「九谷焼赤絵」 の検索結果 127件

九谷焼スタンドランプ/黒猫シルエット 澤田郁美 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

19,980

九谷焼スタンドランプ/黒猫シルエット 澤田郁美 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

猫のシルエットが愛らしく空間を彩る九谷焼のスタンドランプ。深みのある赤い花に戯れる黒猫たち。いや、よく見ると猫のシルエットです。ランプの優しい光に照らされて、艶のある白磁を舞台に飛び回る猫の姿は、愛らしさとともに幻想的な趣も醸し出します。この作品を手がけたのは澤田郁美さん。日展作家で同じく伝統工芸士の義父、澤田富雄(穂光)氏の薫陶を受けた澤田さんは、平成18年に創造美術展初入選、石野賞受賞を機に、数々の賞を受賞。平成24年に九谷焼の伝統工芸士に認定されました。花や動物をモチーフにすることが多いという澤田さんの作品は、赤・黄・緑・紫・紺青の“九谷五彩”だけでなく、中間色を巧みに用いた女性らしい色使いが特徴。マグカップなど生活に取り入れやすい作品も多く手がけ、人気を博しています。 「ご近所の猫に接することが多いのですが、その愛らしい仕草や眼差しにとても癒されています」と澤田さん。今回のランプに描かれた猫も、女流職人である澤田さんならではの人気のモチーフです。赤絵で表現した九谷焼の伝統的な唐草模様に、「艶黒」という黒呉須で描いたシルエットの猫が見事に調和。ランプとして使わない時も、モダンなインテリアとして愉しめます。 「伝統的な技法と現代的な猫の姿をマッチさせるのに苦労しました。猫ちゃんの愛らしい姿に和んでいただければ幸いです」と澤田さん。部屋に馴染みやすいクラシカルな形も魅力。ベッドサイドやリビングなどに置いて、ほのかな灯りとともに愉しんでください。

九谷和グラス 九谷ちろり 赤絵鳥文

全2商品

27,000

九谷和グラス 九谷ちろり 赤絵鳥文

〔サイズ〕 幅 175mm 奥行 130mm (持ち手含む)高さ 150mm 容量 360ml 〔材質〕 ガラス器:耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)、取っ手:真鍮(銀メッキ)、バンド:ステンレス、 氷入れ:磁器(九谷焼)、氷止め:ポリエチレン(耐熱温度80℃) 木箱入り =九谷和グラスとは= 九谷和グラスは石川県が誇る伝統的工芸品・九谷焼きと、 東京に古くから伝わる江戸硝子が融合して生まれた 現代のライフスタイルのための『新しい伝統工芸』です。 九谷焼きと江戸硝子、それぞれが受け継いだ伝統に恥じぬよう、 作家・職人がひとつひとつを丁寧に手作りしており、 現代の生活に気軽に取り入れることのできる工芸作品として 格式を感じさせるテーブルウェアとして、高く評価されています。 ■ガラス部分について 気泡が見られる場合がございますが、吹き硝子の特徴ですのでご理解下さい。 ■脚部分について 絵柄は全て手描きですので色味や雰囲気などがその都度若干異なる場合がございます。 あらかじめご了承下さい。 ■接合部分について ガラスと時期の脚を接合する作業は全て手作業によるものでございます。 細心の注意をはらい接合しておりますが、若干の傾きがある場合がございます。 ご使用に支障のない程度の傾きはご了承下さい。 接合面に気泡が見られる場合が御座いますが、ご使用に差し支えるものではございません。 予めご了承下さいませ。

九谷和グラス 九谷ちろりセット 赤絵鳥文

全2商品

41,040

九谷和グラス 九谷ちろりセット 赤絵鳥文

〔サイズ〕 【ちろり】幅 175mm 奥行 130mm (持ち手含む)高さ 150mm 容量 360ml 【ショットグラスS】口径 55mm 高さ 70mm 容量 60mm 〔材質〕 【ちろり】ガラス器:耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)、取っ手:真鍮(銀メッキ)、 バンド:ステンレス、氷入れ:磁器(九谷焼)、氷止め:ポリエチレン(耐熱温度80℃) 【ショットグラスS】磁器(九谷焼)・ガラス <ファインクリスタル> 世界水準の輝きと光沢、透明感に優れ、かつ硬く傷がつきにくい特長を持ち、 日本と欧州それぞれのクリスタルガラスの定義を満たすのがファインクリスタルです。 木箱入り =九谷和グラスとは= 九谷和グラスは石川県が誇る伝統的工芸品・九谷焼きと、 東京に古くから伝わる江戸硝子が融合して生まれた 現代のライフスタイルのための『新しい伝統工芸』です。 九谷焼きと江戸硝子、それぞれが受け継いだ伝統に恥じぬよう、 作家・職人がひとつひとつを丁寧に手作りしており、 現代の生活に気軽に取り入れることのできる工芸作品として 格式を感じさせるテーブルウェアとして、高く評価されています。 ■ガラス部分について 気泡が見られる場合がございますが、吹き硝子の特徴ですのでご理解下さい。 ■脚部分について 絵柄は全て手描きですので色味や雰囲気などがその都度若干異なる場合がございます。 あらかじめご了承下さい。 ■接合部分について ガラスと時期の脚を接合する作業は全て手作業によるものでございます。 細心の注意をはらい接合しておりますが、若干の傾きがある場合がございます。 ご使用に支障のない程度の傾きはご了承下さい。 接合面に気泡が見られる場合が御座いますが、ご使用に差し支えるものではございません。 予めご了承下さいませ。

送料無料
【九谷焼】蓋付汲出揃 赤絵鳳凰/福田良則

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

64,800

【九谷焼】蓋付汲出揃 赤絵鳳凰/福田良則

【九谷焼】蓋付汲出揃 赤絵鳳凰/福田良則【九谷焼】蓋付汲出揃 赤絵鳳凰/福田良則 商品説明 <約360年続く歴史ある、九谷焼の世界> 九谷焼の特徴は、「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。 絵柄は大胆な上絵付けがなされており、力強い印象を与えます。 こちらの商品は日用使いにも贈り物にもおすすめです。 九谷焼の色彩の深みと厚く盛り上げる着彩の、風合いをお楽しみください。 商品詳細情報 商品サイズ 径8.7×高さ7.3cm 箱の種類 木箱 作家 福田良則 福田 良則(Fukuda Yoshinori)昭和四十八年石川県特産産業技能研修生 修了 九谷焼新作展 入選(以後二十一回連続入選 最優秀賞五回)九谷伝統工芸展入選(以後十五回入選)昭和六十年第三十七回創造美術展 新人賞平成七年通商産業大臣認定 九谷焼伝統工芸士 平成九年第五十回創造美術展 会員賞国際色絵陶磁器展'97入選平成十二年第四十二回北陸創造展 北國新聞社長賞平成十八年第五十九回創造美術展 会員賞平成二十二年日本伝統工芸士会 功労者表彰 ロシア大使館にて作品展示平成二十三年第六十四回創造美術展 東京都知事賞石川県伝統産業功労者表彰 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸。鮮やかに日常生活を彩ります。九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感にあります。北国ならではの力強い素地に...

送料無料
【九谷焼】小茶器 赤絵/上出長右衛門窯

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

27,000

【九谷焼】小茶器 赤絵/上出長右衛門窯

【九谷焼】小茶器 赤絵/上出長右衛門窯【九谷焼】小茶器 赤絵/上出長右衛門窯 商品説明 <約360年続く歴史ある、九谷焼の世界> 九谷焼の特徴は、「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。 絵柄は大胆な上絵付けがなされており、力強い印象を与えます。 こちらの商品は日用使いにも贈り物にもおすすめです。 九谷焼の色彩の深みと厚く盛り上げる着彩の、風合いをお楽しみください。 商品詳細情報 商品サイズ 碗:径5.8×高さ4.4cmさまし:径12×高さ4.5cm 箱の種類 木箱 作家 上出長右衛門窯 上出長右衛門窯(Kamidetyouemongama)明治十二年石川県能美市に九谷焼問屋として創業昭和十六年本窯を導入、この頃より「上出長右衛門窯」と号す。昭和四十四年明治神宮御依頼による「花瓶」を献納の栄を賜る昭和四十七年創造美術会陶芸部に推挙される昭和五十八年昭和天皇御来県の折、御使用の御器制作の栄を賜る平成五年伝統的工芸品産業の振興への功績を讃えられ通商産業大臣表彰を受ける平成八年四代目、藍綬褒章を受く平成十二年沖縄サミットの折、首脳晩餐会の器に使用される平成十五年四代目、勲五等雙光旭日章を受く平成十九年「PUMA with MARUWAKA KUTANI」に参加。平成二十二年東京スパイラルガーデンにて大規模な個展「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」を開催する 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸...

九谷焼 ペアスープカップ 山帰来

器茶房 彩庵

7,560

九谷焼 ペアスープカップ 山帰来

化粧箱入 径12×高さ5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
招き猫 縁起 盃 杯 酒器 九谷焼 盃 赤絵金彩招き猫 幸洋窯 送料無料

器茶房 彩庵

10,800

招き猫 縁起 盃 杯 酒器 九谷焼 盃 赤絵金彩招き猫 幸洋窯 送料無料

木箱入 径8×高さ3.8cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 赤絵小紋 有生礼子 桐箱入 送料無料

器茶房 彩庵

34,560

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 赤絵小紋 有生礼子 桐箱入 送料無料

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 桐箱紐通し 径5.7×高さ4.1cm 九谷焼 ぐい呑 ぐい呑み 陶器 盃 徳利 杯 酒器 和食器 ギフト 記念品 結婚祝 新築祝世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前...

送料無料
伝統工芸 九谷焼【茶器/茶道具】抹茶碗・赤絵鳳凰/福田良則 作〈木箱入り〉国産品【鳥】

鳥の巣箱

12,900

伝統工芸 九谷焼【茶器/茶道具】抹茶碗・赤絵鳳凰/福田良則 作〈木箱入り〉国産品【鳥】

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【茶器/茶道具】 抹茶碗・赤絵鳳凰/福田良則 作 碗サイズ:約径12×高7.8cm 〈木箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

送料無料
伝統工芸 九谷焼【酒器/日本酒】ぐい呑・赤絵小紋/有生礼子 作〈桐箱紐通し〉国産品

鳥の巣箱

34,560

伝統工芸 九谷焼【酒器/日本酒】ぐい呑・赤絵小紋/有生礼子 作〈桐箱紐通し〉国産品

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【酒器/日本酒】 JAPANKUTANI 作家作品 ぐい呑・赤絵小紋/有生礼子 作 サイズ:約径5.7×高4.1cm 〈桐箱紐通し〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 組盃 春の宴 色絵九谷 遊

器茶房 彩庵

3,780

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 組盃 春の宴 色絵九谷 遊

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径7×高6.5cm 化粧箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

コーヒーカップ 珈琲碗皿 九谷焼 コーヒー碗皿 金襴手

器茶房 彩庵

6,480

コーヒーカップ 珈琲碗皿 九谷焼 コーヒー碗皿 金襴手

化粧箱入 口径7.2×高さ7.2cm 容量200cc ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

九谷焼 三ツ組そば猪口 幾何紋

器茶房 彩庵

6,264

九谷焼 三ツ組そば猪口 幾何紋

化粧箱入 径8×高さ6.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 若鮎 福田良則

器茶房 彩庵

7,560

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 若鮎 福田良則

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径6.1×高6.5cm 木箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 青粒鉄仙

器茶房 彩庵

5,400

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 青粒鉄仙

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径6.6×高4.4cm 木箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 花詰

器茶房 彩庵

5,400

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 花詰

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径5×高4.6cm 木箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 椿

器茶房 彩庵

5,400

ぐい呑み ぐい呑 陶器 酒器 盃 杯 九谷焼 九谷焼 ぐい呑 椿

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径6.3×高6cm 木箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

コーヒーカップ 珈琲碗皿 ウサギ 兎 九谷焼 コーヒー碗皿 花うさぎ 東孝子

器茶房 彩庵

7,560

コーヒーカップ 珈琲碗皿 ウサギ 兎 九谷焼 コーヒー碗皿 花うさぎ 東孝子

化粧箱入 口径9.5×高さ6cm 容量110cc ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ カタクリ 大井孝夫

器茶房 彩庵

4,320

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ カタクリ 大井孝夫

紙箱入 口径9×高さ9cm・容量260cc ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

マグ ペアマグ ペアマグカップ 九谷焼 ペアマグカップ うさぎのダンス 勝部明美

器茶房 彩庵

9,720

マグ ペアマグ ペアマグカップ 九谷焼 ペアマグカップ うさぎのダンス 勝部明美

化粧箱入 口径9.5×高さ8cm・容量300cc ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

マグ ペアマグ ペアマグカップ 九谷焼 ペアマグカップ 銀彩

器茶房 彩庵

5,400

マグ ペアマグ ペアマグカップ 九谷焼 ペアマグカップ 銀彩

化粧箱入 口径7×高さ8cm・容量200cc ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ てまり

全2商品

3,240

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ てまり

化粧箱入 口径7.5×高さ8.5cm・容量230cc ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ 仲良し 東孝子

器茶房 彩庵

5,724

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ 仲良し 東孝子

化粧箱入 口径8×高さ7cm・容量220cc ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

中皿 小皿 中鉢 小鉢 絵皿 皿揃 鉢 九谷 九谷焼 3.3号 皿揃 歴代画

器茶房 彩庵

4,320

中皿 小皿 中鉢 小鉢 絵皿 皿揃 鉢 九谷 九谷焼 3.3号 皿揃 歴代画

化粧箱入 径10cm その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ 色絵レース紋 送料無料

器茶房 彩庵

10,800

マグ マグカップ コーヒーカップ 陶器 九谷焼 マグカップ 色絵レース紋 送料無料

化粧箱入 口径8.8×高さ7.2cm・容量250cc ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「九谷焼赤絵」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ