「ティファニー食器」 の検索結果 244件

送料無料
【送料無料】ティファニー カップ&ソーサー(2客)「パラジウム」 tiffany-63お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

28,080

【送料無料】ティファニー カップ&ソーサー(2客)「パラジウム」 tiffany-63お茶のふじい・藤井茶舗

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

送料無料
【送料無料】ティファニー プレイグラウンド 3点セット tiffany-41お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

32,400

【送料無料】ティファニー プレイグラウンド 3点セット tiffany-41お茶のふじい・藤井茶舗

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

送料無料
【送料無料】ティファニー ノーツ(TIFFANY NOTES) ペアカップ&ソーサー tiffany-11お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

25,920

【送料無料】ティファニー ノーツ(TIFFANY NOTES) ペアカップ&ソーサー tiffany-11お茶のふじい・藤井茶舗

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

送料無料
【送料無料】ティファニー ブーケット ペアティーカップ&ソーサー tiffany-49お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

12,960

【送料無料】ティファニー ブーケット ペアティーカップ&ソーサー tiffany-49お茶のふじい・藤井茶舗

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニー バレー ペアマグカップ tiffany-22

Amazon

7,980

ティファニー バレー ペアマグカップ tiffany-22

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニー バレーペアプレート tiffany-27

Amazon

8,100

ティファニー バレーペアプレート tiffany-27

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニーブルーボックスボウル2個セット

Amazon

12,960

ティファニーブルーボックスボウル2個セット

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

送料無料
【送料無料】ティファニー プラチナブルーバンドカップ&ソーサー 1客お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

12,960

【送料無料】ティファニー プラチナブルーバンドカップ&ソーサー 1客お茶のふじい・藤井茶舗

・箱付き サイズ: カップ 口径9.5cm 高さ 5.8cm ソーサー 径16cm <テファニーの歴史> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンド...

ティファニー 「LEAVES」リーフ ペアマグカップ tiffany-69

Amazon

6,100

ティファニー 「LEAVES」リーフ ペアマグカップ tiffany-69

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

源右衛門窯 青磁木ノ葉文碗皿 ローマ法王来日の晩餐会で使用されたティファニーとのコラボ作品です

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

19,440

源右衛門窯 青磁木ノ葉文碗皿 ローマ法王来日の晩餐会で使用されたティファニーとのコラボ作品です

ローマ法王来日の晩餐会で使用されたティファニーとのコラボレーション作品です。現在では源右衛門窯の銘になっていますが、当初はTiffanyとのダブルネームになっていました。 青磁木ノ葉文シリーズ←クリック 数量 サイズ 1客 碗 径 約9.3cm 高さ 約5cm 皿 径 約15.5cm 高さ 約2.5cm 色合い 手ざわり等 磁器 白の部分は少し青みがかった白でつやがあります 箱 化粧箱 バラ売り 1ヶ売りです 関連商品 青磁木ノ葉文砂糖入(シュガーポット) 青磁木ノ葉文サラダ皿 電子レンジ ○ 食器洗浄機 ○ その他 一般的な磁器ですので特別な扱いはいりません ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。 ご注文後に在庫を確認致します なお、こちらの作品は注文数などを制限しておりません、基本的にご注文をお受けしてから在庫確認致します。メーカーにも在庫の無い場合は製作に2-3ヶ月のお時間を頂戴する場合がございますので在庫確認後に納期をお知らせしております。 現在の在庫状況についてはメールでお尋ね頂ければお調べ致します。温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技...

ティファニーTIFFANY NOTES(ノーツ) ペアマグカップ tiffany-10

Amazon

7,721

ティファニーTIFFANY NOTES(ノーツ) ペアマグカップ tiffany-10

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニー プラチナブルーバンドマグカップ

Amazon

10,584

ティファニー プラチナブルーバンドマグカップ

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニー 「テラス」デザートペアプレート tiffany-73

Amazon

4,980

ティファニー 「テラス」デザートペアプレート tiffany-73

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニー ゴールドバンド ペアプレート tiffany-40

Amazon

3,980

ティファニー ゴールドバンド ペアプレート tiffany-40

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

ティファニー ブーケット ペアマグカップ tiffany-64

Amazon

6,590

ティファニー ブーケット ペアマグカップ tiffany-64

<ティファニー> 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主...

優れものキッチン雑貨のティファニー食器、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的なティファニー食器が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

関連キーワード

ペア食器
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ティファニー食器」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ