「花器大」 の検索結果 566件

送料無料
蔓手付花器(大)

日本橋ギャラリー紫苑

19,440

蔓手付花器(大)

手作りのため歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 信楽焼は荒土です。陶土に含まれる長石が噴き出したり、石を噛んだりしていますが、これが信楽の特徴でございます。 サイズ 全体 幅 約 39cm 高さ 約 62cm(手を含む) 口径(内側) 約 22cm 高さ 約 37.5cm 箱 なし 付 属 しおり 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。無釉の「土もの」の美 「信楽にはじまって信楽に終わる」といわれる。なぜ雑器にすぎない信楽が時空を超えて人々の心に響くのだろうか。それは、「土、水、木、火」自然と人とが融合し作り出された「やきもの」だからかもしれない。 信楽焼(滋賀県)は、日本六古窯の中でもその歴史は古く天平14年(742年)聖武天皇がこの地に都を移した遷都(紫香楽宮)により始まったとされ、須恵器や瓦が出土しています。その後鎌倉時代、室町時代と盛衰はあったものの、極めて良質な陶土が豊富にある信楽は今日まで連綿とやきものの里としてその名を馳せているのです。 天平時代の須恵器は貴族のための器でしたが、鎌倉時代以降は、甕・壺・鉢等の農民のための生活道具として素朴な器が中心でした。稚拙な褐色の陶器は、荒土のため水漏れしやすいが、その通気性の良さがかえって穀物や茶の保存に適したのです。 室町後期の数寄者たちは農民の器を茶の湯に取り上げ、わびた趣を好む新しい美意識のもと「枯れた」境地の茶器として珍重し、信楽焼は脚光を浴びたのです。この素朴な陶器に高い価値を見出した数寄者は...

人気のインテリアアイテムの花器大、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できる花器大で、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「花器大」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ