「風鈴」 の検索結果 1,525件

風鈴 フクリン[能作/真鍮]

ディノス

4,536

風鈴 フクリン[能作/真鍮]

フクロウが奏でる幸福の音色。富山県高岡の能作が高い鋳造技術を駆使して丁寧に作られた風鈴。夏の夜長を風情ある風鈴でお楽しみください。動画にて風鈴の音色をご確認頂けます。 【ブランドコンセプト】ブランド:株式会社能作株式会社 能作は大正5年(1916)、富山県の高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始。鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法をいいます。金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)。能作は、素材特性を最大限に引き出すべく 様々な鋳造方法・加工技術を用いることで 鋳物の可能性を拡げ続けています。創業当時は仏具、茶道具、花器を中心に、くわえて近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物などを手掛けています。風鈴やテーブルウェアの凛とした佇まいも、高度な鋳造技術や丁寧な仕上げ加工によるものですが、本社工場では 先人により培われてきた生型鋳造法にくわえ 近年はシリコン鋳造法を開発し、鋳造方法の研究や新業種(医療分野)とのものづくりにも着手。会社名の能作は、「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」から名付けられています。能作はこれからも、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、高岡の地で人に愛され 地域に誇れるものづくりを目指します。【メーカプロフィール】メーカー:株式会社能作1916 高岡市京町にて、青銅鋳物により仏具の製造を開始1967 業容の拡大に伴い、有限会社ノーサクを設立1977 高岡市戸出栄町に新工場竣工に伴い移転2001 東京原宿バージョンギャラリーにて能作の鋳器「鈴・林・燐」開催2002 業容、業域の拡大に伴い、株式会社 能作と改組改称高岡市熊野町に「GALLERY SA-KU」開店2003 錫(100%...

風鈴 へいりん 四角[能作/真鍮]

ディノス

4,320

風鈴 へいりん 四角[能作/真鍮]

モダンなデザインのしかくい風鈴。富山県高岡の能作が高い鋳造技術を駆使して丁寧に作られた風鈴。夏の夜長を風情ある風鈴でお楽しみください。動画にて風鈴の音色をご確認頂けます。 【ブランドコンセプト】ブランド:株式会社能作株式会社 能作は大正5年(1916)、富山県の高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始。鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法をいいます。金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)。能作は、素材特性を最大限に引き出すべく 様々な鋳造方法・加工技術を用いることで 鋳物の可能性を拡げ続けています。創業当時は仏具、茶道具、花器を中心に、くわえて近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物などを手掛けています。風鈴やテーブルウェアの凛とした佇まいも、高度な鋳造技術や丁寧な仕上げ加工によるものですが、本社工場では 先人により培われてきた生型鋳造法にくわえ 近年はシリコン鋳造法を開発し、鋳造方法の研究や新業種(医療分野)とのものづくりにも着手。会社名の能作は、「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」から名付けられています。能作はこれからも、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、高岡の地で人に愛され 地域に誇れるものづくりを目指します。【メーカプロフィール】メーカー:株式会社能作1916 高岡市京町にて、青銅鋳物により仏具の製造を開始1967 業容の拡大に伴い、有限会社ノーサクを設立1977 高岡市戸出栄町に新工場竣工に伴い移転2001 東京原宿バージョンギャラリーにて能作の鋳器「鈴・林・燐」開催2002 業容、業域の拡大に伴い、株式会社 能作と改組改称高岡市熊野町に「GALLERY SA-KU」開店2003 錫(100%...

風鈴 へいりん 三角[能作/真鍮]

ディノス

4,320

風鈴 へいりん 三角[能作/真鍮]

モダンなデザインのさんかくの風鈴。富山県高岡の能作が高い鋳造技術を駆使して丁寧に作られた風鈴。夏の夜長を風情ある風鈴でお楽しみください。 【ブランドコンセプト】ブランド:株式会社能作株式会社 能作は大正5年(1916)、富山県の高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始。鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法をいいます。金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)。能作は、素材特性を最大限に引き出すべく 様々な鋳造方法・加工技術を用いることで 鋳物の可能性を拡げ続けています。創業当時は仏具、茶道具、花器を中心に、くわえて近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物などを手掛けています。風鈴やテーブルウェアの凛とした佇まいも、高度な鋳造技術や丁寧な仕上げ加工によるものですが、本社工場では 先人により培われてきた生型鋳造法にくわえ 近年はシリコン鋳造法を開発し、鋳造方法の研究や新業種(医療分野)とのものづくりにも着手。会社名の能作は、「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」から名付けられています。能作はこれからも、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、高岡の地で人に愛され 地域に誇れるものづくりを目指します。【メーカプロフィール】メーカー:株式会社能作1916 高岡市京町にて、青銅鋳物により仏具の製造を開始1967 業容の拡大に伴い、有限会社ノーサクを設立1977 高岡市戸出栄町に新工場竣工に伴い移転2001 東京原宿バージョンギャラリーにて能作の鋳器「鈴・林・燐」開催2002 業容、業域の拡大に伴い、株式会社 能作と改組改称高岡市熊野町に「GALLERY SA-KU」開店2003 錫(100%)製の鋳物...

篠原江戸風鈴 風鈴 小丸 金魚

Amazon

1,952

篠原江戸風鈴 風鈴 小丸 金魚

●暑い夏の日に涼しさを演出する風鈴 ●作り続けて100年、江戸情緒を今に伝える「江戸風鈴」は、伝統の技と心を今に伝える職人たちの丁寧な手仕事によって、型を使わず空中でふくらます「宙吹き(ちゅうぶき)」という手法で作られる ●江戸川区の無形文化財保持者・東京都名誉都民の篠原儀治と、東京マイスターに認定された三代目・篠原裕、そしてその一門の職人によって作られる「江戸風鈴」の涼やかな音は格別 ●涼やかな音のヒミツは、風鈴の鳴り口の部分をわざと「ギザギザ」のままにしていることで、ふり管がふれるだけで音が出るのでとても音が良く、軽やかなガラス風鈴の音色は一服の清涼剤になること間違いなし ●内側から筆を入れ、ひとつひとつ丁寧に描いた「金魚」柄も風情たっぷり ●目にも涼しげな風鈴は、住まいのワンポイント・アクセサリーとしてもぴったり ●ご自宅用のほか、新築祝いや引越し祝い、涼を贈る粋(イキ)な夏のご贈答などにもおススメ ●風を音に変えて「風」を愛(め)で、風情を楽しむ風鈴は、日本ならではの文化で、外国の方へのプレゼントやお土産にもおススメ ●江戸風鈴の中で一番基本的な形・サイズの「小丸」、使っている絵具・色数などが多く絵柄に手が込んでいる「特選小丸」、ユニークな「ひょうたん型」の3タイプ展開 ●さまざまな柄があり、音色も一個ずつ違うので、お気に入りの風鈴を選ぶのも楽しい ●また、同じ形・同じ柄でもそれぞれ異なる音がするので、手作りならではの味わい深さが楽しめる ●風鈴を鉄製や竹製の卓上台にかけて楽しむのもおススメ(卓上台は別売り) ●※一つ一つが手作りのため、柄・形・音に多少の違いがあります ●※風鈴本体のガラスに小さな気泡が入っている場合がありますが、ご了承ください。吹きガラスという手法でひとつひとつ手作りする際に入るもので製品不良ではありません

人気のインテリアアイテムの風鈴、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できる風鈴で、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「風鈴」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ