「ビールグラスタンブラー」 の検索結果 4,712件

備前ビールゴブレット

日本橋ギャラリー紫苑

6,480

備前ビールゴブレット

サイズ 径 約7.8cm 高さ 約12cm 付属品 しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。備前ビールゴブレット 備前の中堅実力派作家岸本昭彦先生の備前焼ゴブレットです。ロクロ成形後登り窯で焼成致しております。陶古先生ゆずりの素晴らしい桟切の景色も見所です。ぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 岸本昭彦 昭和30年 備前市穂浪で出生 昭和48年 初釜出し 昭和48年 第16回 日本工芸会 東中国支部展 初入選 昭和49年 第25回 岡山県美術展 入賞 山陽新聞社賞受賞 昭和49年 第17回 日本伝統工芸 東中国展 入賞・山陽新聞社賞 受賞 昭和50年 第 3回 中日国際陶芸展 入選 昭和50年 第22回 日本伝統工芸展 入選 昭和50年 第26回 岡山県美術展 入選(以降6回) 昭和50年 第18回 日本伝統工芸 東中国展 入選(以降5回) 昭和51年 第27回 岡山美術展 入賞 昭和53年 第 6回 中日国際陶芸展 入選(以降3回) 昭和53年 第29回 岡山県美術展 (県展賞 受賞) 昭和55年 第14回 現代美術展 入賞 奨励賞 受賞 昭和55年 第 2回 日本新工芸展 入選 昭和56年 第15回 現代美術展 入選 昭和56年 第32回 岡山県美術展 奨励賞 受賞 昭和60年 第32回...

magisso クールIDタンブラー2個組

ディノス

7,128

magisso クールIDタンブラー2個組

自然冷却機能を持つテラコッタ素材のタンブラー インパクトあるブラックカラーのテラコッタシリーズから、ビアタンブラーの登場。これまでのオールブラックから、ドリンクと接する部分に口当たりなめらかな素材を使用したモノトーンに。使い方は簡単、タンブラーを1分程度水に浸すか、冷たくなり始めるまで流水にあてるだけ。テラコッタから水が蒸発するときの気化熱を利用した自然の冷却機能によって程よく保冷。冷えたビールやドリンクを入れれば、飲み干すまで冷たいままをゆっくりと味わうことができるので、もう生ぬるいビールを我慢して飲むこともなくなるかも。チョークで、黒地の表面にメッセージや絵を描いて、オリジナリティを楽しむこともできる。ペアタンブラーはビール好きなあの人への素敵なギフトになることも間違いなし。ブランドコンセプト北欧デザインと新しいアイデアのプロダクションハウス"magisso"(マギッソ)。日常生活に役立つユニークなデザインや新しいアイデア商品を開発、商品化することを使命としております。magissoの多くの商品は世界的なデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞を受賞しています。2015年度レッド・ドットデザイン賞を授賞。Magissoにとって5つ目となるこの賞は1954年来の歴史があり、世界的に認められた商品に与えられる賞といっても過言ではないでしょう。magisso歴史2006年 Maria KivijarviはMagissoの最初の製品であるマグネチックキッチンクロスホルダーを考案2007年 ハウジングフェアで公に紹介され、クリスマスシーズンに向け小売店に売り出される。2008年 アイデアコンペにおいて賞を受賞2009年 国際貿易博覧会に出展2009年 Maria Kivijarviがデザインしたケーキサーバーがフィンランドにおいて販売20...

es sake regular[木本硝子]

ディノス

3,024

es sake regular[木本硝子]

口元の極繊細な返しと美しい曲線を描くボディライン。薫り高い、さまざまなタイプのお酒を、より一層引き立てるグラスシリーズです。 食中に楽しむ日本酒をオールラウンドに楽しめるグラス。口元の返しがキレのあるタイプのお酒を存分に引き立たせます。また、一口ビールグラスとしてもお使いいただけます。【es sake シリーズ】全体を構成する曲線は人間工学に基づいたシェイプになっており、グラスの存在を超え、お酒を手の中で包み込んでいる感覚が持ち味です。グラスに「口」をつけた瞬間に、お酒の風味と口当たりをダイレクトに感じられるグラス。食前から食後まで、様々なタイプの日本酒の薫りをお楽しみ下さい。【designed by 澄川伸一】1962 東京都 新宿区にて生まれる。1984 千葉大学工学部 工業意匠学科卒業1984 ソニー株式会社入社 オーディオ機器・テレビ のデザイン担当1987 渡米 Sony America Design Center勤務 ウオークマン/ラジオなど北米向けデザイン1991 帰国 ソニー本社デザインセンター ウォークマン、ヘッドフォンなどのデザインを担当 社長賞受賞1991 12月退社、30歳を機に半年間の世界一周 滞在国が通算で57カ国に1992 澄川伸一デザイン事務所設立2003 六本木AXISにて「精緻の一滴」個展現在 医療機器、測定機器などのプロ用機材から一般向け家電、家具、浴槽、日用品まで幅広くデザイン大阪芸術大学 客員教授 各デザイン系大学での特別講義 多数三次元CADを駆使したデザイン作業 ライノセラスをメインに使用、CADの講演多数。ソニーデザイン時代からの徹底した個人尊重のデザインスタイルを守っています。【木本硝子株式会社】問屋という立場で80年以上もの間、常にマーケットの動向を見据えてきました...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ビールグラスタンブラー」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ