「ソーサー」 の検索結果 10,167件

送料無料
ミキモト インターナショナル ロイヤルクラウン エスプレッソデミタスカップ&ソーサー2客 mikimoto-07

Amazon

10,800

ミキモト インターナショナル ロイヤルクラウン エスプレッソデミタスカップ&ソーサー2客 mikimoto-07

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
ミキモト インターナショナル プラチナライン ペアデミタスカップ&ソーサー mikimoto-12

全2商品

10,800

ミキモト インターナショナル プラチナライン ペアデミタスカップ&ソーサー mikimoto-12

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト コーヒーカップ&ソーサー 2810

Amazon

3,402

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト コーヒーカップ&ソーサー 2810

生産国 イタリア ・直径 約6,5cm 高さ 約6cm ソーサー直径 約13cm 容量 約120cc イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。 陶磁器商品の製法上光にかざすと見える程度の傷、 多少のぐらつき等がある場合がございます。 予めご了承の上お買い物くださいませ。

松助窯 珈琲カップソーサー やきしめ白萩ウェーブ

白いごはん器のお店ライスボール

1,598

松助窯 珈琲カップソーサー やきしめ白萩ウェーブ

SPEC 素材:陶器 サイズ:カップ94×高さ74mm 満水時200cc(8分目150cc) ソーサー150×20mm 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗は別途料金で承ります。 (こちらよりご購入下さい。)【松助窯】 ミカゲ粗陶土を丹念に空気を抜き たたらにしてロクロ成型その形の原型が出来上がる。 熟練にしかできない削りだしはその器のシェイプを決定する 大切な作業。 ひとつの気も抜けない作業に器の色彩を決定する釉薬を掛ける 高温で窯で焼成すると 鮮やかな色彩と素材の質感がひとつになり 松助窯の器が完成する。 ミカゲ粗陶土はひとつとして同じ表情には仕上がらない 頑固なミカゲ粗陶土です。 色彩が食卓を豊かにします。 ご家族でご使用可能です。 手作りにこだわった商品です。 質感ある手作りの器。 使う人をついつい笑顔にさせてしまいます。 シンプルで使いやすいです。 和食にぴったり、もちろんイタリアンや洋食にも お使いいただけます。 シンプルでナチュラルな食卓にどうぞ 窯の温度やその日の環境などによりの為ひとつひとつ焼き上がりが違います。 温かみのある手触りとほど良い厚みで、手にしっくりなじみます。 思わず手に取ってみたくなるような、形も質感も“人の手"を感じる温かな印象です。 和食器のぬくもりに手作り土物質感のろくろのやわらかさが伝わってきます。 手作り陶器の変化をお楽しみください。

ブラックフライデー

優れものキッチン雑貨のソーサー、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的なソーサーが見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ソーサー」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ