「そば皿」 の検索結果 2,762件

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,404

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

日本の食文化には欠かせない豆皿。有田焼の産地とamabroの伝統×アートのコラボレーションによって生まれた現代の豆皿がここに 【商品説明】日本の食卓では当たり前のように存在している豆皿。小さなおかずを乗せたり、お茶菓子を乗せたり、醤油の受け皿として、多様なシーンで複数枚使われる万能小皿です。amabroの豆皿は、万能で使用シーンが多い豆皿をより楽しむためのデザインになっています。独特なオリジナル型のユニークなフォルムと伝統柄にオンプリントされた金彩が食卓のアクセントとなり、食事シーンを華やかに彩ります。家族で形違いを揃えたり、気分に合わせて使い分けても。そば猪口と同様に大変コレクターの多い豆皿に着目し。室町時代以降、狭い膳という規格で一人分の食事が用意されるという日本独特の食事形式は、大きすぎない器の需要を促しました。先人の残した小さくても偉大な器の世界を伝えたい想いで製作。【素材の特性】上絵の金はレンジ不可です。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>...

【メラミン製】こもれび 花型小鉢  スリーライン[M-126KM]【食器 メラミン プラスチック製 樹脂製 温冷配膳車対応 病院 施設 皿 器】

施設用品・業務用品専門店KYOEI

518

【メラミン製】こもれび 花型小鉢 スリーライン[M-126KM]【食器 メラミン プラスチック製 樹脂製 温冷配膳車対応 病院 施設 皿 器】

【メラミン樹脂】プラスチックの中では最も表面が硬く、陶磁器調の風合いです。集団給食だけでなく、家庭用にも幅広く使われている歴史のある食器材質です。磁器より割れにくく、他のプラスチックよりキズ付きにくい材質ですが、長く使用するには注意が必要です。(以下の取扱注意事項をよくお読み下さい。)【!】納期についてメーカー取り寄せ品のため、お届けまで約3~10日程度かかります。予めご了承の上ご注文をお願い致します。また商品が欠品中の場合もございますのでお急ぎの場合はご注文前に在庫の確認をお願い致します。■サイズ:96×36mm ■容量:90cc 【こもれび】木々を渡る風、木々の茂み、舞う木の葉、揺れる光の珠、5つのパターン柄の組み合わせで、多様なメニューに対応します。■サイズ:96×36(mm) 90cc メラミン食器・ご使用上の注意(1)直火や電熱調理器にかけたり、火のそばに置かないで下さい。(2)電子レンジやオーブンレンジには使用しないで下さい。(3)熱いうちの衝撃や、急激な温度変化を与えないで下さい。(4)強い衝撃を与えると、割れたり欠けたりします。(5)ホットプレートや湯煎などで保温しないで下さい。(6)高温の食用油や薬品を入れないで下さい。洗浄について・たわし、みがき粉でみがくと傷がつきますので使用しないで下さい。・高温長時間の浸漬は表面(絵柄など)を侵しますので、予備浸漬は30~40℃のお湯で15~20分程度として下さい。・洗剤で落ちにくい汚れは、酸素系漂白剤を使用し、漂白剤の取扱説明をお読み下さい。・塩素系漂白剤は、光沢が落ち表面を浸漬しますので使用しないで下さい。・食品の色が食器に移行しますので、使用しないで下さい。・食器かご等の金属部と強くふれると、落ちない汚れがつきますので、注意してください。...

送料無料
和食器セット 送料無料 和食器8点(アウトレット)食器セット/ペアセット/新生活/結婚祝/パスタ皿/5寸皿/和皿/小鉢/そば猪口/ボウル/福袋/送料込

白い食器のテーブルウェアイースト

2,500

和食器セット 送料無料 和食器8点(アウトレット)食器セット/ペアセット/新生活/結婚祝/パスタ皿/5寸皿/和皿/小鉢/そば猪口/ボウル/福袋/送料込

商品説明 白い食器じゃつまらない、という方へオススメの和食器8点セットです。 テーブルウェアイーストで人気の和食器を集めたお得なセット。もちろん、それぞれ単品でご使用いただくこともできるのでいろんなお料理が楽しめます。 セット内容 ・パスタ皿 ×2 ・取り皿 ×2 ・小鉢 ×2 ・そば猪口 ×2 商品詳細 生産地/日本(美濃焼) 他の商品と同梱可能ラッピング不可※不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 ご注意 ※アウトレット商品込みの販売です。 ※お使いのモニター設定、照明等により実際の商品と色味が若干異なる場合がございます。 テーブルウェアイーストの食器セット テーブルウェアイーストの食器セットは、岐阜県土岐市をはじめとする「美濃焼」の国産食器を中心にした安心安全な食器のセットです。・シンプルで使いやすい、「白い食器」のセットはモダン、スタイリッシュ、北欧風などバリエーション豊富。・モダンでクールな男性にもオススメの「黒い食器」のセット。・人気食器ばかりを集めた、超お得福袋。・食器にこだわりたい方に「和食器」のセット。・他にも、「一人暮らし用」「夫婦用」「ファミリー用」など様々な家族構成に適した豊富な種類を取り揃えております。お茶碗、お碗、丼、小皿、取り皿、カレー皿、サラダボウルや取り鉢、ランチプレート、箸置きなど必要な食器が一度に揃い、業界最安値基準のものばかり。食器のプロがコーディネートした食器セットで、食器の組み合わせ方が分からない方も安心。また、一人暮らしを始める新生活食器に、食器の衣替えに、単身赴任のお父様に、結婚のお祝いなどに様々なニーズにお応えします。 ※注文完了時に自動付与されますこちらは落ち着きのある和食器の8点セット。 どの器もテーブルウェアイーストで人気の和食器ばかりなので使い勝手も抜群です。...

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(飴釉)

全4商品

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(飴釉)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

蒼(sou) 台形ボウル 大 (アウトレット込み)      ボール/大鉢/麺鉢/丼/和食器/美濃焼/どんぶり

白い食器のテーブルウェアイースト

993

蒼(sou) 台形ボウル 大 (アウトレット込み) ボール/大鉢/麺鉢/丼/和食器/美濃焼/どんぶり

商品説明 ブルーのモダンな模様のお皿。現代的な雰囲気ながら、それぞれの柄は和食器の伝統的な文様が使われており、食卓を爽やかに彩ってくれます。 こちらの台形ボウルは、下に向かってシュッとすぼまった形をしているのがお洒落な印象。 ラーメンなどの麺や、具をタップリのせた丼料理にオススメです。 商品詳細 サイズ/口径20.5×高さ7.4cm 重さ/約547g(商品により誤差があります。) 容量/約1080cc(満水) 素材/磁器 質感/つややか 生産地/日本(美濃焼) 電子レンジ、食器洗い機使用可 オーブン(直火)不可 取り寄せ可能 ※サイズは全て外寸になります。 ※不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 ご注意 ※アウトレット商品込みの販売です。 ※こちらの商品は、釉薬の飛びはね、濃淡、柄のズレ、かすれなどが見られます。予めご了承くださいませ。 ※お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なって見える場合がございます。 ※画像に含まれる小物は使用イメージのために使用しています。 ※注文完了時に自動付与されますプレート 14.5cm そば猪口 台形ボウル(小)   台形ボウル(大) 深皿 20.5cm プレート 23.5cm       ピッチャー    

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(織部)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(織部)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(灰飴)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(灰飴)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

優れものキッチン雑貨のそば皿、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的なそば皿が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「そば皿」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ