「ブランドブレスレット」 の検索結果 16,472件

ブレスレット+[furnish/ファーニッシュ]

ディノス

1,944

ブレスレット+[furnish/ファーニッシュ]

デザインはカットダイヤのイメージで、組み込んだブレスレットを上から見ると形が+になります。商品ネームは分かり易く、bracelet+。 【ブランドコンセプト】【furnish(ファーニッシュ)】・何気ない視点から、「使う」より「楽しく使う」と変化させていくもの作り。・商品は全て、80%の遊び心と20%の身勝手さで出来ています。 (20%の身勝手さとは、商品を使う人がその使い方をアレンジ工夫し、最終的な使い方は使う人自身に決めていただきたいという想い。)【デザイナープロフィール】2005年より始まった、東京のデザインユニットの ##>furnish(ファーニッシュ)##>。吉川聡志(ヨシカワサトシ)・小室文吾(コムロブンゴ)・本徳眞莉恵(ホントクマリエ)の現在3人で企画・製作・販売を行っている商品は、国内はもとより、海外でも高い評価を得て、フランスや北米でも商品を扱われています。【商品説明】平面状のフェルト生地で出来たブレスレット。パーツを組合わせる事で、立体的なブレスレットにして楽しみ、使い終わったら分解してケースにまとまります。やわらかく、やさしい素材なので、従来の貴金属や、樹脂製のアクセサリーとは違い、ファッションに合わせて使い分ける幅が広がりそう。【フェルトの特徴】フェルト(felt)とは、動物の毛を集めて圧縮して作るシート状製品の総称。断熱、保温、クッション性に優れ、現在でも多くの工業製品や服飾製品など、幅広い分野で用いられています。〜お悩み解消提案〜【悩み】:カジュアルなのにドレスにも合わせられるブレスレットを探しているのですが・・・・?【答え】:フェルトを使ったアクセサリーは多々あれど、フェルトのみで完成されたアクセサリーは珍しい。カジュアルなフェルト感一杯なのに、大きなカットダイヤ(推定70カラット...

smbati(サンバティ) オニキスxシルバー アンクレット

TOKYOlife

20,520

smbati(サンバティ) オニキスxシルバー アンクレット

イタリアンデザインのSmbati(サンバティ)から、オニキスの天然石とシルバーを贅沢に使用したアンクレットのご紹介です。Jediaでも大人の身に着ける上品なアクセとして人気のSmbati(サンバティ)。今シーズンは、ブラックを基調としたオニキスの天然石を贅沢に纏ったアンクレットが待望の復活。決して嫌らしくならない丁度良いボリューム感は、これ一つでも十分に存在感を放ちます。また、昨今のトレンドとしてローファーなどとの相性も良い9分丈のパンツが多くなったことで、足元へのアクセントとしてアンクレットが再注目されています。踝からチラリと見えるアンクレットの存在感は、軽装になりがちな春夏のスタイリングをより華やかにしてくれるアイテムとして非常にオススメ。ブレスレットの際には孔雀をモチーフにした留め具が特徴的でしたが、アンクレットのコチラは着脱のし易さを考慮してフックキーチェーン式に変更。長さも調節できるので、足首の太さによってサイズ調整してお使いいただけます。Smbati(サンバティ)のブランド名は宝物を意味し、東洋からインスピレーションを得たラグジュアリーなアクセサリーブランドとして、メンズアクセに欠かせない存在となっています。

smbati(サンバティ) ラピスラズリxシルバー アンクレット

TOKYOlife

20,520

smbati(サンバティ) ラピスラズリxシルバー アンクレット

イタリアンデザインのSmbati(サンバティ)から、ラピスラズリの天然石とシルバーを贅沢に使用したアンクレットのご紹介です。Jediaでも大人の身に着ける上品なアクセとして人気のSmbati(サンバティ)。今シーズンは、ブルーを基調としたラピスラズリの天然石を贅沢に纏ったアンクレットが待望の復活。決して嫌らしくならない丁度良いボリューム感は、これ一つでも十分に存在感を放ちます。また、昨今のトレンドとしてローファーなどとの相性も良い9分丈のパンツが多くなったことで、足元へのアクセントとしてアンクレットが再注目されています。踝からチラリと見えるアンクレットの存在感は、軽装になりがちな春夏のスタイリングをより華やかにしてくれるアイテムとして非常にオススメ。ブレスレットの際には孔雀をモチーフにした留め具が特徴的でしたが、アンクレットのコチラは着脱のし易さを考慮してフックキーチェーン式に変更。長さも調節できるので、足首の太さによってサイズ調整してお使いいただけます。Smbati(サンバティ)のブランド名は宝物を意味し、東洋からインスピレーションを得たラグジュアリーなアクセサリーブランドとして、メンズアクセに欠かせない存在となっています。

smbati(サンバティ) ハウライトxシルバー アンクレット

TOKYOlife

20,520

smbati(サンバティ) ハウライトxシルバー アンクレット

イタリアンデザインのSmbati(サンバティ)から、ハウライトの天然石とシルバーを贅沢に使用したアンクレットのご紹介です。Jediaでも大人の身に着ける上品なアクセとして人気のSmbati(サンバティ)。今シーズンは、ホワイトを基調としたハウライトの天然石を贅沢に纏ったアンクレットが待望の復活。決して嫌らしくならない丁度良いボリューム感は、これ一つでも十分に存在感を放ちます。また、昨今のトレンドとしてローファーなどとの相性も良い9分丈のパンツが多くなったことで、足元へのアクセントとしてアンクレットが再注目されています。踝からチラリと見えるアンクレットの存在感は、軽装になりがちな春夏のスタイリングをより華やかにしてくれるアイテムとして非常にオススメ。ブレスレットの際には孔雀をモチーフにした留め具が特徴的でしたが、アンクレットのコチラは着脱のし易さを考慮してフックキーチェーン式に変更。長さも調節できるので、足首の太さによってサイズ調整してお使いいただけます。Smbati(サンバティ)のブランド名は宝物を意味し、東洋からインスピレーションを得たラグジュアリーなアクセサリーブランドとして、メンズアクセに欠かせない存在となっています。

クロエ ピンクブレス CHLOE ブレスレット・バングル・リストバンド ベルーナ

ベルーナ

17,172

クロエ ピンクブレス CHLOE ブレスレット・バングル・リストバンド ベルーナ

・定着したハイクラスブランド【クロエ】創設者は1921年エジプトで生まれ、知識階級に属する裕福な家庭で育ち、フランス式の教育を受け子供の頃からパリのエレガンスというものを学びました。18歳の時、勉強のために一時パリに移ります。自由な精神、芸術家、過激な思想家たちが登場した当時のパリで、創業者は肌でデザインの神髄に触れ”後のクロエ”が開花しました。1952年、最初のコレクションをデザインした際、ボタンの購入からデザインのセールスまでの全てを自分で行いました。彼女のデザインにはクチュールに負けない現なモード感があり、みるみる規模が拡大していきます。そしてビジネスパートナーと組み、友人から新たにメゾンの名前を借り受けることで、「クロエ」が誕生します。その後「ラグジュアリー・プレタポルテ」を推し進める先駆的存在になり、自身が育った環境でもある権威的なオートクチュール文化から抜け出した彼女は、若い女性たちをターゲットにした最初のデザイナーのひとりになったのです。ワイルドかつ自由に駆け抜けていく馬に、自らの姿を投影するクロエ・ウーマンと”自由”こそクロエの真髄とし、世界的な人気を確立していきましたレディースファッション > アクセサリー・ジュエリー > ブレスレット・バングル・リストバンドブレスレット・バングル(アクセ) BRANDクロエ

【ベルメゾン】HARPO トリプルラインバングル DRESSTERIOR/ドレステリア

ベルメゾンネット

28,080

【ベルメゾン】HARPO トリプルラインバングル DRESSTERIOR/ドレステリア

DRESSTERIOR/HARPO(アルポ)バングル1971年にパリで設立されたアクセサリーブランド。ファッションの中心地であるフランス人デザイナーのエッセンスをインディアンジュエリーに取り入れることでスタイリッシュな仕上がりに。スターリングシルバーとカラービーズ、天然石を独自の感性で組み合わせることで本来の武骨なイメージのあるインディアンジュエリーとは違った楽しみ方をご提案します。こちらは、手元をエッジィに彩るシルバーライクのバングルです。フロントに配置したトリプルラインが印象的で、両サイドにツイストをかけたチェーンを添えたこだわりのデザイン。テイストの異なるブレスレットとのレイヤードもおすすめ。メーカー商品番号:016-02828※こちらは『メーカー取寄せ商品』のため、ご注文いただいてから在庫確認をいたします。その結果、売り切れとなってしまう場合がございます。また倉庫からの出荷に通常3~5日かかります。予めご了承ください。※ご購入可能な色・サイズ・タイプは、”在庫・価格を一覧でチェックする”でご確認ください。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ブランドブレスレット」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ