「丸紋」 の検索結果 1,034件

送料無料
源右衛門窯 染錦丸紋朝杯

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

15,120

源右衛門窯 染錦丸紋朝杯

碗 径 約9.0cm 高 約7.0cm 皿 径 約16cm 高 約2.5cm 化粧箱温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます。炎を知り尽くした職人のカンが要求される技術です。火入れから焚き終りまでの二日間は不眠不休の作業となります。そしてゆっくりと窯が冷まされた後、ようやく器の窯出しになります。 源右衛門窯作品につきましては、現在製作されている物も含めて基本的には全てご注文頂けます。 当店取扱の源右衛門窯作品の一覧はコチラです→ 商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。 ・飯碗・丼・麺鉢・湯呑...

青花 丸紋異人反マグカップ

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

3,402

青花 丸紋異人反マグカップ

写真のマグカップ、1客売りでのお値段です   数量 サイズ 1ヶ 径 約9.4cm 高さ 約8.8cm 色合い 手ざわり等 磁器 青みがかった白で抑えめのつやがあります 箱 化粧箱 バラ売り 1ヶ売りです 電子レンジ ○ 食器洗浄機 ○ その他 一般的な磁器ですので特別な扱いはいりません ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。モダンテイスト溢れる器 異人の図柄でおなじみの青花は、有田のしん窯という窯元から生まれました。丈夫な素地に、全て手描きで表現された藍と白の染付の色合い、そして使いやすい器の形は多くのファンを惹きつけています。そして青花の代表的な文様である「異人」は青花のイメージとして認知されています。 青花ブランドの確立 しん窯は1830年、天保年間に鍋島藩の指導のもと築かれました。長い歴史と由緒ある窯元ですが、1976年に「青花」ブランドを発表しました。青花とは藍色と白の染付の器を意味します。青花の作品は、「形状のおおらかさ」「絵柄の楽しさ・ユニークさ」「呉須の味わい」「釉薬のぬくもり」「暖かくひかえめで飽きのこない暮らしの器」などをテーマとして、皆様の身近で活躍する食器としての役割を担っています。手作り手描きで作られた器作りの姿勢を頑固なまでに守りながら、これからも普段使いの器、暮らしの器を皆様に提供していく窯です。 しん窯 青花の商品は現在入手可能なものは全て特価にてご注文頂けます。当店取扱のしん窯 青花作品の一覧はコチラです→商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh...

送料無料
源右衛門窯 染錦丸紋急須 (後手)

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

12,960

源右衛門窯 染錦丸紋急須 (後手)

数量 サイズ 1ヶ 巾 約13cm 高さ 約12cm 色合い 手ざわり等 磁器 青みがかった白でつやがあります バラ売り 1ヶ売りです 関連商品 緑彩葡萄絵湯さまし緑彩葡萄絵湯呑 5ヶ揃 緑彩葡萄絵小茶器 電子レンジ × 食器洗浄機 × その他 上絵付けをしておりますので研磨性の高いもので洗わないで下さい ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「丸紋」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ