「ガラスのグラス」 の検索結果 20,400件

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)・クリスタルガラス1個[天野漆器]

ディノス

7,560

漆と螺鈿ガラス 杯(さかずき)・クリスタルガラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。細身でシャープなデザインのクルスタル杯。日本酒を注ぐと、螺鈿細工がより輝くとともに、立体的に浮かび上がります。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

漆と螺鈿ガラス ロックグラス1個[天野漆器]

ディノス

10,800

漆と螺鈿ガラス ロックグラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。手になじむ形状と重さが心地よいデザイン。ウイスキーや焼酎等、様々なお酒を楽しむことができます。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品。高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

漆と螺鈿ガラス モダンロックグラス1個[天野漆器]

ディノス

16,200

漆と螺鈿ガラス モダンロックグラス1個[天野漆器]

透明感と硬質な美しさをもつ”ガラス”素材に、高岡漆器の特徴の一つである”螺鈿(あわび貝)”技法をとりいれ、漆で仕上げた「螺鈿ガラス」。 ガラスを通した螺鈿の輝き、日本酒を通して見える螺鈿の神秘性を楽しんでいただくため、螺鈿を、ガラスの裏側から貼り、漆を塗り重ねました。通常の漆器と違い、螺鈿の接着面が見えるた事、螺鈿を裏から貼らなければならないこと、漆を塗ると、螺鈿の隙間に漆が入ってしまうこと等、試行錯誤を繰り返し商品化にたどり着きました。少し大きめのロックグラス。ウイスキーや焼酎等、様々なお酒を楽しむための上質なグラスです。透明感と硬質な美しさ、様々な光を通して表情を変える楽しさ、音の響きといった特徴を持つをもつ”ガラス”素材の良さを生かした商品です。ブランドコンセプトガラスを通して見える、貝独特の虹のような輝きと、漆のもつ温もりがあわさることにより、和と洋の美しさの融合、伝統と現代があわせもつ高級感あふれる逸品高岡漆器と螺鈿高岡漆器は江戸時代初め、加賀藩主前田利長が、高岡市に高岡城を築いた際に発展。代表的な技法が、あわび貝の貝殻を約0.1mmの薄さにし、細片をつくり組み合わせて花鳥等を表現する“螺鈿”技法。華麗優美な漆器として1975年、国の「伝統的工芸品」の指定を受ける。メーカープロフィール天野漆器株式会社1892年 天野辰次郎商店 創業1971年 法人設立愛される店の愛される商品をモットーに、1892年の創業以来培った「高岡漆器」の伝統技術をベースにしながら漆器の新しい可能性を求め、現代の生活空間・ライフスタイルにあった商品づくりを心掛けている。⇒天野漆器のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒天野漆器の特集記事はこちら。##>

クリスタレックス スウィング ウォーター 6Pセット CX-2001

ディノス

3,888

クリスタレックス スウィング ウォーター 6Pセット CX-2001

丸みを帯びたシェイプが愛らしく、女性の手にもなじみやすい実用的なタンブラーです。 【Swingスウィング】丸みを帯びたシェイプが愛らしく、女性の手にもなじみやすい実用的なタンブラーです。【CRYSTALEXクリスタレックス】ボヘミア地方にあった55個の小さなガラス工場が集まり、1945年に国営のガラス工場が生まれました。1967年に、ガラスづくりが盛んなノヴィ・ボール市のいくつかの工場が参加し発展、1974年に現在のクリスタレックス社が設立されました。高品質で実用的な同社製品の90%がヨーロッパをはじめとする世界70カ国に輸出され、ホテル、レストランのプロユースはもちろん、世界中の食卓で支持されています。【素材のカリクリスタルとは】 鉛成分を含まず、カリウムを多く含むチェコならではの素材です。このカリウムによって強度を上げています。【6つの特徴】画像「6つの特長図」とリンクしています1.材質強化やガラスを暑くすることにより、当社比1.7倍の強度アップに成功しました。(食器洗浄機使用可能)2.材質のカリクリスタルガラスは透明度が高く、硬質で軽量、テーブルウェアに理想的なガラスです。3.すべてのグラスはすぼまった形状なので、飲み物の香りが拡散するのを防ぎます。4.この形状により、グラスを並べて置く場合など、最も弱いとされる口部同士があたって破損することが少なくなります。5.成型後、口部を一旦カットして研磨を入れ、最後に炎で焼くことにより、なめらかで口当たりのいい仕上がりになっています。6.ステム(脚)の長さを全体の2分の1以下に押さえ、シルエットは損なわずに安定感を持たせたシェイプです。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ガラスのグラス」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ