「マット釉」 の検索結果 272件

柳宗理デザイン セラミック黒 ミルクピッチャー

Total table ware MIZUSAWA

2,138

柳宗理デザイン セラミック黒 ミルクピッチャー

※メーカーさんに在庫の確認をしてからの納期のお返事になります。 お返事はご注文の翌日になりますので、誠にご迷惑をお掛けしますが予めご了承くださいませ。 【商品詳細】 サイズ    80×66×H70mm 容 量    150mL ★自然なカーブから生まれる温かく飽 きのこないフォルムを実現するため、通常テーブルウェアにはあまり用いられない陶器と磁器の中間性質を持つ半磁器を素材としています。 ★半磁器は陶器より強度があり、磁器より軽量な素材です。 ★独特の柔らかい表情を持つマット釉は焼成温度幅が大変低く、温度管理に高い技術を必要とします。 ★電子レンジによる加熱には使用出来ますが、オーブンレンジや直火による加熱調理には使用出来ません。柳宗理について...... 1915年生まれ。 1938年に現東京芸術大学を卒業し1950年に 柳宗理デザイン研究所を開設。 以来東京オリンピック聖火コンテナや歩道橋、 車などから家具やキッチンアイテムに至るまで数々のデザインを手がける。 中でもバタフライスツールは世界の美術館に収蔵されている代表作となりました。 作品を手がける際には図面だけでなく必ず模型を作る柳宗理のこだわりが溢れたツールは世界中で愛され続けています。

白山陶器 ティー土瓶 陶茶托 黒炭釉 / HAKUSAN

プロキッチン

1,080

白山陶器 ティー土瓶 陶茶托 黒炭釉 / HAKUSAN

ギフト対応について 詳しくはこちらを ご覧下さい。 【楽ギフ_のし宛書】 【楽ギフ_メッセ】   サイズ 約 φ12.0cm 重量 107g 材質 磁器 使用区分 電子レンジ・食洗機 ・オーブン 使用可 (急冷、急加熱は破損の原因となりますので、お避け下さい。) 原産国 日本 スタッフの おすすめポイント 磁器素材で少し深みもあるので、茶托としてだけでなく小皿としても使えます。和菓子はもちろんのことオリーブやミックスナッツなどお酒のおつまみを入れてもピッタリです。裏面のロゴマークもかわいい♪ ■この商品について 白山陶器の製品は長崎県の波佐見という焼きものの街でつくり出されています。 400年の歴史をもつ波佐見焼を、現代風で機能的なデザインで製品化している白山陶器は1951年に有限会社白山製陶所、そして1958年には白山陶器株式会社が設立され今日に至ります。 ■特徴 ベーシックで飽きのこないシンプルなフォルムの白磁の土瓶シリーズです。ゆるやかな丸みをおびたラインの湯のみ猪口は蕎麦猪口や、小鉢にも最適。マットな質感とシックな色合いで上品な雰囲気の陶茶托と合わせてお使いください。 ■取り扱いの注意 ●ご使用について ご使用前に必ず洗ってからお使いください。 直接火にかけてのご使用は絶対にできません。割れや破裂の原因になります。 陶磁器は衝撃で割れたり欠けたりすることがあります。ヒビ、ワレ、カケが入ってしまった製品はご使用にならないでください。本来の強度を失っているので大変危険です。割れた箇所や破片は、大変危険ですので、取り扱いには充分ご注意ください。 テーブル・床の間・お盆の上など傷つきやすいものの上で引きずらないようにしてください。 ●メタルマーク(金属痕)について 特にマット釉(つやのない釉)の製品や、無釉の製品(ライフシェルズなど...

【野分窯】 広兼行男 マット釉 マグカップ 58

Life Balance (ライフバランス)

2,700

【野分窯】 広兼行男 マット釉 マグカップ 58

SPECIFICATION Size 約φ8.5xH7.3cm Material 手造り陶器 Made in Japan Package この商品には化粧箱はございません。 COMMENT 野分窯の特徴は土の育成から製作まで全ての工程を広兼先生が時間をかけて気持ちを込めて手造りされていることです。 手びねりでひとつひとつ作られた作品には、一見同じに見えるような量販品とよく比べてみると、歴然とした味わいの違いを感じることができます。 大量生産できる陶器には決して出せない手作りの味。でも手作りであることを主張しすぎていない。その絶妙な味付けを感じて納得していただけます。 手で触って口に触れてお客様と接する陶器。見た目だけではない味わい深さは、ちょっと背伸びしても所有する価値あり。飽きが来ずに長く使える器としてお勧めの逸品です。 四季を通じて催される全国各地での展示会のための作品作りでお忙しい先生はなかなか作品を作っていただけません。待つこと、3ヶ月、6ヶ月と過ぎ去ってやっと作品にめぐり合います。 野分窯の作品は、味わい、温かみの違いを感じていただけるはず。飽きののこない永くご愛用いただける日常使いの器たちです。 【野分窯】しおり引用: 瀬戸内海を見おろす峠を登りきった道辺に小さな登り窯があります。野分の風の吹くころ築いたこの窯から、修行地の越前、瀬戸で聞いた陶の声を、ここ瀬戸内の空に響かせてゆきたいと思っています。 陶工の仕事は地図の無い旅のようなものですが、暮らしの中に一つでも多くの陶の美の華を咲かせてゆきたいと念じています。 広兼 行男 REMARKS Memo 野分窯 広兼行男 先生の経歴: ●広島の老舗デパート「福屋」での作陶展を隔年開催 【略歴】 1973 福井県窯業試験場研修課終了 1975 愛知県窯業専修校終了...

優れものキッチン雑貨のマット釉、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的なマット釉が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「マット釉」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ