「土佐包丁」 の検索結果 218件

送料無料
あす楽 送料無料 武峰作 黒打 小包丁 青紙一号 105mm 和式 #241431 庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 文化 万能 鍛造 安来 ※沖縄...

堺の刃物屋さん こかじ

4,180

あす楽 送料無料 武峰作 黒打 小包丁 青紙一号 105mm 和式 #241431 庖丁 ナイフ 青鋼 カミソリ武峰 邑田武峰 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物 文化 万能 鍛造 安来 ※沖縄...

■仕様/スペック 刃渡り:105mm 全長:235mm 刃幅:35mm 刃厚(峰):3.0mm 重さ:56g 刃材:青紙一号(両刃) ■鍛冶職人:邑田武男 1949年高知県須崎市生まれ。鍛冶職人として名人と謳われた叔父戸梶氏に16歳で入門。 戸梶家は代々刀匠の伝統技術を受け継いでおり、邑田氏はその技術習得のため約10年間叔父の下で 修行を重ね、32歳で独立した際には、すでに現在の作品の数々を支える独自の鍛造技術を確立していました。 南国市にある工房では、スタンダードな形状から依頼を受けた特殊包丁まで、 さまざまな名品といわれるモデルが生み出されます。 ベルトハンマーの脇にすえられた金床の上には40ワットの電球が下がっています。 そのほの暗い光が、正しい加工温度を肉眼で判断する最適な環境なのです。 熱せられた金属の色を見極め、絶妙なタイミングで加工を施すことで、鋼に命が与えられ、 名品と称される邑田氏の包丁が作られていきます。 2009年、邑田氏は高知県を代表する名工のみに贈られる「土佐の匠」を受賞し、 その成熟した匠の技をいかんなく発揮し続けています。 ■黒打仕上げ(くろうち) 包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、 黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。 多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、 邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。 そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく、酸化皮膜をあえて残すことで実用的な耐錆効果を出しています。

優れものキッチン雑貨の土佐包丁、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な土佐包丁が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「土佐包丁」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ