「九谷焼花瓶」 の検索結果 1,024件

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 花鳥 中村陶志人 ap4-1047

器茶房 彩庵

17,280

花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 花鳥 中村陶志人 ap4-1047

木箱入 径21×高さ20.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 花鳥 中村陶志人 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

送料無料
九谷焼 米寿 プレゼント 金婚式 10号立獅子 緑彩【陶器 法人ギフト 新築祝い 引越祝い 退職祝 結婚祝い 贈り物 ペア 夫婦 誕生日 退職祝い プレゼント 男性 古希 喜寿 祝い 】

伝承「匠」

37,800

九谷焼 米寿 プレゼント 金婚式 10号立獅子 緑彩【陶器 法人ギフト 新築祝い 引越祝い 退職祝 結婚祝い 贈り物 ペア 夫婦 誕生日 退職祝い プレゼント 男性 古希 喜寿 祝い 】

商品情報品名10号立獅子絵柄緑彩容器紙寸法(cm)・縦:30・横:24・高さ:30【おすすめのギフト・贈り物・慶事一覧】父の日・母の日・両親のお祝い、敬老の日、プレゼント、金婚式・銀婚式、結婚祝い、結婚記念日のお祝い、引き出物(引出物)、内祝いのお祝い、新築祝い、増築祝い、開業祝い、会社・法人設立祝い、開店祝い、快気祝い全快祝い就任祝い昇進祝い栄転祝い、定年・退職祝い就職祝いなどの仕事のお祝い、男性・女性誕生日プレゼント、出産祝いなどの子供のお祝い、御中元・御歳暮、暑中お見舞い、などの季節のお祝い、還暦・古希(古稀)・喜寿・傘寿・米寿・敬老の日などの長寿のお祝い、海外の方へのお土産・贈り物、上場記念・株式公開記念、創業記念等企業の記念品、法人ギフト、高級贈答品等の「プレゼント、贈り物」として。(検索用:かわいい 九谷焼 九谷焼 北村隆 九谷焼 作家 九谷焼 九谷 青窯 九谷焼 人間国宝 九谷焼 北山 九谷焼 猫 九谷焼 花瓶 九谷焼 蓋付 九谷焼 豆皿 九谷焼 ワイングラス ペア Disney 九谷焼 九谷焼 香炉 九谷焼 マグカップ 九谷焼 夫婦茶碗 九谷焼 ビアカップ 九谷焼 皿 九谷焼 湯呑み)

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 笹に翡翠 山田龍山 ap4-1055

器茶房 彩庵

29,160

花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 笹に翡翠 山田龍山 ap4-1055

木箱入 径19×高さ24.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 笹に翡翠 山田龍山 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

送料無料
【九谷焼】花器(砲弾型小)雀図/中村陶志人 送料無料 花器 花瓶 人気 ギフト 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/記念品

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

10,800

【九谷焼】花器(砲弾型小)雀図/中村陶志人 送料無料 花器 花瓶 人気 ギフト 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/記念品

【九谷焼】花器(砲弾型小)雀図/中村陶志人【九谷焼】花器(砲弾型小)雀図/中村陶志人 商品説明 色絵細密絵付において九谷焼の第一人者のひとりとも呼ばれる、名匠 中村陶志人氏の作品。 中村陶志人氏の代表作である「福良雀」の作品は、中間色を主体とした繊細で優しい線描きと、細部までこだわったデザイン構成で国内外問わず高い評価を得ています。 小鳥のさえずりや木の枝の揺れる音、風のにおいさえ感じさせてくれる、ずっと見続けていたいと思える作品です。羽毛を膨らませて丸くなっている雀を「ふくら雀」と呼び、「福良雀」「福来雀」と縁起の良い文字でたとえられ、「富と繁栄を願う」大変縁起の良いモチーフでもありますので、ご贈答のお品としても最適です。 商品詳細情報 商品サイズ 幅12×高さ18cm 箱の種類 木箱 作家 中村陶志人 中村 陶志人(Nakamura Toshito) 第七回伝統九谷焼工芸展初入選 以後連続入選 ◆一級技能士 ◆通称産業大臣認定伝統工芸士 昭和五十九年 第七回伝統九谷焼工芸展初入選 以後連続入選 昭和六十年 第三十八回創造展新人賞受賞 平成二年 第四十三回創造展北華賞受賞 石川県立九谷焼技術研修所にて講師を務める 以後非常勤講師を務める 平成六年 第十七回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞 平成七年 第十八回伝統九谷焼工芸展奨励賞受賞 平成九年 第四十四回日本伝統工芸展初入選 平成十年 日本橋三越本店にて個展 第四十五回日本伝統工芸展入選平成 平成十五年 第五十回日本伝統工芸展入選 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした...

九谷焼 10号花瓶 深山に双鶴 [1]

ハローベビー楽天市場店

10,108

九谷焼 10号花瓶 深山に双鶴 [1]

●品名/九谷焼 10号花瓶 深山に双鶴 [1]●商品内容/直径18cm高さ30cm・九谷焼陶器・19×15×1cm花台・立札付・[日本製]●箱サイズ(重量)/32.5×21×21.5cm・2100g※商品リニューアル時に、パッケージデザイン・内容・仕様が掲載の内容から変更となる場合がございます。予めご了承ください。深山の静寂の中双鶴が飛翔する格調高い花瓶です ジャパンギフトのオンラインショッピング(通信販売)では、用途を選ばない先様に喜ばれるこだわりのギフトを多数ご用意! ネット限定セール価格のお買い得商品もお見逃しなく。通販で手軽に確実なギフト選びを。企業様の大量注文にも丁寧にご対応させていただきます。 お年賀 寒中見舞い お中元 暑中見舞い 残暑見舞い お歳暮 などの季節のご挨拶に。香典返し 粗供養 など法事・法要・仏事に。 結婚祝い 結婚内祝い 寿 出産祝い 出産内祝い 入学祝い 卒業祝い 就職祝い 誕生祝い 長寿祝い 快気祝い 快気内祝い 開店祝い 開業祝い 新築祝い 上棟祝い 引越し祝い 子供の節句 子供の日 ひな祭り 七五三 などの各種お祝いに。 母の日 父の日 敬老の日 帰省手土産 お土産 お返し お礼 プレゼント 進物 贈り物 粗品 引出物 などに日頃の感謝の気持ちを込めて。その他、ゴルフコンペ景品 お部屋見舞い 楽屋見舞い 差し入れ 病気見舞い 御祝 雛祭り 引き出物 引っ越しご挨拶 賞品などにも。訳あり品・アウトレット・B級品・B品・B級グルメ・激安特価品・福袋など、ギフト以外のご自宅用商品も多数取り揃えております。バレンタインデー ひなまつり ホワイトデー 七夕 ハロウィン 七五三 クリスマスなどの1DAYイベント用ギフトも多数。イベント毎にポイントアップ商品も多数ご用意。(ポイント10倍・ポイント5倍...

送料無料
長谷川塑人 九谷焼花瓶 妖彩妖精

九谷陶芸 北山堂 楽天市場店

151,200

長谷川塑人 九谷焼花瓶 妖彩妖精

作家:長谷川塑人 素材:磁器 サイズ:幅10.5cm×高24cm、口径6.5cm 箱:木箱 かの九谷焼作家中村梅山の弟子としてスタートした金沢の名工・長谷川塑人。 九谷焼新技術として独自の妖彩を考案。 九谷焼陶芸家として国内外で個展を多数開催。 作品収蔵先も文化庁(黄地紅彩妖精文大鉢)を筆頭に、ロンドン・ビクトリア・アルバート美術館(鳥九谷色絵鳥文大鉢)、菊池寛・菊池智記念美術館(赤絵鳥文大鉢)、伊勢神宮 新宝物殿献納(黄地紅彩妖精文大鉢)、新潟県敦井美術館(鉄絵銅彩喜船菊文大鉢 その多 数点)、石川県立美術館(鉄絵銅彩花文大鉢・黄地紅彩妖精文大鉢)、金沢市中村記念美術館(古九谷風色絵牡丹文大鉢・油滴色絵笹文壺)など多岐に及びます。 その長谷川塑人先生が描いた夢踊る逸品。 妖精のみずみずしく澄んだ表情は、名工の筆さばきならではのデザイン。 またボディーの白磁も、どこか温かもみのある色合いで、心和む作品となっております。 まさに九谷焼の枠を超えた素晴らしい作品ではありますが、当店の場合は芸術作品ではなく九谷焼としての良心的な価格とさせて頂きました。 後世に残すべき芸術作品として評価するのであれば、全く違った評価となりうる逸品でしょう。 お部屋飾りとして楽しまれてみてはいかがでしょうか。

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 金雲木立 ap4-1044

器茶房 彩庵

12,960

花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 金雲木立 ap4-1044

木箱入 径21.5×高さ20cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 金雲木立 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 金雲木立 ap4-1053

器茶房 彩庵

23,760

花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 金雲木立 ap4-1053

木箱入 前幅25×高さ22cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 金雲木立 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 牡丹 澤田穂光 ap4-1057

器茶房 彩庵

32,400

花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 牡丹 澤田穂光 ap4-1057

木箱入 前幅25.5×高さ24cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 牡丹 澤田穂光 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

送料無料
フラワーベース 花器 九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 ap4-1042

器茶房 彩庵

10,800

フラワーベース 花器 九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 ap4-1042

化粧箱入 径21×高さ20cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 銀彩金鶴 ap4-1050

器茶房 彩庵

23,760

花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 銀彩金鶴 ap4-1050

木箱入 径21.7×高さ19.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 銀彩金鶴 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
【九谷焼】花瓶 四季翡翠図/山田義明 送料無料  九谷焼 花器 花瓶 法人ギフト

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

108,000

【九谷焼】花瓶 四季翡翠図/山田義明 送料無料 九谷焼 花器 花瓶 法人ギフト

【九谷焼】花瓶 四季翡翠図/山田義明【九谷焼】花瓶 四季翡翠図/山田義明 商品説明 約360年続く歴史ある、九谷焼の世界 九谷焼の特徴は、「呉須(ごす)」とよばれる藍青色で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。 絵柄は大胆な上絵付けがなされており、力強い印象を与えます。 記念品や贈答品としても大変おすすめです。 九谷焼の色彩の深みと厚く盛り上げる着彩の、風合いをお楽しみください。 商品詳細情報 商品サイズ 径14×高さ26cm 箱の種類 桐箱紐通し 作家 山田義明 山田 義明(Yamada Yoshiaki) 日本工芸会正会員 創造美術会代表 石川県陶芸協会会員 伝統工芸士 昭和二十三年 石川県寺井町に生まれる 昭和四十九年 創造美術会、山近剛氏に師事 昭和五十一年 九谷新作展最高賞受賞 昭和五十七年 第二十九回日本伝統工芸展入選 昭和六十年 日本工芸会正会員に推挙される 平成七年 創造美術展 「会員賞」受賞 平成十年 創造美術展「東京都知事賞」受賞 平成十一年 伝統工芸士認定 平成十二年 伝統九谷工芸展にて技術賞受賞 平成十四年 第四十八回日本伝統工芸展 入選作「色絵鳥瓜文壷」宮内庁お買上げ 平成十九年 第六十回創造美術展「文部科学大臣賞」受賞 平成二十一年 第五十六回日本伝統工芸展 入選作「山帰来文花器」宮内庁お買上げ 平成二十三年 第五十八回日本伝統工芸展 入選作「色絵野葡萄文」宮内庁お買上げ 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした...

花器 フラワーベース 花入 九谷焼 花瓶 8号 鶴連山 ap4-1029

器茶房 彩庵

4,860

花器 フラワーベース 花入 九谷焼 花瓶 8号 鶴連山 ap4-1029

化粧箱入 径12×高さ25.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
九谷焼 花瓶 木立鶴(高26cm)

和座 和風空間創造工房

5,400

九谷焼 花瓶 木立鶴(高26cm)

こんな時にお薦めです記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼花瓶全種類 >> 九谷焼 花瓶(細型) 九谷焼の花瓶、花瓶という名前ではあるものの実際に花を飾るというよりも花瓶単体をインテリアアイテムとして飾って頂くことを前提に作られています。いわゆる美術品としての花瓶という位置づけになります。多分、九谷焼の歴史上最も多く生産されたのが花瓶類だと言われています。最盛期には花瓶の生産だけの窯も複数あったと聞いています。昭和という時代では華やかな外観が贈答品として企業様の記念品等で多くのご利用があったそうです。時代が流れ現在では、企業様の大規模な記念品よりも個人の方から大切な方へ贈る大切な記念品としてのご利用が多く、九谷焼の花瓶のニーズの変化からも時の流れを感じることができます。伝統的な絵柄からモダンなデザインまで幅広いバリエーションを持つのも九谷焼花瓶の魅力です。「花も飾れないような花瓶は・・・」と一昔前は敬遠されてきた九谷焼の花瓶ですが、昨今では和のインテリアアイテムとして空間にこだわった飲食店様や家の中に和の空間を演出したい方、また海外の方々からの熱いご支持を頂き本来の九谷焼が持つ魅力が凝縮した花瓶人気が再燃しつつあります。「日本のよきモノ」の一つとして継承していきたいアイテムだと私は思います。 ※花瓶単体でお飾り頂く事を推薦しておりますが、お花を飾っても絵になるデザインの作品も多数ございますのでご使用用途や贈り先様の趣向に合わせお選び頂くのも楽しみ一つかと思います。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物...

送料無料
九谷焼 花瓶 銀彩山茶花(高25cm)

和座 和風空間創造工房

5,940

九谷焼 花瓶 銀彩山茶花(高25cm)

こんな時にお薦めです記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼花瓶全種類 >> 九谷焼 花瓶(細型) 九谷焼の花瓶、花瓶という名前ではあるものの実際に花を飾るというよりも花瓶単体をインテリアアイテムとして飾って頂くことを前提に作られています。いわゆる美術品としての花瓶という位置づけになります。多分、九谷焼の歴史上最も多く生産されたのが花瓶類だと言われています。最盛期には花瓶の生産だけの窯も複数あったと聞いています。昭和という時代では華やかな外観が贈答品として企業様の記念品等で多くのご利用があったそうです。時代が流れ現在では、企業様の大規模な記念品よりも個人の方から大切な方へ贈る大切な記念品としてのご利用が多く、九谷焼の花瓶のニーズの変化からも時の流れを感じることができます。伝統的な絵柄からモダンなデザインまで幅広いバリエーションを持つのも九谷焼花瓶の魅力です。「花も飾れないような花瓶は・・・」と一昔前は敬遠されてきた九谷焼の花瓶ですが、昨今では和のインテリアアイテムとして空間にこだわった飲食店様や家の中に和の空間を演出したい方、また海外の方々からの熱いご支持を頂き本来の九谷焼が持つ魅力が凝縮した花瓶人気が再燃しつつあります。「日本のよきモノ」の一つとして継承していきたいアイテムだと私は思います。 ※花瓶単体でお飾り頂く事を推薦しておりますが、お花を飾っても絵になるデザインの作品も多数ございますのでご使用用途や贈り先様の趣向に合わせお選び頂くのも楽しみ一つかと思います。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物...

送料無料
九谷焼 花瓶 銀彩(高28cm)

和座 和風空間創造工房

15,120

九谷焼 花瓶 銀彩(高28cm)

こんな時にお薦めです記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼花瓶全種類 >> 九谷焼 花瓶(細型) 九谷焼の花瓶、花瓶という名前ではあるものの実際に花を飾るというよりも花瓶単体をインテリアアイテムとして飾って頂くことを前提に作られています。いわゆる美術品としての花瓶という位置づけになります。多分、九谷焼の歴史上最も多く生産されたのが花瓶類だと言われています。最盛期には花瓶の生産だけの窯も複数あったと聞いています。昭和という時代では華やかな外観が贈答品として企業様の記念品等で多くのご利用があったそうです。時代が流れ現在では、企業様の大規模な記念品よりも個人の方から大切な方へ贈る大切な記念品としてのご利用が多く、九谷焼の花瓶のニーズの変化からも時の流れを感じることができます。伝統的な絵柄からモダンなデザインまで幅広いバリエーションを持つのも九谷焼花瓶の魅力です。「花も飾れないような花瓶は・・・」と一昔前は敬遠されてきた九谷焼の花瓶ですが、昨今では和のインテリアアイテムとして空間にこだわった飲食店様や家の中に和の空間を演出したい方、また海外の方々からの熱いご支持を頂き本来の九谷焼が持つ魅力が凝縮した花瓶人気が再燃しつつあります。「日本のよきモノ」の一つとして継承していきたいアイテムだと私は思います。 ※花瓶単体でお飾り頂く事を推薦しておりますが、お花を飾っても絵になるデザインの作品も多数ございますのでご使用用途や贈り先様の趣向に合わせお選び頂くのも楽しみ一つかと思います。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物...

送料無料
九谷焼 花瓶 染付椿(高24cm)

和座 和風空間創造工房

8,640

九谷焼 花瓶 染付椿(高24cm)

こんな時にお薦めです記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼花瓶全種類 >> 九谷焼 花瓶(細型) 九谷焼の花瓶、花瓶という名前ではあるものの実際に花を飾るというよりも花瓶単体をインテリアアイテムとして飾って頂くことを前提に作られています。いわゆる美術品としての花瓶という位置づけになります。多分、九谷焼の歴史上最も多く生産されたのが花瓶類だと言われています。最盛期には花瓶の生産だけの窯も複数あったと聞いています。昭和という時代では華やかな外観が贈答品として企業様の記念品等で多くのご利用があったそうです。時代が流れ現在では、企業様の大規模な記念品よりも個人の方から大切な方へ贈る大切な記念品としてのご利用が多く、九谷焼の花瓶のニーズの変化からも時の流れを感じることができます。伝統的な絵柄からモダンなデザインまで幅広いバリエーションを持つのも九谷焼花瓶の魅力です。「花も飾れないような花瓶は・・・」と一昔前は敬遠されてきた九谷焼の花瓶ですが、昨今では和のインテリアアイテムとして空間にこだわった飲食店様や家の中に和の空間を演出したい方、また海外の方々からの熱いご支持を頂き本来の九谷焼が持つ魅力が凝縮した花瓶人気が再燃しつつあります。「日本のよきモノ」の一つとして継承していきたいアイテムだと私は思います。 ※花瓶単体でお飾り頂く事を推薦しておりますが、お花を飾っても絵になるデザインの作品も多数ございますのでご使用用途や贈り先様の趣向に合わせお選び頂くのも楽しみ一つかと思います。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物...

送料無料
九谷焼 花瓶 木立連山(高25cm)

和座 和風空間創造工房

6,480

九谷焼 花瓶 木立連山(高25cm)

こんな時にお薦めです記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼花瓶全種類 >> 九谷焼 花瓶(細型) 九谷焼の花瓶、花瓶という名前ではあるものの実際に花を飾るというよりも花瓶単体をインテリアアイテムとして飾って頂くことを前提に作られています。いわゆる美術品としての花瓶という位置づけになります。多分、九谷焼の歴史上最も多く生産されたのが花瓶類だと言われています。最盛期には花瓶の生産だけの窯も複数あったと聞いています。昭和という時代では華やかな外観が贈答品として企業様の記念品等で多くのご利用があったそうです。時代が流れ現在では、企業様の大規模な記念品よりも個人の方から大切な方へ贈る大切な記念品としてのご利用が多く、九谷焼の花瓶のニーズの変化からも時の流れを感じることができます。伝統的な絵柄からモダンなデザインまで幅広いバリエーションを持つのも九谷焼花瓶の魅力です。「花も飾れないような花瓶は・・・」と一昔前は敬遠されてきた九谷焼の花瓶ですが、昨今では和のインテリアアイテムとして空間にこだわった飲食店様や家の中に和の空間を演出したい方、また海外の方々からの熱いご支持を頂き本来の九谷焼が持つ魅力が凝縮した花瓶人気が再燃しつつあります。「日本のよきモノ」の一つとして継承していきたいアイテムだと私は思います。 ※花瓶単体でお飾り頂く事を推薦しておりますが、お花を飾っても絵になるデザインの作品も多数ございますのでご使用用途や贈り先様の趣向に合わせお選び頂くのも楽しみ一つかと思います。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物...

花器 フラワーベース 九谷焼 6.5号 花瓶 椿 高畠敏彦 ap4-1041

器茶房 彩庵

9,396

花器 フラワーベース 九谷焼 6.5号 花瓶 椿 高畠敏彦 ap4-1041

化粧箱入 径17×奥行9×高さ19.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 6.5号 花瓶 椿 高畠敏彦 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

送料無料
花器 花入 フラワーベース 九谷焼 8.5号 花瓶 銀彩ひびき ap4-1034

器茶房 彩庵

10,800

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 8.5号 花瓶 銀彩ひびき ap4-1034

化粧箱入 径10×高さ25.4cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8.5号 花瓶 銀彩ひびき 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

人気のインテリア小物の九谷焼花瓶、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出してくれるインテリア小物。住みたい部屋を演出できる九谷焼花瓶で、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリア小物が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「九谷焼花瓶」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ