べて。 使い方やお料理によって、和にも洋にも、シックにもカジュアルにもなります。デザートカップとしても素敵♪そばちょこは、万能な器として多用途に使えるのも魅力。コーヒーやアイス、小鉢に茶碗蒸しに・・といろいろな使い方をお楽しみいただけます。スープカップとしても。かわいらしく明るい絵柄なので朝食にもぴったり♪藍色の濃淡や柔らかい筆使いに手描きならではの味わいを感じます。ほんのり青味掛かった白磁です。底には梅山窯さんの「梅」の文字。梅山窯さんの「そばちょこ」の高台は釉薬(ゆうやく)が掛かっているので、つるりとしています。大きすぎず、小さすぎす定番の大きさ形です。持ちやく、口当たりもいいのでカップとしても重宝します。 商品の詳細につきまして 商品名 ひまわりのそばちょこ 商品番号 B330 サイズ 径8,5cm×高さ7cm 電子レンジ ○ 重さ・容量 170〜195g前後200cc / 8分目で150ccくらい オーブン ○ 色・特徴 象牙色の白磁 藍色の染付け 食洗機 ○ ●手作り品のため、ひとつひとつ、形・大きさ・絵付けの色合いなど微妙に異なります。 画像、表示サイズとまったく同じではございませんこと、何卒ご了承ください。●基本的に金彩以外はオーブンをお使いいただけますが、藍色以外の色絵付けは変色の可能性がござい...

優れものキッチン雑貨の小鹿田焼窯元、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な小鹿田焼窯元が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「小鹿田焼窯元」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ