「そば皿」 の検索結果 2,017件

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,404

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

日本の食文化には欠かせない豆皿。有田焼の産地とamabroの伝統×アートのコラボレーションによって生まれた現代の豆皿がここに【商品説明】日本の食卓では当たり前のように存在している豆皿。小さなおかずを乗せたり、お茶菓子を乗せたり、醤油の受け皿として、多様なシーンで複数枚使われる万能小皿です。amabroの豆皿は、万能で使用シーンが多い豆皿をより楽しむためのデザインになっています。独特なオリジナル型のユニークなフォルムと伝統柄にオンプリントされた金彩が食卓のアクセントとなり、食事シーンを華やかに彩ります。家族で形違いを揃えたり、気分に合わせて使い分けても。そば猪口と同様に大変コレクターの多い豆皿に着目し。室町時代以降、狭い膳という規格で一人分の食事が用意されるという日本独特の食事形式は、大きすぎない器の需要を促しました。先人の残した小さくても偉大な器の世界を伝えたい想いで製作。【素材の特性】上絵の金はレンジ不可です。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。【バイヤーコメント】...

【メラミン製・プラスチック製】【信濃化学・SHINCA】【業務用食器】【和洋食器】バイキング大皿 尺2大皿(364×46) 「青風」 [syaku2-ao]□F5□

施設用品・業務用品専門店KYOEI

5,232

【メラミン製・プラスチック製】【信濃化学・SHINCA】【業務用食器】【和洋食器】バイキング大皿 尺2大皿(364×46) 「青風」 [syaku2-ao]□F5□

【メラミン樹脂】プラスチックの中では最も表面が硬く、陶磁器調の風合いです。集団給食だけでなく、家庭用にも幅広く使われている歴史のある食器材質です。磁器より割れにくく、他のプラスチックよりキズ付きにくい材質ですが、長く使用するには注意が必要です。(以下の取扱注意事項をよくお読み下さい。)!メーカー取り寄せ品のため、お届けまで約3~10日程度かかります。予めご了承の上ご注文をお願い致します。また商品が欠品中の場合もございますのでお急ぎの場合はご注文前に在庫の確認をお願い致します。【バイキング大皿】料理の盛り付けが活きる。オリジナルバイキング料理。集いの場にふさわしい華やぎを添えながら、盛り付けた料理の見栄えを最大限に考慮した新しいバイキング皿の誕生です。デザインも色彩も異なる3タイプございます。■サイズ:364×46mm■メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています■サイズ:364×46mmメラミン食器・ご使用上の注意(1)直火や電熱調理器にかけたり、火のそばに置かないで下さい。(2)電子レンジやオーブンレンジには使用しないで下さい。(3)熱いうちの衝撃や、急激な温度変化を与えないで下さい。(4)強い衝撃を与えると、割れたり欠けたりします。(5)ホットプレートや湯煎などで保温しないで下さい。(6)高温の食用油や薬品を入れないで下さい。洗浄について・たわし、みがき粉でみがくと傷がつきますので使用しないで下さい。・高温長時間の浸漬は表面(絵柄など)を侵しますので、予備浸漬は30~40℃のお湯で15~20分程度として下さい。・洗剤で落ちにくい汚れは、酸素系漂白剤を使用し、漂白剤の取扱説明をお読み下さい。・塩素系漂白剤は、光沢が落ち表面を浸漬しますので使用しないで下さい。・食品の色が食器に移行しますので、使用しないで下さい。...

ディッシュラック ラック 木目調 コの字 プラスラック PLUSRACK ( 木製 収納 キッチン収納 小物 皿 キッチン収納棚 卓上収納 机上 卓上 木 )|新着|

リビングート 楽天市場店

2,484

ディッシュラック ラック 木目調 コの字 プラスラック PLUSRACK ( 木製 収納 キッチン収納 小物 皿 キッチン収納棚 卓上収納 机上 卓上 木 )|新着|

サイズ約 幅29.5×奥行22×高さ14(cm)重量:約580g内容量1個材質本体・基材:繊維材(MDF)表面:オレフィン系樹脂化粧シートカラーナチュラル、ホワイト生産国日本製備考耐荷重4kg※火のそばでは使用できません製品により使用しているシート部分の色柄の見え方が若干異なる場合がございます。ご了承下さい。商品区分キッチン収納用品カテゴリから探す手軽で便利なコの字型♪使いやすく、お洒落にチェンジ設置も、掃除の際も楽に動かせる、使い勝手の良いコの字型ラック。食器を整頓しても、不思議と絵になり、魅せる収納にぴったりです。薄くて繊細な素材感が、魅せる収納と合理的な空間活用を実現します。軽量なのに作りはしっかり耐荷重は約4kgですので、小型の家電、コーヒーメーカーや電気ケトル、ミキサー等を乗せることが出来ます。場所を選ばないデザイン高級感のある木目調ですので、キッチンはもちろん、リビングやダイニングなど、色々な場所でお使い頂けます。※ケースは付属していません。美しい仕上がり住宅建材にも用いられるVカット工法で美しい仕上がりです。厚み5.5mmの薄い木材質を、釘やダボを使わず、裏側からVカットを入れることで、角部を高い精度で直角に仕上げています。キズや汚れにも強い日本の高い印刷技術によって、本物の木材と遜色ない意匠性を再現した樹脂シート。住宅建材でも採用されており、見た目に美しいだけでなく、キズや汚れにも強く、耐久性に優れた素材です。ナチュラルホワイトOXO オクソー ポップコンテナ ステンレス レクタングル ショート 1.4LOXO オクソー ポップコンテナ スモールスクエア ミニ 300ml食器ラック ディッシュストレージ タワー tower食器ラック ディッシュストレージ 3段 タワー tower関連キーワード:簡易 シンプル...

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(灰飴)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(灰飴)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(飴釉)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(飴釉)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(灰釉)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(灰釉)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(織部)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(織部)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(染付)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(染付)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

優れものキッチン雑貨のそば皿、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的なそば皿が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「そば皿」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ