「ガラスポット」 の検索結果 9,275件

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)・クリスタルガラス1個[天野漆器]

ディノス

7,560

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)・クリスタルガラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。細身でシャープなデザインのクルスタル杯。日本酒を注ぐと、螺鈿細工がより輝くとともに、立体的に浮かび上がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

BRUER(ブルーアー) BruerCold

TOKYOlife

16,740

BRUER(ブルーアー) BruerCold

プロダクトデザインを学び、コーヒーが大好きだったゲイブとアンディが「家庭でも手軽にスロードリップの美味しいコーヒーを楽しみたい」という想いで開発したのが、このBruer。2014年にアメリカのクラウドファンディングサイト、キックスターターを通してアイデアを発表し、3000人以上からの受注を獲得して、商品化されたものです。これまでの後学で巨大な業務用スロードリップサーバーに比べて、コンパクトで取り扱いも簡単、そして高品質なガラスと食品規格シリコン、ステンレスを使用したスタイリッシュなデザインが話題となり、有名なロースターなどでも使われるほど人気になりました。HOW TO MAKE SLOW DRIP COLD BREW? 〜コールドブリューの作り方〜1. グラスタワーに60gの中挽きコーヒー粉を入れる。(中煎り推奨です。)2. ペーパーフィルターを載せ、少々の水で湿らす。3. バルブを上から押し込み密閉。680ccの水を注ぐ。(半分を氷にしても可。)4. バルブをひねってお好みのドリップ速度に調整。あとはゆっくり待つだけ。(1回で約4杯分のアイスコーヒーが作れます。)Bruerの特徴:●コーヒー豆本来の豊かな風味をじっくりと引き出せる。●おいしさそのまま、数日間保存可能●2015IHA最優秀イノベイティブプロダクト賞受賞ところで・・スロードリップ方式とは??挽いたコーヒー豆に水を浸透させ、一滴一滴ゆっくり抽出するドリップ方式のこと。熱湯でのドリップと全く異なりカフェインやタンニンの流出が少なくなることで酸味や渋み、苦味が抑えられ、まろやかで澄んだ味わいと香り高さを生みます。ゆっくりとドリップすることで、同じコーヒー豆を使用しても、ホットとは全く異なるアロマが広がることも魅力。コーヒー豆が本来持つ、ナッツやチョコレートのような豊かな風味を...

漆と螺鈿ガラス 金杯万華鏡1個[天野漆器]

ディノス

8,640

漆と螺鈿ガラス 金杯万華鏡1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見える事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。上質感あふれる十二角の金付杯。日本酒を注ぐと周りのガラスに反射し、万華鏡のように輝きが広がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

ガラスのマグカップと陶磁器の茶漉しと蓋のセット 花柄 有田焼

グルーヴプラン楽天市場店

1,830

ガラスのマグカップと陶磁器の茶漉しと蓋のセット 花柄 有田焼

こちらは、デザインをお選びいただけます。 おしゃれマグ IW-002 ジャスミン/クレマチス/ラベンダー アイデアの三つ足茶こしで湯切りOK! 茶こしの足は三つ足になっていますので、マグカップの縁に引っ掛けて湯切りが簡単。 蓋は茶こし受けになっています。二杯目もどうぞ。 ◆陶磁器とガラスのハーモニー ガラスのマグカップとセラミックの茶こし、これは世界初! ガラスのマグカップに陶磁器の茶漉しと蓋をセットしました。 茶漉しに茶葉をいれお湯を注いで蓋をしてしばし待つ。 いい色にお茶が出たら茶漉しをはずして、そのまま飲めます。 ガラスごしにお茶の濃さが見えるから、少しの量でも濃くなりすぎる事はありません。 ガラスのマグカップは耐熱ガラス。ギフトにも最適。 ガラスのマグカップの中に、かわいい柄が浮かびます。 セラミックの茶こしは体に優しく、お茶の味を引き立てます。 ガラスとセラミックのマグカップは世界初のオリジナルです。 ◆絵柄をお選びいただけます。 ◆世界初!!やきものの茶こし 特殊な技術で穴をあけた磁器製の茶こしです。 1300度の高温焼成をしていますので環境ホルモンの心配もなく、お茶そのものの香りと味を楽しめます。 おしゃれマグ IW-002 【品番】 IW-002 【タイプ】 ジャスミン、クレマチス、ラベンダー 【口径】 110mm、巾145mm、高さ120mm 【容量】 250cc 【材質】 茶こし・蓋:磁器(日本製)、マグ:ガラス(中国製)

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)1個[天野漆器]

ディノス

5,400

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。持ちやすく、シンプルな形状の杯。日本酒を通した螺鈿の輝きとともに、横からも螺鈿を楽しむことができます。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

漆と螺鈿ガラス 盃(さかずき)1個[天野漆器]

ディノス

7,560

漆と螺鈿ガラス 盃(さかずき)1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。祝いの席に適した形状の盃。日本酒を注ぐと、神秘的な螺鈿の輝きが広がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

漆と螺鈿ガラス ショットグラス1個[天野漆器]

ディノス

6,480

漆と螺鈿ガラス ショットグラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。持ちやすいシンプルな形状のショットグラス。日本酒を注ぐと、神秘的な螺鈿の輝きが広がとともに、水面に螺鈿が浮かび上がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ガラスポット」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ