「青銅花瓶」 の関連商品を含む検索結果 46件

送料無料
花瓶 綱助 青銅釉 手付花瓶 木箱入り [φ8x17.5cm] 【瀬戸焼 和食器 業務用 伝統工芸】

せともの

19,440

花瓶 綱助 青銅釉 手付花瓶 木箱入り [φ8x17.5cm] 【瀬戸焼 和食器 業務用 伝統工芸】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)環境に優しい 1/2再生陶器 Re瀬っ戸 -リセット- 「私達が未来の子供たちと共に暮らす地球の為にできること」 Re瀬ッ戸(リセット)とは、家庭などで不要となったやきものを原料に再利用したリサイクル陶器です。「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3つの「Re」と、せとものの「瀬戸」を組み合わせて名づけられました。 この、Re瀬ッ戸は2005年「愛・地球博」を機に新しい瀬戸焼のスタイルを開発しました。 リサイクル陶磁器で限りある資源を大切に♪ やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。 その赤津を代表する作家の方々が、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。 毎日使う器だからこそ・・・ 作家オリジナルの心のこもった温かみのある器で是非お食事ください。 例えば器を一つ変えるだけで、パック入りのお総菜がご馳走に変ります。 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。[φ8x17.5cm]商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は 【こちら...

送料無料
花瓶 青銅釉手付花入 [胴φ8xh17.5cm] 【瀬戸焼 和食器 業務用 伝統工芸】

せともの

19,440

花瓶 青銅釉手付花入 [胴φ8xh17.5cm] 【瀬戸焼 和食器 業務用 伝統工芸】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)環境に優しい 1/2再生陶器 Re瀬っ戸 -リセット- 「私達が未来の子供たちと共に暮らす地球の為にできること」 Re瀬ッ戸(リセット)とは、家庭などで不要となったやきものを原料に再利用したリサイクル陶器です。「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3つの「Re」と、せとものの「瀬戸」を組み合わせて名づけられました。 この、Re瀬ッ戸は2005年「愛・地球博」を機に新しい瀬戸焼のスタイルを開発しました。 リサイクル陶磁器で限りある資源を大切に♪ やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。 その赤津を代表する作家の方々が、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。 毎日使う器だからこそ・・・ 作家オリジナルの心のこもった温かみのある器で是非お食事ください。 例えば器を一つ変えるだけで、パック入りのお総菜がご馳走に変ります。 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。[胴φ8xh17.5cm]商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は ...

送料無料
花瓶 綱助 青銅釉 捻り耳付花瓶 木箱入り [φ7.5x18.5cm] 【瀬戸焼 和食器 業務用 伝統工芸】

せともの

19,440

花瓶 綱助 青銅釉 捻り耳付花瓶 木箱入り [φ7.5x18.5cm] 【瀬戸焼 和食器 業務用 伝統工芸】

【用途】結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。【材質】陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)環境に優しい 1/2再生陶器 Re瀬っ戸 -リセット- 「私達が未来の子供たちと共に暮らす地球の為にできること」 Re瀬ッ戸(リセット)とは、家庭などで不要となったやきものを原料に再利用したリサイクル陶器です。「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3つの「Re」と、せとものの「瀬戸」を組み合わせて名づけられました。 この、Re瀬ッ戸は2005年「愛・地球博」を機に新しい瀬戸焼のスタイルを開発しました。 リサイクル陶磁器で限りある資源を大切に♪ やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。 その赤津を代表する作家の方々が、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。 毎日使う器だからこそ・・・ 作家オリジナルの心のこもった温かみのある器で是非お食事ください。 例えば器を一つ変えるだけで、パック入りのお総菜がご馳走に変ります。 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。[φ7.5x18.5cm]商品によっては手造りのため、写真と色・かたちが若干異なることがございます。われものですので丁重に梱包させていただいておりますが、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ご注文に関する注意事項は ...

送料無料
眞榮堂シリーズ【唐銅】花入~細口宝珠~~伝統工芸士/八尾祥栄作~お花器/花瓶/華道/インテリア/工芸品/青銅器生け花道具【送料無料-0524】

euro plants studio

29,800

眞榮堂シリーズ【唐銅】花入~細口宝珠~~伝統工芸士/八尾祥栄作~お花器/花瓶/華道/インテリア/工芸品/青銅器生け花道具【送料無料-0524】

商品名 唐銅花入~【細口宝珠】~伝統工芸士/八尾祥栄作~ 商品説明 華道・茶道の各流派が御用達している仙台の老舗「眞榮堂」より和を極めた商品をご紹介させて頂きます。 古銅(こどう)の一種である『唐銅』は銅に鉛・錫・亜鉛などを混ぜて造られ、その合金の度合いによりいろいろ肌の変化を楽しみます。 使えば使うほど味が出るのが古銅の真骨頂…。 伝統工芸士である『八尾祥栄』先生の極みの一品です。 迫力ある『耳』や、宝玉をモチーフにした姿は他の群を抜く存在感を持ちます。 完成度の高さは、画像の通り…。お花を一輪活けただけでも、上質の和空間を演出します。 ホンモノだけをお求めになりたい方に…。 サイズ 高さ:25.5cm 直径6cm今回はそんな眞榮堂さんと、当店euro plants studioとのコラボレートにより、楽天市場店へ出品の運びとなりました。 情緒溢れる陶作品と当店の植物アレンジのコラボレートを カタチにした、『陶+GREEN』も近々販売予定です。 眞榮堂がこだわり抜いた『ホンモノ』・『極みの一品』をご堪能ください…。 眞榮堂の商品全般につきましては、実店舗販売の都合上、ご注文より多少お時間をいただく場合、 また、同商品をご用意できない場合もございます。お急ぎのお客様は、当店までお気軽にお問い合わせください。

送料無料
竹中銅器 銅製花瓶 山本秀峰作 10号 新坪形 柿 77-09

ライフ&ビューティ

75,427

竹中銅器 銅製花瓶 山本秀峰作 10号 新坪形 柿 77-09

花のある暮らしを個性的に演出してくれます。山本秀峰さんは、高岡伝統工芸加工技術振興展最優秀賞を受賞され、伝産協会指定伝統工芸士に認定されています。銅は抗菌・除菌作用で生け花が長持ちし花瓶、花器等にも利用されています! 重厚感ある伝統工芸師が作るブロンズ製花瓶は一生の家宝として孫の代までご使用頂けます。サイズΦ22.7×30.5cm個装サイズ:23×23×31cm重量個装重量:3950g素材・材質銅仕様化粧箱製造国日本花のある暮らしを個性的に演出してくれます。【銅製品について】●表面が磨き仕上げになっている銅製品は、汚れが付着しますと素材が変色する場合があります。アルミ製品と同様に柔らかな布でから拭きして下さい。それでも汚れが落ちにくい場合は、市販の金属磨き剤をご使用下さい。●表面が青銅色、または煮色仕上げになっている銅製品は柔らかな布で軽くから拭きして下さい。山本秀峰さんは、高岡伝統工芸加工技術振興展最優秀賞を受賞され、伝産協会指定伝統工芸士に認定されています。銅は抗菌・除菌作用で生け花が長持ちし花瓶、花器等にも利用されています! 重厚感ある伝統工芸師が作るブロンズ製花瓶は一生の家宝として孫の代までご使用頂けます。

産地直送、在庫数限り!信楽焼 青銅ミニ花器 (12-184) 自由花用花器、生け花/流儀花/花入れ/華道/陶器製/一輪挿し/花瓶/ギフト/窯元直送/信楽焼き/焼き物/やきもの/池坊/小原流/あす楽...

夢源陶房

2,200

産地直送、在庫数限り!信楽焼 青銅ミニ花器 (12-184) 自由花用花器、生け花/流儀花/花入れ/華道/陶器製/一輪挿し/花瓶/ギフト/窯元直送/信楽焼き/焼き物/やきもの/池坊/小原流/あす楽...

【商品明細】 信楽焼花器専門店だから出来る圧倒的な品揃え。 池坊や小原流など多彩な流派を取り扱っております。 あなたに合った生け花用の自由花花器がきっと見つかります。 自由気ままに、お花に挑戦してみませんか? 本格的な華道を始めるにはまだちょっと・・・という方に一度練習のつもりでお試ししていただきたいです。もちろん、花展などでも使われている商品なので、ベテランの方でも、お稽古用や作品展用にお使いいただけます。 また、商品の取り扱いに関しましても、専門店であるが故、水漏れに関する注意や、使用時の傾きなど、ご安心してお使いいただけるように細かなところを、花器のプロが確認しております。 お稽古用、花展用など、お手軽な物から本格的な物までございますので、迷われるかもしれません。分からないことがありましたら当店までご連絡下さい。 使い方はあなた次第。信楽焼きの焼き物ならではの暖かさが、床の間、玄関等だけでなく、お使い頂く場所を選びません。 初心者の方からベテランの方まで、扱いやすい物を揃えてみました。 花器選びなどに関して分からない事がありましたら、気軽にご連絡下さい。 ※在庫には注意しておりますが、品切れの場合がございます。申し訳ございませんが、品切れの場合は約2~4週間かかりますのでご了承下さい。品切れの際はご連絡させて頂きます。 現品限りの物に関しましては、売り切りになります。 手作り品、やきもののため、商品画像の物と、色合いや形が若干違う場合がございます。ご了承ください。 当店では当商品の水止め、ザラつき、グラつき処理をしてあります。 詳しくは下記をご参照下さい。 【スペック】 花器:Φ14×高さ13(cm) 信楽焼・国産 【備考】 花台などは付きません。華道用品にて別売りで販売しております。 箱に入れてお届けします。...

アンティーク調アジアン フラワーベース 3型3色展開[11556-11557-11558]【花瓶 花器 陶器 焼物 アンティーク 一輪挿し 花入れ オブジェ アジアン雑貨 ナチュラル 置物 置き物...

アジア工房

1,760

アンティーク調アジアン フラワーベース 3型3色展開[11556-11557-11558]【花瓶 花器 陶器 焼物 アンティーク 一輪挿し 花入れ オブジェ アジアン雑貨 ナチュラル 置物 置き物...

青銅の錆や鉄瓶を思わせる、ざらつきのある質感が魅力のフラワーベースが新登場!経年を感じさせるアンティーク調でありながら、シンプルデザインでモダンな佇まいの花器はそのまま飾っておくだけで存在感のあるアイテム。 味のある素材感と落ち着きのある色は、アジアンインテリアにはもちろん和洋のテイストを問わず、どんな空間にも自然に溶け込みます。 アートプランツやドライフラワーの素材感を引き立てる長い年月を経たような味わい深い錆色は、ひとつひとつ手作業で繊細な着色を施して作り出されたもの。職人の技によって独特の色合いとその表情を作り出した、芸術品のような味わいがあります。 サイズ(cm) 【壺型タイプ】約:約:直径14、高さ20 【球体型タイプ】約:直径12、高さ20 【三角型タイプ】約:直径14、高さ30.5 ※ハンドメイド品ですので多少サイズは前後します。 重量 【壺型タイプ】約1.7kg 【球体型タイプ】約1.2kg 【三角型タイプ】約1.9kg 素材 テラコッタ・クレイ 原産国 インドネシア・バリ島 ※ご注意 ■ハンドメイドのため個体差があり、サイズやデザインが若干異なる場合がございます。 ■ハンドメイドのため商品によって多少のグラつきが出る場合がございますので予めご了承ください。 ■水を吸いやすい素材のため、水漏れする可能性があります。アートプランツや造花など、水を使わない状態でご使用下さい。 ■特殊な着色加工のため強くこすったり、濡れた布で拭きあげますと表面塗装が色落ちしたり剥がれしやすくなっております。 ■お手入れの際は、乾いた柔らかい布等で軽くふき取るようにして頂き、下に保護用の敷物して頂きますと、より安全にご使用頂けます。 ■表面の擦れや色の変化、剥がれのような仕上がりは、風合いを出すための加工ですので予めご了承ください。 ...

李建 楠彫 両面屏風『花鳥山水尽し』【彫刻・中国古典家具・間仕切り】【通販・販売】

東京書芸館

297,000

李建 楠彫 両面屏風『花鳥山水尽し』【彫刻・中国古典家具・間仕切り】【通販・販売】

※写真の花瓶・青銅器はイメージです。 ■素材:[本体]楠、真鍮 [枠、仕切り板]ラバーウッド ■寸法(約):[本体]高さ150×幅165×奥行30cm、重さ32kg(収納時:高さ150×幅48cm)[仕切り板]高さ1.5×幅165×奥行19cm×4枚 ■棚板はめ込み式 ■限定5 ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は商品1点につき4,320円(税込)お申し受けます。 「世界の工芸品」商品一覧にもどる李建 楠彫 両面屏風『花鳥山水尽し』 吉祥柄がふんだんに描かれた荘厳な四曲屏風 中国古典家具の粋を極めた作品 ■四曲の両面に満遍(まんべん)なく彫刻された、山水や花鳥の細密優美な意匠。眺めるほどに味わい深い、中国古典家具の風格溢れる楠彫 両面屏風『花鳥山水尽し』。 ■屏風は本来、物を囲い、風を退け、寒さを防ぐ実用的な働きがありますが、同時に権威ある者の所在を示す象徴でもあり、その表面には壮麗な絵画や装飾が施されるようになりました。日本では8世紀の「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」が正倉院に保管されています。 ■名匠・李建氏の手により、最上段の両面に老松、二段目に花鳥図、そして三段目に山水図が丁寧に刻まれ、目をこらすと鶴や蝙蝠(こうもり)、木蓮、金鶏(きんけい)、椿、枝垂れ柳、楼閣、古銭など風雅な吉祥柄がふんだんに盛り込まれています。四曲を貫く三枚の仕切り板にはお好きな美術品や花瓶などをお飾りいただけ、空間を有効活用できます。このたび、李建氏のご厚意によって、特別にこの価格にてご入手いただける運びとなりました。悠久の中国文化の息吹を感じさせてくれる、まさに古典家具の名品です。 工芸美術師 李建 略歴 1970年10月、福建省に生まれる。幼少の頃より木彫に従事する家庭環境に影響を受け、熟練彫刻師を師と仰ぎ...

こちらの関連商品はいかがですか?

花瓶 陶器 フラワーベース フクロウ 瀬戸焼 花器 一輪挿し 雑貨 置物 ふくろう 瀬戸焼 かわいい 花瓶 花器 和風モダン フクロウ インテリア 和室 花瓶 陶器 置物 ベース 瀬戸焼 ふくろう...

ギギliving

6,264

花瓶 陶器 フラワーベース フクロウ 瀬戸焼 花器 一輪挿し 雑貨 置物 ふくろう 瀬戸焼 かわいい 花瓶 花器 和風モダン フクロウ インテリア 和室 花瓶 陶器 置物 ベース 瀬戸焼 ふくろう...

6羽のふくろう 小さなふくろうが6羽 枝に止まった様子の花瓶です 可愛いサイズのふくろうは 手作り感のある表情で 子供っぽくありません にぎやかな花瓶には 枝ものやグリーンなどが似合いそうです このまま飾っても絵になる花瓶 ふくろうグッズが大好きなコレクターさんにお勧めです 商品詳細 商品名 ふくろう家族の花瓶 商品番号 mkn2770 全体のサイズ(cm) 幅11×奥行10×高さ19 中のサイズ 口径4.5×深さ18 材質 陶器 重量 750g 生産国 日本(瀬戸) ※サイズ・重量はおおよその値です 一つずつ手作業での生産につき多少の違いはご了承ください - 備考 - 手作り品の為、色の出方や模様・形・サイズ等に個体差があります 釉薬の細かいヒビや垂れは陶器製品の特性としてご了承ください ディスプレイによる色の違いはご了承下さい 送料 北海道1000円 沖縄・離島は別途お問い合わせ下さい >> 「置物・オブジェ」はこちら >> 「陶器製の花瓶」はこちら >> 「ふくろう雑貨」はこちら >> 「こだわりギギらいふ」はこちら~ SETSUKOのこだわりセレクト ~ 雑貨大好きなつちやせつこです 私のわがままをちょっぴり言わせてもらい こだわりの雑貨を集めてみました 置いてみたい、持ってみたい、着てみたい・・・ 私のセレクト・・ 枝やグリーンが似合います 手作りの小さなふくろう 表情も違います まるで自分の定位置が あるような・・・ 後ろの様子です 置物で飾っても。

信楽焼 フラワーベース

あきんどざむらい

19,440

信楽焼 フラワーベース

・商品サイズ(約):W40cmxH15cmxD16.5cm ・画像商品のお届けとなります ・本商品は宅急便での発送です ・動画表示がない場合は、ページ更新→すべてのコンテンツを表示→クリック ・お使いのモニターの発色の具合により実際の商品の色と異なる場合があります *ギフト・メッセージはご注文画面にてお選び頂けます。 ※ギフト対応についてはコチラ 本商品は下記の発送方法でお届け出来ます。 詳細は下記一覧表をご参照ください。師匠:今日は焼き物の素晴らしさを語ってみるかな。 弟子:手短にね。嫌われるからね。 師匠:大丈夫。さて、焼き物は言うまでもなく太古の昔からある。 弟子:そうですね。 師匠:………もし我々が最初の人類だったとする。 弟子:はい。 師匠:腹が減り動物を狩るために物陰に身を潜めるも、はや3時間。 弟子:早く狩りなよ。 師匠:それよりも水が飲みたい。あー、水が飲みたい。 弟子:用意しときなさいよ。 師匠:コップなどないし見渡しても百均もない。 弟子:そりゃないよね。川に行きなよ。 師匠:川に行ったってまたすぐに喉は渇くよ。 弟子:何かに汲んどけばいいじゃんか。 師匠:何かって何に? 弟子:何って…………。えーと、意外と難しいね……。 師匠:どんぐりの帽子くらいしかないよ。 弟子:ちっさ。 師匠:きのこの裏側ですくうとかか? 弟子:いやだー。 師匠:木を切って椀にするくらいしかないけど、道具としての鉄がない。 弟子:だよねー。うーん、自然の中に“汲んでおけるもの"ってないね。 師匠:土をこねて乾かせばそれらしくなるけど……。 弟子:水を入れればまた崩れるしね。 師匠:でさ、お前ならこの「土をこねて乾した物」を焼いてみようと思うか? 弟子:思わないでしょうね。 師匠:ワシも思わない。 弟子:ですよね。 師匠...

フラワーベース [花瓶]

ギフトあれこれ ギフトスクエア

1,134

フラワーベース [花瓶]

■さまざまな用途にお使い頂けるギフト商品を多数ご用意しております。内祝 内祝い お祝い返し ウェディングギフト ブライダルギフト 引き出物 引出物 結婚引き出物 結婚引出物 結婚内祝い 出産内祝い 命名内祝い 入園内祝い 入学内祝い 卒園内祝い 卒業内祝い 就職内祝い 新築内祝い 引越し内祝い 快気内祝い 開店内祝い 二次会 披露宴 お祝い 御祝 慶事 結婚式 結婚祝い 出産祝い 初節句 七五三 入園祝い 入学祝い 卒園祝い 卒業祝い 成人式 就職祝い 昇進祝い 新築祝い 上棟祝い 引っ越し祝い 引越し祝い 開店祝い 退職祝い 快気祝い 全快祝い 初老祝い 還暦祝い 古稀祝い 喜寿祝い 傘寿祝い 米寿祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝い 金婚式 銀婚式 ダイヤモンド婚式 結婚記念日 ギフト ギフトセット セット 詰め合わせ 贈答品 お返し お礼 御礼 ごあいさつ ご挨拶 御挨拶 プレゼント お見舞い お見舞御礼 お餞別 引越し 引越しご挨拶 記念日 誕生日 父の日 母の日 敬老の日 記念品 卒業記念品 定年退職記念品 ゴルフコンペ コンペ景品 景品 賞品 粗品 ノベルティ お香典返し 香典返し 志 満中陰志 弔事 会葬御礼 法要 法要引き出物 法要引出物 法事 法事引き出物 法事引出物 忌明け 四十九日 七七日忌明け志 一周忌 三回忌 七回忌 回忌法要 偲び草 粗供養 初盆 供物 お供え お中元 御中元 お歳暮 御歳暮 お年賀 御年賀 残暑見舞い 年始挨拶 今治タオル カタログ カタログギフト カタログタイプギフト カタログ式ギフト ギフトカタログ グルメカタログ セレクトギフト チョイスカタログ チョイスギフト グルメギフト メモリアルギフト ディズニー フロッシュ 引菓子 かつおぶし ハーモニック リンベル 人気 老舗 話題...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

器茶房 彩庵

12,960

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

花入 125×240 木箱 165×165×295★楽天ランキング上位獲得! 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 堀江さつき作 扁壺(さつき-01)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 堀江さつき作 扁壺(さつき-01)

花入 160×178 木箱 備前焼 堀江さつき作扁壺15,750円 備前焼 堀江さつき作一輪10,500円 備前焼 堀江さつき作ティポット15,750円 備前焼 堀江さつき作三足花鉢10,500円 備前焼 堀江さつき作鉄鉢形小鉢6,300円 備前焼 堀江さつき作片口小鉢5,250円 備前焼 堀江さつき作長角皿6,825円 備前焼 堀江さつき作フリーカップ4,200円 備前焼 堀江さつき作マグカップ5,250円備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重...

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 銀彩金鶴 ap4-1050

器茶房 彩庵

23,760

花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 銀彩金鶴 ap4-1050

木箱入 径21.7×高さ19.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 銀彩金鶴 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

花器 フラワーベース 花入 九谷焼 花瓶 8号 鶴連山 ap4-1029

器茶房 彩庵

4,860

花器 フラワーベース 花入 九谷焼 花瓶 8号 鶴連山 ap4-1029

化粧箱入 径12×高さ25.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 笹に翡翠 山田龍山 ap4-1055

器茶房 彩庵

29,160

花器 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 笹に翡翠 山田龍山 ap4-1055

木箱入 径19×高さ24.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 笹に翡翠 山田龍山 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

花入 125×200 木箱 160×225×160備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

器茶房 彩庵

27,000

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

花入 120×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(窯変)

器茶房 彩庵

43,200

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(窯変)

花入 130×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 花瓶 8号 椿 高畠敏彦 ap4-1018

器茶房 彩庵

7,128

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 花瓶 8号 椿 高畠敏彦 ap4-1018

化粧箱入 径8.5×高さ25cm 花台付 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 連山 ap4-1033

器茶房 彩庵

9,180

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 連山 ap4-1033

化粧箱入 径17×高さ24cm 畳台付 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 連山 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
フラワーベース 花器 九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 ap4-1042

器茶房 彩庵

10,800

フラワーベース 花器 九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 ap4-1042

化粧箱入 径21×高さ20cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
フラワーベース 花器 九谷焼 6号 花瓶 金月鶴 ap4-1043

器茶房 彩庵

12,960

フラワーベース 花器 九谷焼 6号 花瓶 金月鶴 ap4-1043

化粧箱入 径18.4×高さ16.9cm 花台付 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 6号 花瓶 金月鶴 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

小壷 200×170 木箱 250×250×250備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花入 フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 花器(創-08)

器茶房 彩庵

64,800

花瓶 花入 フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 花器(創-08)

花器 180×250 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用さ...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 手桶花入(桟切)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 手桶花入(桟切)

花入 130×260 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 花の舞 ap4-1046

器茶房 彩庵

14,040

花器 フラワーベース 九谷焼 7号 花瓶 花の舞 ap4-1046

木箱入 径21.5×高さ19.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 花の舞 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

人気のインテリアアイテムの青銅花瓶、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できる青銅花瓶で、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「青銅花瓶」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ