「器作家」 の検索結果 1,363件

【茶道具 楽茶碗】黒楽茶碗 佐々木松楽作

茶道具専門店 芳香園

7,620

【茶道具 楽茶碗】黒楽茶碗 佐々木松楽作

■ 商品名:黒楽茶碗 ■ 作家:佐々木松楽(京都) ■ 寸法:直径12.0cm×8.8cm ■ 梱包:化粧箱【茶道具 抹茶碗】 黒楽茶碗 佐々木松楽作 商品詳細 ■ 商品名:黒楽茶碗 ■ 作家:佐々木松楽(京都) ■ 寸法:直径12.0cm×8.8cm ■ 梱包:化粧箱 ※一つ一つ手作りのため、景色や形が多少変わります。 サイズは、おおよその目安としてお考えください。 楽焼茶碗 (らくやきちゃわん) 楽焼は天正の初めごろから始まった焼物で、京都で生まれ、京都で育った唯一の焼物です。 釉色から、赤、黒、白色などがあります。 利休の精神が生かされ、轆轤(ろくろ)を使わず手捏ねで成形して箆(へら)で仕上げます。 一般の器とは異なり、お茶を喫する為に作られたまさに茶の湯のための茶碗といえます。 (鋏(ヤットコ)のはさみ跡) 千利休が指導し、長次郎に作らせた楽茶碗は、お茶を喫する為に作られた最初の和物茶碗と云われています。 また楽茶碗の中でも黒楽は、他の焼き物とは、窯及び、焼き方がまったく異なっています。 窯の中を120度近くの高温に保ちながら釉薬を施した茶碗を長いベンチのような鋏で、茶碗の縁を、はさんで窯の中に入れます。 3分から5分焼成後、真っ赤に釉薬が溶けたところで、再び茶碗の縁を鋏ではさんで窯より出します。 その時、溶けた茶碗の縁に『はさみ跡』と言われる凹みが出来ます。 釉薬の溶けた茶碗が外気に触れることにより釉薬の温度が急激に下がります。 この温度の変化が釉薬を黒く発色させます。 楽家歴代では、代々使う鋏を変えていると云われています。 ですから、古く茶人の間では、溶けた釉薬をはさみ出す、はさみ跡を景色と見立て、また作者の特徴をあらわす印として『はさみ跡』は、興味深く見られています。

glasscalico グラスキャリコ ハンドメイド ガラス酒器 ミナモ 片口 冷酒器

酒器・グラスの専門店 美酒器や

4,860

glasscalico グラスキャリコ ハンドメイド ガラス酒器 ミナモ 片口 冷酒器

神奈川県小田原市に工房を構える、ガラス作家、glass calico(グラスキャリコ) 岩沢達(Iwasawa Tatsu)さんの作品。工房の目の前に広がる、海の、揺らぎや二度と同じものがない水面の表情をイメージした作品です。透き通ったガラスにあえて歪み(ゆがみ)を加え、アシンメトリーなデザインに仕上がっています。佇まいは海の水面(ミナモ)そのもの。光を浴びると一層表情が豊かになります。辛口の冷えた日本酒を注いで、その日の『ミナモ』の表情をお楽しみください。※この商品は、岩沢氏によるハンドメイド作品です。形状や色など、ひとつひとつ個体差があります。また、歪み(ゆがみ)をコンセプトとしていますので、明確な個体差があります。個体差はハンドメイドの良さ、作品の個性としてお楽しみください。本体サイズの表記は、目安のサイズです。本体サイズ: 約8.5cm × 12cm作家:岩沢達(Tatsu Iwasawa)日本製(made in japan)キーワード/ ギフト プレゼント おしゃれ 新築祝 引越し祝 退職祝 誕生日 敬老の日 父の日 母の日 お歳暮 お中元 お祝 記念品 冷酒 徳利 ぐい呑 おちょこ 晩酌 家飲み 家呑み神奈川県小田原市に工房を構える、ガラス作家、 glass calico(グラスキャリコ) 岩沢達(Iwasawa Tatsu)さんの手によって1点1点大切に作られた作品。 工房の眼下に広がる大きな海。水面は、波や風でゆらゆら揺れ、 陽の光を浴びてキラキラ輝き、その時どきでいろいろな表情を見せてくれます。 その瞬間の表情をイメージし、ハンドメイドで製作されたのが、この『ミナモ』です。 透き通ったガラスにあえて歪み(ゆがみ)を加え、 アシンメトリーなデザインに仕上がっています。 佇まいは海の水面(もなも)そのもの。...

【別注】【ななかまど for SALON】小鍋×片手パンセット

jadore-jun

8,640

【別注】【ななかまど for SALON】小鍋×片手パンセット

新米の季節!!ふっくらおいしいご飯を土鍋で。ひとつひとつ丁寧につくられた土鍋が登場!!2合炊きの小鍋と小さめのサイズの片手パンセットです。すべて手引きで作り上げ、SALONのために特別なデザインの土鍋を製作いただきました。太ボーダーとマルチボーダーの2タイプ。小鍋は、2人分のふっくら熱々の白米や炊き込みご飯が簡単に炊けます。小ぶりですが深さがあるので麺類や雑炊、ポトフやシチューなどにも◎片手パンは、お肉を焼いたり炒めたり、朝食に目玉焼きや1人用の親子丼など、フライパン感覚で使い方は多種多様。作ったらそのまま器として使るので、とっても便利。忙しい時の強力な味方です。一人用に丁度よい、考えられた大きさです。【陶房ななかまど】「陶房ななかまど」は石川県金沢市にあるやき物工房。陶芸作家である小林 大さん・かのこさんの2人が中心となり、毎日のごはんが美味しく炊ける炊飯土鍋を中心に、片手鍋、キャセロール、スープカップなどお料理が楽しく美味しくなるような土鍋や器を作陶しています。「ななかまど」の名前の由来は、日本の寒い地域の落葉広葉樹と'七回かまどで炊いても燃え尽きない'という丈夫な土鍋作りからきています。モノがあふれ大量消費の時代に、誰かの心を動かすことのできる 「力のあるモノ」をモットーに日々ものづくりをしています。**********************************************アダム エ ロペのライフスタイル提案ショップ「SALON adam et rope'(サロン アダム エ ロペ)」ファッション同じくらい食べることが好きな人へ食を中心としたスタイリッシュな生活を提案するアダム エ ロペのコンセプトショップ。'DELICIOUS FASHION 'をテーマに今、一番食べたい'が見つかる旬のフードと素材、...

極上花見重箱【木曽の漆器よし彦】

漆器 よし彦

1,300,000

極上花見重箱【木曽の漆器よし彦】

花をめでる・・・ 自然のうつろいを愉しみ、旬の時を大切に思う・・・そんな、日本の伝統を大切に、日本古来の漆器として作り上げた逸品です 贅沢な作りというよりも、良質にこだわりをもった作風の、漆芸作家関谷浩二さんの作品です 漆芸家・関谷浩二作品 台付五段重箱扇面 ご使用にはまったく問題ございませんが、少々難あり(若干のスレがございます) こちらの商品につましては一品作品につき、お支払い方法を「銀行振込」と「クレジットカード」決済に限らせていただきます お客様のご都合によるキャンセルはお受けできませんのでご了承下さい ※組み込みの内容・写真の器がすべて組み込まれます 【写真1】四段重箱高さ20センチ・17センチ×15センチ 【写真2】酒次 高さ14センチ 15センチ×9センチ 【写真3】角皿 17センチ×15センチ 【写真4】絵変わり長角皿 15センチ×8センチ 【写真5】収納箱高さ26センチ 27.5センチ×15.5センチ ●材質・木曽ひのき 塗り・黒漆手塗り渕金 蒔絵・金蒔絵焼き金高もり蒔絵 どれも最高峰の仕事でしあげられた、花見重箱でございます     楽天国際配送対象商品(海外配送)     Rakuten International Shipping Item日本の四季を重箱に

備前焼 作家岡本白水作 徳利

工房Hekizan

2,300

備前焼 作家岡本白水作 徳利

備前焼 徳利 焼きのいい、少し小ぶりの安定感がある徳利です。 焼き色は 落ち着いた雰囲気で、片面に黄ゴマがかかっています。 口部分は3ヵ所押さえてあり、注ぎ易いです。ウエスト部分を少し絞っている為、持ちやすくなっています。 お酒だけでは無く 一輪挿しの器としても良いと思います。 高さ約 91mm 幅 約 86mm 重さ約 217g 内容量 口部分から約10mm引いた所で計量 約 230cc 紙箱に包装をしてお届け致します。 《岡本白水 略歴》 1969年 岡山市に生まれる 15才より父である備前焼作家、 故岡本碧山に学ぶ 1996年 倉敷カトリック教会 陶板レリーフ「キリストの道行」制作 2000年 様々なアートと、備前焼とのジャンルを超えた融合を コンセプトに工房ヘキザン設立 備前焼で作った楽器による演奏会(陶音ライブ)を実施 岡山電気軌道 夏のイベント(風鈴電車)風鈴制作 現在作陶の傍ら、個展や岡山市内数ヵ所の公民館にて陶芸教室の講師等、幅広く活躍。 出来る限り実物に近い撮影・掲載を心がけておりますが、 お使いのPCの環境や携帯電話スマートフォン等、 色の見え方に若干の違いが生じる場合がございます。ご理解をお願いいたします。小ぶりで安定感がある徳利です。

送料無料
和食器 焼締注器 作家「荒木義隆」

うつわや悠々

21,600

和食器 焼締注器 作家「荒木義隆」

食卓を少しいつもと違う雰囲気に変えたい時に ぴったりです。土味とどこか異国を想わせる色 彩が絶妙に溶け合った作品。使い易い大きさで 夏でも冬でも四季を問わず合います! ■素材 陶器 ■サイズ 径約9cm×約13cm(口先含む) 高約13cm ■手触り ざらっとしています。 ■重量 約315g ■容量 約250cc荒木義隆/Yoshitaka Araki (Japan,Kyoto 1942 - ) 昭和17年京都生まれ。 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事。 昭和41年京都山科にて独立。 昭和43年炭山工芸村設立に参加。 工房を宇治市炭山に移転。 昭和54年新宿京王百貨店にて初個展。 毎年 東京、神戸、広島等にて個展を開催。 昭和55年招請を受け技術指導のため中国各地へ。 昭和63年招請を受け技術指導のためベトナムへ。 ハノイ市、ホーチミン市、他。 ベトナムにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年招請を受けラオスへ。 ビエンチャンにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年作品集「うつわあそび」発行。 平成 4年ベトナム、ラオス行 5年の区切りとして。 ハノイ・ビエンチャン・京都展 玉川高島屋。 平成4年能登門前町に穴窯 門前小僧窯を築窯。 平成4年ハノイにて現代の安南陶器展。 平成7年ハノイにて第二回現代の安南陶器展。

和食器 美濃粉引珈琲碗  作家「林隆一郎」

うつわや悠々

10,800

和食器 美濃粉引珈琲碗 作家「林隆一郎」

やきものの本場、岐阜県・土岐市で作陶する林隆一郎さんの美濃粉引デザイン。 伝統を受け継ぎながらも現代の和のデザインへ。 使うほどに味わい深くなる作品。 ■素材 陶器 ■サイズ カップ:径約7.5cm 高さ約8cm ソーサ:径約13cm 高さ約2.5cm ■手触り 釉薬部分はさらっとし、高台はざらっとしています。 ■重量 約490g ■容量 約180cc林 隆一郎/Ryuichiro Hayashi (Japan,Kyoto 1942 - ) 1942土岐市生まれ 1974第21回日本伝統工芸展 入選 1975朝日陶芸展 入選 東海伝統工芸展 入選('76) 1979第6回美濃陶芸展 中日奨励賞「青瓷花入」 1982独立 1984第11回美濃陶芸展 中日奨励賞「青瓷三筋鉢」 1986中部経済新聞社 創刊40周年記念中部選抜名陶展 第1回国際陶磁器フェスティバル美濃'86 陶芸部門 入選「青磁六角壷」 1987岐阜県美術館 於 国際陶磁器 フェスティバル美濃'86選抜展 県庁知事室に青磁六角壷展示 岐阜県根尾村淡墨桜の道標べ歌碑建立の為 「天の夕顔」の小説家 中河与一先生 水墨画井上喜斎氏と 書画陶一如展開く 1991中部経済新聞社 創刊45周年記念中部選抜名陶展 2000NTTドコモギャラリー 於 「美濃陶芸俊英3人展」 岐阜県陶磁資料館 於 「美濃陶芸俊英6人展」 美濃焼伝統産業会館 於 「青磁・白磁展」 2002第29回美濃陶芸展 中日奨励賞「風の詩02」 2003第30回美濃陶芸展 中日奨励賞「風の詩03」 2004平成16年度陶芸桔梗賞「風の詩04」 美濃陶芸協会会員

優れものキッチン雑貨の器作家、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な器作家が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「器作家」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ