「作陶」 の検索結果 384件

新品 一点物 京焼 清水焼 作家物 【鎌田幸二】 天目掛分 花瓶 陶器 窯元に有る展示分ですので窯元の在庫が無くなり次第終了です。No.197

京極堂

270,000

新品 一点物 京焼 清水焼 作家物 【鎌田幸二】 天目掛分 花瓶 陶器 窯元に有る展示分ですので窯元の在庫が無くなり次第終了です。No.197

商品詳細 商品名 新品 一点物 京焼 清水焼 作家物 【鎌田幸二】 天目掛分 花瓶 陶器 窯元に有る展示分ですので窯元の在庫が無くなり次第終了です。No.197 作陶家情報 商品は画像の物のみになります。 二度と手に入らない一点物です。 作陶家:鎌田幸二 作家陶歴 1948年 京都に生まれる 1966年 京都府立桃山高等学校卒業 1968年 作陶を志し五条坂清水正氏の指導を受ける 1971年 京都府立陶工訓練校専攻科修了 同校指導員(京都府技師)となる 五条坂共同登窯「鐘鋳窯」にて天目の研究を始める 1973年 第二回日本工芸会近畿支部入選 第二十回日本伝統工芸展初入選 1976年 日本工芸会正会員に推される 1977年 京都府技師(指導員)を辞し作陶に専念する 1978年 セントラル・ギャラリー(大阪)にて初個展 1980年 五条坂共同登窯休止の為自宅にガス炉を築窯 1987年 第1十六回日本工芸会近畿支部展にて京都府教育委員会委員長賞受賞 1988年 重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会にて清水卯一氏の薫陶を受ける (平成元年に第2回を受講、平成2年以降「栩卯会」として研修会に参加) 1994年 京都、高島屋(京都店・岐阜店)にて「作陶二十五周年記念展」 1997年 ニューヨークにて「天目・青磁二人展」 1999年 東京日本橋高島屋にて「作陶三十年記念展」 2002年 パリにて「陶・漆二人展」 2007年 第三十六回日本伝統工芸近畿展にて鑑審査委員 (2003年より毎年) 作品サイズ ◆作品サイズ 径14.5×高27cm コメント 敬老の日、父の日、母の日、こどもの日、 ひな祭り、お食初め等お祝い事に是非どうぞ。 配送・送料について ◆配送について 【業者】ヤマト運輸 【送料料金表】全国一律料金:800円...

お買い物マラソン
和食器 安南5寸皿 作家「荒木義隆」

うつわや悠々

3,780

和食器 安南5寸皿 作家「荒木義隆」

食卓を少しいつもと違う雰囲気に変えたい時に ぴったりです。土味とどこか異国を想わせる色 彩が絶妙に溶け合った作品。使い易い大きさで 夏でも冬でも四季を問わず合います! ■素材 陶器 ■サイズ 径約15.5cm 高さ約2.5cm ■手触り つるっとしています。高台はざらっと。少しマットな質感です。 ■重量 約240g荒木義隆/Yoshitaka Araki (Japan,Kyoto 1942 - ) 昭和17年京都生まれ。 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事。 昭和41年京都山科にて独立。 昭和43年炭山工芸村設立に参加。 工房を宇治市炭山に移転。 昭和54年新宿京王百貨店にて初個展。 毎年 東京、神戸、広島等にて個展を開催。 昭和55年招請を受け技術指導のため中国各地へ。 昭和63年招請を受け技術指導のためベトナムへ。 ハノイ市、ホーチミン市、他。 ベトナムにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年招請を受けラオスへ。 ビエンチャンにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年作品集「うつわあそび」発行。 平成 4年ベトナム、ラオス行 5年の区切りとして。 ハノイ・ビエンチャン・京都展 玉川高島屋。 平成4年能登門前町に穴窯 門前小僧窯を築窯。 平成4年ハノイにて現代の安南陶器展。 平成7年ハノイにて第二回現代の安南陶器展。

お買い物マラソン
送料無料
備前窯変徳利(四方波文)

日本橋ギャラリー紫苑

34,560

備前窯変徳利(四方波文)

サイズ 径 約 8.7cm 高さ 約 14.4cm容量 約 350cc 付属品 真田紐付桐共箱、共裂、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 備前窯変徳利(四方波文) 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前窯変徳利(四方波文)です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前窯変徳利(四方波文)をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。備前でコロガシと呼ばれる希少な窯変です。ロクロで成形後面取りした大変手間の掛るこだわりの作品です。 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年...

お買い物マラソン
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「作陶」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ