「花入」 の検索結果 1,288件

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

器茶房 彩庵

21,600

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

花入 85×290(全長) 木箱 150×150×320備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花瓶 花器 備前焼 尺ヨセ角形 花入

器茶房 彩庵

7,290

花瓶 花器 備前焼 尺ヨセ角形 花入

ダンボール地箱入口径10.5cm 高さ30.5cm 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。★楽天ランキング上位獲得!

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 連山 ap4-1033

器茶房 彩庵

9,180

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 8号 花瓶 連山 ap4-1033

化粧箱入 径17×高さ24cm 畳台付 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 8号 花瓶 連山 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

小壷 200×170 木箱 250×250×250備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花瓶 花器 備前焼 尺切止形 花入

器茶房 彩庵

7,776

花瓶 花器 備前焼 尺切止形 花入

ダンボール地箱入口径10.5cm 高さ31cm 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

送料無料
花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(小)(守-08)

全2商品

54,000

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(小)(守-08)

壷 220×195 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

花入 90×170 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

花入 125×200 木箱 160×225×160備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

花入 76×215 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

赤金彩夏目型花入 伝統的な味わいのある信楽焼き 花瓶 花入れ 和テイスト 陶器 日本製 信楽焼 花器 焼き物 和風 しがらき

全3商品

2,430

赤金彩夏目型花入 伝統的な味わいのある信楽焼き 花瓶 花入れ 和テイスト 陶器 日本製 信楽焼 花器 焼き物 和風 しがらき

インフォメーション・注意事項 送料について 北海道への配送は別途送料がかかります。北海道送料:【北3】タイプ 決済方法について ※本商品は代引不可商品です。「代引」以外のお支払いをお選び下さい。 通常決済(お買い物ガイド「お支払い方法について」をご確認ください。 配 送 沖縄及び離島へは別途配送料がかかります。実費請求とさせて頂きますのでご了承下さい。 時間指定は1便(9-14時)、2便(12-18時)、終日便(9-18時)のみとなります。 地域によって配送の曜日が限定される場合や、時間指定が承れない場合がございます。 詳細・スペック 商品説明 ひと口に信楽焼といってもさまざまな商品があります。そのどれもが伝統の技に支えられ、焼物の可能性を追求した陶器です。陶土と呼ばれる粘土を主原料とし、その持ち味を最大限に生かした風合いは、陶土と炎が織りなす絶妙なバランスによって生まれます。信楽焼らなではの、深い味わいをお楽しみください。 サイズ 幅 105×高さ 170mm※手作り品があるため色・形・大きさが少々変わる場合があります。 材 質 陶土 組立 完成品 生産国 日本製(信楽焼) その他・注意事項 ◆◆使用上のご注意◆◆ 【全般】商品によっては、表面及び内面のザラ付き等にご注意ください。信楽焼は荒土が特徴で吸水性があるため長時間水分をいれたま放置されますと、水分がにじみ出てくる場合があります。洗剤等を混入されますと水漏れの原因となります。 【流水・めだか鉢/花器・水盤】水漏れ処理をしておりますが、室内でご使用の場合は万一に備え敷物等をお使いください。厳冬期に野外に設置しますと氷結し、氷が膨張することにより破損する場合があります。 【傘立て】強風時に転倒するおそれがあります。屋内等に収納ください。傘の投入時には強い衝撃を与えないでください...

花瓶 花器 備前焼 桟切 耳付寸胴 花入(小)

器茶房 彩庵

6,318

花瓶 花器 備前焼 桟切 耳付寸胴 花入(小)

木箱入7cm×5.2cm 高さ19cm桟切(さんぎり)金・青・灰色などのさまざまな模様。窯の隅や、器物の陰など、直接に炎や灰の当たらない、 煙に包み込まれるような場所でとれる模様。 備 前 焼締まった土肌に炎が描く、天然の美特徴 1 田土が生み出す地肌の存在感特徴 2 土と炎と偶然のたまもの 窯変の美しさ特徴 3 茶陶器にふさわしい侘びたたたずまい記念品や引出物に大人気です!丁寧な手作り作品の為、まとまった数量は納品までに1~2ヶ月かかる場合もございます。お早めにお申し込み下さいませ。 平安時代に作られた須恵器をルーツとする備前焼。釉薬を掛けずに、酸化焼成によって、かたく焼き締められた赤みの強い土の味わいや、窯の中で偶然に生み出された肌合いが人気の理由です。地味で飾り気はないが、存在感があり、頼もしさをもって強く訴えかけてきます。日本人の美の原点とさえ言われる所以です。茶褐色の地肌は、土に含まれる鉄分によるもので、「田土」と呼ばれるやわらかい粘土は、粒子が細かく粘性に富んでいます。粘土は備前市の伊部地区や長船町の田んぼの底から取れ、冬に掘り出し、二年ほど風雪にさらした後、山土と黒土と混ぜ合わして使用します。 ご注文時のご注意 備前焼きは、「窯変」とは窯の中の状況によって器の素地や釉薬が、偶然に起こす変化の事で、同じ窯で、同じ時に焼かれても、窯の中で置かれた場所の違いで、炎の当たり方や、灰の掛かり具合が変わってくるために、一つとして同じ模様にはなりません。したがって、実際にお届けする商品は写真のものとは、模様の出方や、多少のフォルムの違いなどがございます。ご注文の際は、こちらの事柄を十分にご理解下さいませ。気になさるお客様のご注文は恐縮ですが、お控え下さいませ。

【花器|花瓶】備前焼 花入れ・窯変 【日展作家・岡本徹正/作】

久兵衛

78,000

【花器|花瓶】備前焼 花入れ・窯変 【日展作家・岡本徹正/作】

備前焼の商品説明備前焼の花器です。備前焼の花入に生けたお花は「高遠赤外線効果」・「酸化還元作用」の効能により、水が腐りにくい為、通常の花入より長持ちします。又、備前焼独特の色彩がお花を一段と引きたてます。作品名備前焼 花器・花入れ(窯変)サイズ口径約20cm 底部約11cm 高さ約21cm重量2.8kg窯焚き種類登り窯陶芸作家岡本 徹正窯元山東窯(岡山県備前市)・興揚窯(岡山県加賀郡)・桜湖窯(岡山県久米郡)所属日展会友、現代工芸美術家協会本会員、現代工芸中国会常任委員、岡山日展会会員梱包形体紙箱 (桐箱対応可能商品:製作料金別途要~納期10日程度)お届けまでの目安決済完了後、3日~4日程度配送業者ヤマト運輸配送料金一律750円(税込) レビューを記載いただける方は送料無料!※一部地域追加料金 北海道・沖縄・一部離島追加500円同梱について備前焼の形状により同梱可能または不可能の場合がございます。ご注文後、当店よりご連絡しますご注文確認メールにてご案内させていただきます。模様・形状について備前焼は釉薬(うわぐすり)をかけない無釉焼物です。窯の中で偶然の積み重ねにより自然の力で成されます。その為一品限定となりますので、作品によって色、模様、形状は本ページ掲載の写真と異なる場合がございますので予めご留意願います。色合いについて備前焼の作品写真は出来る限り実物と同じ色合いになるように撮影を行っておりますが、ご使用のパソコン・液晶モニターのコントラスト設定等により実物と異なって見える場合がございます事ご了承ください。ご使用上の注意備前焼は良質な水と陶土により成形され長時間焼きしめていますので、ご利用の際、急熱・急冷には注意して 頂き、電子レンジやオーブン等、電子機器の使用はなるべく避けて下さい。 また...

【花器|花瓶】神水備前焼 壁掛け花入れ【日展作家・岡本徹正/作】

全2商品

18,000

【花器|花瓶】神水備前焼 壁掛け花入れ【日展作家・岡本徹正/作】

神水備前焼の商品説明神水備前焼の花器です。神水備前焼の花入に生けたお花は「高遠赤外線効果」・「酸化還元作用」の効能により、 水が腐りにくい 為通常の花入より長持ちします。又、備前焼独特の色彩がお花を一段と引きたてます。作品名神水備前焼 花器・花入れ(壁掛け型)サイズ上部口幅約7cm 底部約9cm 高さ約14cm 壁掛け金具の長さ2cm重量0.4kg窯焚き種類登り窯陶芸作家岡本 徹正窯元山東窯(岡山県備前市)・興揚窯(岡山県加賀郡)・桜湖窯(岡山県久米郡)所属日展会友、現代工芸美術家協会本会員、現代工芸中国会常任委員、岡山日展会会員梱包形体紙箱 (桐箱対応可能商品:製作料金別途要~納期10日程度)お届けまでの目安決済完了後、3日~4日程度配送業者ヤマト運輸配送料金一律750円(税込) レビューを記載いただける方は送料無料!※一部地域追加料金 北海道・沖縄・一部離島追加500円同梱について備前焼の形状により同梱可能または不可能の場合がございます。ご注文後、当店よりご連絡しますご注文確認メールにてご案内させていただきます。模様・形状について備前焼は釉薬(うわぐすり)をかけない無釉焼物です。窯の中で偶然の積み重ねにより自然の力で成されます。その為一品限定となりますので、作品によって色、模様、形状は本ページ掲載の写真と異なる場合がございますので予めご留意願います。色合いについて備前焼の作品写真は出来る限り実物と同じ色合いになるように撮影を行っておりますが、ご使用のパソコン・液晶モニターのコントラスト設定等により実物と異なって見える場合がございます事ご了承ください。ご使用上の注意備前焼は良質な水と陶土により成形され長時間焼きしめていますので、ご利用の際、急熱・急冷には注意して 頂き、電子レンジやオーブン等、電子機器の使用はなるべく避けて下さい...

信楽焼 壁掛け花入

あきんどざむらい

3,024

信楽焼 壁掛け花入

・商品サイズ(約):花器:H30cmx口径3cm ・画像商品のお届けとなります ・本商品は宅急便での発送です ・動画表示がない場合は、ページ更新→すべてのコンテンツを表示→クリック ・お使いのモニターの発色の具合により実際の商品の色と異なる場合があります *ギフト・メッセージはご注文画面にてお選び頂けます。 ※ギフト対応についてはコチラ 本商品は下記の発送方法でお届け出来ます。 詳細は下記一覧表をご参照ください。師匠:今日は焼き物の素晴らしさを語ってみるかな。 弟子:手短にね。嫌われるからね。 師匠:大丈夫。さて、焼き物は言うまでもなく太古の昔からある。 弟子:そうですね。 師匠:………もし我々が最初の人類だったとする。 弟子:はい。 師匠:腹が減り動物を狩るために物陰に身を潜めるも、はや3時間。 弟子:早く狩りなよ。 師匠:それよりも水が飲みたい。あー、水が飲みたい。 弟子:用意しときなさいよ。 師匠:コップなどないし見渡しても百均もない。 弟子:そりゃないよね。川に行きなよ。 師匠:川に行ったってまたすぐに喉は渇くよ。 弟子:何かに汲んどけばいいじゃんか。 師匠:何かって何に? 弟子:何って…………。えーと、意外と難しいね……。 師匠:どんぐりの帽子くらいしかないよ。 弟子:ちっさ。 師匠:きのこの裏側ですくうとかか? 弟子:いやだー。 師匠:木を切って椀にするくらいしかないけど、道具としての鉄がない。 弟子:だよねー。うーん、自然の中に“汲んでおけるもの"ってないね。 師匠:土をこねて乾かせばそれらしくなるけど……。 弟子:水を入れればまた崩れるしね。 師匠:でさ、お前ならこの「土をこねて乾した物」を焼いてみようと思うか? 弟子:思わないでしょうね。 師匠:ワシも思わない。 弟子:ですよね。 師匠...

信楽焼 花入 大

あきんどざむらい

1,944

信楽焼 花入 大

・商品サイズ(約):直径14cmxH10cm ・画像商品のお届けとなります ・本商品は宅急便での発送です ・動画表示がない場合は、ページ更新→すべてのコンテンツを表示→クリック ・お使いのモニターの発色の具合により実際の商品の色と異なる場合があります *ギフト・メッセージはご注文画面にてお選び頂けます。 ※ギフト対応についてはコチラ 本商品は下記の発送方法でお届け出来ます。 詳細は下記一覧表をご参照ください。師匠:今日は焼き物の素晴らしさを語ってみるかな。 弟子:手短にね。嫌われるからね。 師匠:大丈夫。さて、焼き物は言うまでもなく太古の昔からある。 弟子:そうですね。 師匠:………もし我々が最初の人類だったとする。 弟子:はい。 師匠:腹が減り動物を狩るために物陰に身を潜めるも、はや3時間。 弟子:早く狩りなよ。 師匠:それよりも水が飲みたい。あー、水が飲みたい。 弟子:用意しときなさいよ。 師匠:コップなどないし見渡しても百均もない。 弟子:そりゃないよね。川に行きなよ。 師匠:川に行ったってまたすぐに喉は渇くよ。 弟子:何かに汲んどけばいいじゃんか。 師匠:何かって何に? 弟子:何って…………。えーと、意外と難しいね……。 師匠:どんぐりの帽子くらいしかないよ。 弟子:ちっさ。 師匠:きのこの裏側ですくうとかか? 弟子:いやだー。 師匠:木を切って椀にするくらいしかないけど、道具としての鉄がない。 弟子:だよねー。うーん、自然の中に“汲んでおけるもの"ってないね。 師匠:土をこねて乾かせばそれらしくなるけど……。 弟子:水を入れればまた崩れるしね。 師匠:でさ、お前ならこの「土をこねて乾した物」を焼いてみようと思うか? 弟子:思わないでしょうね。 師匠:ワシも思わない。 弟子:ですよね。 師匠...

信楽焼 花入

あきんどざむらい

1,944

信楽焼 花入

・商品サイズ(約):W15cmxD6.5cm ・画像商品のお届けとなります ・本商品は宅急便での発送です ・動画表示がない場合は、ページ更新→すべてのコンテンツを表示→クリック ・お使いのモニターの発色の具合により実際の商品の色と異なる場合があります *ギフト・メッセージはご注文画面にてお選び頂けます。 ※ギフト対応についてはコチラ 本商品は下記の発送方法でお届け出来ます。 詳細は下記一覧表をご参照ください。師匠:今日は焼き物の素晴らしさを語ってみるかな。 弟子:手短にね。嫌われるからね。 師匠:大丈夫。さて、焼き物は言うまでもなく太古の昔からある。 弟子:そうですね。 師匠:………もし我々が最初の人類だったとする。 弟子:はい。 師匠:腹が減り動物を狩るために物陰に身を潜めるも、はや3時間。 弟子:早く狩りなよ。 師匠:それよりも水が飲みたい。あー、水が飲みたい。 弟子:用意しときなさいよ。 師匠:コップなどないし見渡しても百均もない。 弟子:そりゃないよね。川に行きなよ。 師匠:川に行ったってまたすぐに喉は渇くよ。 弟子:何かに汲んどけばいいじゃんか。 師匠:何かって何に? 弟子:何って…………。えーと、意外と難しいね……。 師匠:どんぐりの帽子くらいしかないよ。 弟子:ちっさ。 師匠:きのこの裏側ですくうとかか? 弟子:いやだー。 師匠:木を切って椀にするくらいしかないけど、道具としての鉄がない。 弟子:だよねー。うーん、自然の中に“汲んでおけるもの"ってないね。 師匠:土をこねて乾かせばそれらしくなるけど……。 弟子:水を入れればまた崩れるしね。 師匠:でさ、お前ならこの「土をこねて乾した物」を焼いてみようと思うか? 弟子:思わないでしょうね。 師匠:ワシも思わない。 弟子:ですよね。 師匠...

萩花入

日本橋ギャラリー紫苑

9,504

萩花入

サイズ 径 約8.5cm 高さ 約15cm 付属品 木製共箱、しおり 原産地 日本製(山口県) 商品の特徴 新品(最新作)、手造り全て手作りのため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、荒土のため石はぜや、焼成中炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。また萩焼は、水が染み出す場合がございますが、使い込むうち自然に止まり、茶慣れが味わいとなり愛着が湧くのでございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。萩焼の由来 萩焼は、わが国の陶器の中でも特に古来より「一楽二萩三唐津」と称せられ、その軟らかく口当たりの良い土味で古くから茶器としてお茶人の間に広く賞用されて参りました。 慶長の昔、毛利藩主輝元公が、朝鮮の陶工、李勺光、李敬兄弟を連れてきたり藩の御用窯として開窯したのを始めとし、以来400余年の間伝統を守り、歴代陶工のたゆまぬ精進と愛好家のご支援の下、今日の名声を戴くに至っております。 萩焼はご使用と共に、次第に色及び光沢に古雅にして素朴な風趣変化を見せ、世人は「萩の七化け」と賛え非常に珍重されております。 岡田仙舟 作 萩焼花入(双耳鶴首) 今回出品の作品は、伝統的な技法に現代的な感性を融合させた作風で名高い萩の人気作家、岡田仙舟 作 萩花入です。大道土を轆轤で成形後、耳を付け化粧土と釉薬を掛け、登り窯焼成による御本手窯変が見事です。花器としてまた飾りとして、置場所を選らばない小振りな大きさです。すばらしい出来栄えの「岡田仙舟 作...

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 尺寸胴花入

器茶房 彩庵

7,128

備前焼 花瓶 花器 花入 備前焼 尺寸胴花入

ダンボール地箱入口径12.3cm 高さ31cm備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
備前耳付花入

日本橋ギャラリー紫苑

30,240

備前耳付花入

全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 備前焼は硬いやきものですが、熱に敏感です。いきなり熱湯は入れない様にお願い致します。 サイズ 幅 約17cm 奥行 約13.8cm 高さ 約23.3cm 箱 袋真田紐付桐共箱 付 属 共布 しおり 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年 第43回日本伝統工芸展入選 1997年 第44回日本伝統工芸展入選 宮内庁買上げ 第3回焼き締め陶展入選 1998年 第44回日本伝統工芸展入選 日本工芸会正会員に認定される 1997年 第16回田部美術館「茶の湯造形展入選」 第15回日本陶芸展入選

送料無料
木の葉文花入

日本橋ギャラリー紫苑

12,960

木の葉文花入

サイズ 径 約11cm 高さ 約23cm 付属品 しおり、民芸品に付きお箱はございません。 商品の特徴 手造り、新品(最新作)日本製(栃木県)全て手作りのため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、荒土のため石はぜや、焼成中炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。 ※こちらの商品は現品限りでございます。※こちらの商品は当店に在庫がない場合、取り寄せ後のお届けか注文生産となります。また、特別注文も承ります。納期はメールにてご連絡申し上げますつが野焼 川原井与一郎 作 木の葉文花入 栃木県藤岡市にある窯元、つが野焼川原井与一郎作の木の葉文花入です。自然の木の葉(やぶがらし)を白土にしっかりと押付け、みかも山麓の赤土を塗り、オリジナルの釉薬を掛け焼成する。手間隙を掛けた手作りの民芸陶器です。素朴で独特な色合いに力強いロクロ目が景色を添えている、つが野焼木の葉文花入をぜひご愛用下さい。 こちらの商品は現品限りでございます。

花瓶 花器 花入 一輪挿し 備前焼 小花入ひさご(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花瓶 花器 花入 一輪挿し 備前焼 小花入ひさご(桟切)

花入 100×130 木箱 110×110×165備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

人気のインテリアアイテムの花入、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できる花入で、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

関連キーワード

壁掛け花入れ 花入れ
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「花入」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ