「ステンレス包丁」 の検索結果 14,464件

ROSLE/レズレー ハンドガード付き ステンレススライサー

ディノス

8,640

ROSLE/レズレー ハンドガード付き ステンレススライサー

新生姜の甘酢漬けやおせち料理の紅白なます作りなど、食材をごく薄く切るときに有元さんが愛用しているのが、ドイツのブランド「ROSLE/ローズレ」社のステンレススライサー 有元葉子さん談「素材は切り方ひとつで味わいが変わるもの。薄かったり、細かったりするのは、見た目の美しさだけじゃなくて、食感もそのほうがおいしいから、っていう場合が多いんです」0.4mmごとに11段階の厚さ調節が可能です。「安定感があって使いやすいし、長年愛用しているけれど刃の切れ味が劣らないのもいいですね」スライス中に手をガードするホルダー付きです。冬のおせちに、初夏の新生姜の甘酢漬け・・・これがないとつくれません。「このスライサーなしでは有元家のなますはつくれません。なますは「これ以上無理」というところまでこのスライサーで野菜を薄くスライスしその後に包丁で細切します。おなじみの野菜が切り方の美しさでハレの日のごちそうになるのです。だから長年愛用しているこちらのスライサーなしでは作れないんです。また初夏に出回る新生姜で毎年生姜の甘酢漬け(ガリ)を作るのが有元家のならわしですが、それを作るのにもこちらのスライサーは大変役に立ちます」「前にあるシリコン付きの足がボウルやバットにしっかりひっかかるので安定感がよくボウルの中にスライスした材料が落ちてこのまま調味料で和えられる点も便利ですよ」ボウルやバットにしっかり引っかかるの安定感がよくたくさん切りたい時に作業がとってもスムーズ。0.4mごとに厚さ調節ができて一番薄いダイヤルは野菜が透けほど薄くスライスできます。

ステンレスパン切りナイフ[小泉誠・ambai]

ディノス

6,480

ステンレスパン切りナイフ[小泉誠・ambai]

丁寧なものづくりで定評のあるデザイナー・小泉誠氏と、日本の職人たちの技が加わり、誕生したキッチンシリーズ【ambai】。 【ブランドコンセプト】ambaiは、日本でのもの作りにこだわります。そして作り手とデザイナーが関り地域の特色や技を生かし、道具の性能・素材・形状などのバランスを整え、使い手にとっていい塩梅(ambai)となる道具を目指しています。⇒小泉誠特集 ##>【デザイナープロフィール】【デザイナー小泉誠 ##>】1960年 東京生まれ1985年 デザイナー原兆英、原成光両氏に師事1990年 Koizumi Studio設立2000〜2003年 グッドデザイン賞審査員2002年 こいずみ道具店開設2005年 武蔵野美術大学教授【商品説明】手に馴染む、持ちたくなる、見せたくなる、そんな形を見つけることから始まり、食卓で使っても、その場に馴染む形を探しました。和包丁の発祥地、大阪・堺の馬場刃物が、納得のいくステンレス包丁を作るためにたどり着いた生産地が岐阜県関市。ハンドルは手の中にしっかりと納まり、穏やかなカーブをしていて握りやすい形状になっています。ハンドルの材質は積層強化木で水に強く、耐久性に優れています。パン切りナイフはパンくずが出にくい波刃になっています。刃身全体にカーブをつける事で、大きなパンも切りやすく、20cmの刃渡りでも十分に機能します。切り終わった際に手がテーブル(カッティングボード)にあたりにくことも刃身のカーブの理由です。

刀工江戸造包丁/菜切型 藤原照康 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

刀工江戸造包丁/菜切型 藤原照康 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

日本刀造りの技を活かした包丁の名品。三層構造が決め手。先祖伝来の日本刀造りの伝統技を今に受け継ぐ名工の4代目、藤原照康さんの造る包丁にはプロの愛用者が多くいます。理由はよく切れることにあります。日本料理は切れ味が肝腎。切り口が料理の見栄えを左右する世界で、藤原さんの包丁は欠かせません。気持ちいいくらいに切れるので、一般家庭で使うのも快適です。三十数工程の作業すべてに日本古来の伝統技法を駆使。日本刀では「折れず」「曲がらず」「よく切れる」という要求を満たすため、硬い鋼を芯にして軟らかい鉄を加えるという鍛造が用いられますが、これを藤原さんは包丁造りにも応用。特殊鋼をステンレスで包み込むように接合し、刃先の部分だけ鋼が表出する独自の構造で仕上げています。ゆえに、切れ味がよくて錆びにくく、メンテナンスが楽な包丁となるのです。一つになったその刀身はひたすら打ち鍛え、また熱して打つことを繰り返す。けがき、裁ち、ならし、整形、鍔の溶接、刻印、焼きなまし、泥塗り、焼き入れと続き、さらには刃つけ、研磨などもすべて手作業で進めていきます。どれも一瞬たりとも気は抜けない作業ですが、「自分が納得し、満足したものでなければ市場に出してはいけないと思う。ものづくりとはそういうこと」と藤原さんは語ります。そうして出来上がるのが、ご紹介する「刀工江戸造包丁」。菜切型で、野菜を切るのに最適です。よく切れるため、食材の繊維を壊さず、驚くほどサクサクと調理できます。包丁の茎(なかご)が柄の中までしっかり入った状態で固定されているので抜群の安定感です。

GLOBAL/グローバル 専用包丁研ぎ器

ディノス

5,400

GLOBAL/グローバル 専用包丁研ぎ器

グローバル包丁ご愛用の皆様、お待たせしました!遂にグローバル包丁専用の研ぎ器(シャープナー)の誕生です。 ステンレス一体構造でディノステレビショッピング、カタログで大ヒットしているグローバル包丁専用のシャープナーの登場です。グローバル特有のハマグリ刃にぴったりな構造ですグローバルは刃先に向かってなだらかなカーブを描く「ハマグリ刃」に仕上げてあります。ハマグリ刃は鋭い切れ味を発揮するとともに、食材の身離れを良くする特徴があります。こちらのグローバルシャープナーはこのハマグリ刃の形状を保ちつつ研磨することができるので、グローバルならではの滑らかか切れ味を回復させることが可能なのです。日本の砥石専門メーカーとの共同開発包丁はメンテナンス次第で180度変わってしまうほど重要です。そうした命題のもと刃物メンテナンスのプロフェッショナルである砥石専門メーカー(株式会社 末広)と共同開発。簡単な操作で素早く切れ味の回復ができるよう追求して生まれたのです!使い方は本当に簡単砥石は2種類ついています。最初に右側の砥石部分にグローバルを差し込み前後に10回動かし「荒砥ぎ」します。その後は隣の砥石部分でまた前後に10回動かし「仕上げ研ぎ」します。たったこれだけで完了!誰でも失敗なく研げる秘密は砥石の受け部に(株)末広 独自のスプリングが搭載されています。これによって刃先にかかる力のバラツキを抑え、初めての方でも誰でも均一な研ぎあげることができるのです!またしっかり握れる本体ハンドルや包丁を引く際に刃先が作業台にぶつかりにい構造など、初めての方にも安心にお使いいただけるよう考え抜かれた構造です。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ステンレス包丁」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ