「花瓶」 の検索結果 9,697件

ミチクサ 剣山付きベイス(花瓶)[+d/プラスディー] ディノス 初めてのお買い物には 1000円クーポンプレゼント♪

1,944

ミチクサ 剣山付きベイス(花瓶)[+d/プラスディー]

ディノス 初めてのお買い物には 1000円クーポンプレゼント♪

道の野花を活ける小さな花器です。道端の、名も無き花を摘んで帰ろう。それは楽しいみちくさ。お部屋にかわいい野の香り。h concept(アッシュコンセプト)のオリジナルブランド【+d(プラスディー)】 【ブランドコンセプト】よろこびは、よろこびを生みます。笑顔は、笑顔を生みます。##>+d(プラスディー)##>は、仲間がつどい、、遊び、発見し、挑戦しながら生まれます。デザインをつうじて、その楽しさを今度はあなたに届けます。+dは、メッセージです。【デザイナープロフィール】デザイナー:dmc./河野史明・石原崇・北尾暁子2001年設立。インターフェイスデザインとプロダクトデザイン。心が疼く、パワフルでエモーショナルで可愛くておしゃれで、それでいて使いやすく必然性のあるデザインをテーマに活動をしています。愛される商品、美しさ、使いやすさ、面白さ、アイデア、コミュニケーション等々、商品開発の中でデザインに求められる様々なソリューションを発信しています。ドイツiF 賞、グッドデザイン賞等、受賞多数。2006 Shanghigh Design Biennale 出展。【商品説明】ミチクサは花を支える場所が剣山のようなカタチです。しかし、剣山のようにさしません。剣山と剣山の間に花を飾ります。間は全てが同じ大きさではないので大きさにあった場所を選んで花を飾ることができます。道端の小さな花を飾ってみて下さい。花一輪がとても美しいです。小さな花器なので、手の届くところ、視線の届くところが似合います。MICHI-KUSA は、「道端の花」「野の花」「みちくさをする」の意味のみちくさです。「忙しい毎日、机の上にほんの少しのブレイクを」と願い、この花器をデザインしました。小さな花でも、大きな花でも、葉っぱでも何でも、大好きな花を、あなたの身近にどうぞ。

アニマルベース(花瓶) うさぎ[furnish/ファーニッシュ] ディノス 初めてのお買い物には 1000円クーポンプレゼント♪

3,780

アニマルベース(花瓶) うさぎ[furnish/ファーニッシュ]

ディノス 初めてのお買い物には 1000円クーポンプレゼント♪

耳に花を生けて花器としてお使い頂け、生ける花、飾り方次第で、あなただけのウサギが完成します。 【ブランドコンセプト】【furnish(ファーニッシュ)】・何気ない視点から、「使う」より「楽しく使う」と変化させていくもの作り。・商品は全て、80%の遊び心と20%の身勝手さで出来ています。 (20%の身勝手さとは、商品を使う人がその使い方をアレンジ工夫し、最終的な使い方は使う人自身に決めていただきたいという想い。)【デザイナープロフィール】2005年より始まった、東京のデザインユニットの ##>furnish(ファーニッシュ)##>。吉川聡志(ヨシカワサトシ)・小室文吾(コムロブンゴ)・本徳眞莉恵(ホントクマリエ)の現在3人で企画・製作・販売を行っている商品は、国内はもとより、海外でも高い評価を得て、フランスや北米でも商品を扱われています。【商品説明】ウサギのようでウサギじゃない、花器のようでただの花器じゃない。見慣れたウサギと花、一緒にまとめたら不思議な花器になりました。【磁器の特徴】磁器は石が細かく砕け、バクテリアなどの作用で粘土質になった「磁土」を焼いて作ります。 実は陶器よりも堅く丈夫で、磁器は日常使う食器として適しています。また地肌が白く表面がなめらかなため、鮮やかで細かい絵付けができるのも特徴の1つです。〜お悩み解消提案〜【悩み】:子供が動物の絵を描いて見せてくれたのですが、耳を描くのを忘れた為に何の動物なのかが分からず悩んでしまいました。息子に動物の耳は普段は気に留めないけれど、実は結構重要なんだよと教えたいのですがうまく教える方法はありますか・・・・?【答え】:そうなんですよね。耳の無い動物のイラストって何か物足りないですよね。そんな動物の耳を自分でアレンジできれば良いですよね。しかも華麗に綺麗にアレンジできる動物の形の花...

花瓶 陶器 九谷焼 8号 花瓶 金雲木立

7,560

花瓶 陶器 九谷焼 8号 花瓶 金雲木立

全2商品

木箱入 径12.5×高さ24cm 台付 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 金雲木立 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「花瓶」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ