「竹のれん」 の検索結果 72件

送料無料
京都万葉舎 水玉のれん 茶色 【532P19Apr16】

和梵NU echizenya

19,332

京都万葉舎 水玉のれん 茶色 【532P19Apr16】

商品名 京都万葉舎 水玉のれん 茶色 サイズ 幅 88cm 高さ150cm 材質や工法 麻 100%、手染め 京都の職人がひとつひとつ手染めで、染料を生地に滲ませ、柔らかい表情が出るように、円のふちにぼかしをいれています。カワイイ暖簾です。 手作業ならではのあたたかさで、水玉模様という誰にも愛されるシンプルなデザインながら、他にはないバランスとディテールにこだわったのれんに仕上がっております。 茶色は、「どこか懐かしい大正ロマンカラー」となっております。 のれんは、夏は日差しを和らげ、冬は冷たい風を柔らかく防いでくれます。 季節を感じる柄にて暖簾一つで季節を楽しめます。 ご贈答にも喜ばれる伝統の逸品をお一ついかがでしょうか。 暖簾の歴史と使い方 暖簾の歴史は非常に古く、縄文時代にさかのぼるといわれています。 古くは建物に直接風や光が入るのを防いだり、外からの目隠しにするため、 冬は寒風を遮る厚い布をかけ、夏季は涼しげな竹や葦を編んだものをかけたそうです。 冬用のものを「暖簾」、夏用のものを「涼簾」と呼んでいましたが、暖簾はしだいに商店の営業の目印とされるようになり、閉店になるとまず暖簾を仕舞う(片付ける)。 上記の意味から転じて屋号を暖簾名(または単に暖簾)と呼び、商店の信用・格式も表すようになったそうです。 また「涼簾」の語は寺院などを除き一般に使われなくなり、ただの「簾(すだれ)」となって今に至りまする。 戦前戦後の屋台・飯屋などの店では、客が出て行く時に食事をつまんで汚れた手先を暖簾で拭いていくという事もあり、 「暖簾が汚れているほど繁盛している店」という目安にもなっていました。 銭湯・旅館など、入浴・温泉施設がある建物においては、「ゆ」などと書いた「湯のれん(ゆのれん)」を掛ける事があります。 また...

送料無料
京都洛柿庵 のれん「桜に四十雀」 【02P01Apr16】

和梵NU echizenya

23,652

京都洛柿庵 のれん「桜に四十雀」 【02P01Apr16】

商品名 京都洛柿庵 のれん「桜に四十雀」 サイズ 幅 88cm 高さ150cm 材質や工法 麻 100% 京都洛柿庵の美しいタペストリーです。花びらの一枚一枚を丁寧に仕上げた枝垂れ桜に四十雀がアクセントになっています。 のれんは、夏は日差しを和らげ、冬は冷たい風を柔らかく防いでくれます。 季節を感じる柄にて暖簾一つで季節を楽しめます。 ご贈答にも喜ばれる伝統の逸品をお一ついかがでしょうか。 暖簾の歴史と使い方 暖簾の歴史は非常に古く、縄文時代にさかのぼるといわれています。 古くは建物に直接風や光が入るのを防いだり、外からの目隠しにするため、 冬は寒風を遮る厚い布をかけ、夏季は涼しげな竹や葦を編んだものをかけたそうです。 冬用のものを「暖簾」、夏用のものを「涼簾」と呼んでいましたが、暖簾はしだいに商店の営業の目印とされるようになり、閉店になるとまず暖簾を仕舞う(片付ける)。 上記の意味から転じて屋号を暖簾名(または単に暖簾)と呼び、商店の信用・格式も表すようになったそうです。 また「涼簾」の語は寺院などを除き一般に使われなくなり、ただの「簾(すだれ)」となって今に至りまする。 戦前戦後の屋台・飯屋などの店では、客が出て行く時に食事をつまんで汚れた手先を暖簾で拭いていくという事もあり、 「暖簾が汚れているほど繁盛している店」という目安にもなっていました。 銭湯・旅館など、入浴・温泉施設がある建物においては、「ゆ」などと書いた「湯のれん(ゆのれん)」を掛ける事があります。 また、女湯と男湯の区別をわかりやすくするために「女湯」「男湯」などの暖簾を下げる事もありまる。 現代では、のれんを見直す動きがでており、一般の家庭でも使用されるかたが増えています。 思ったよりも気軽にお使いできる暖簾。玄関先やお部屋にもお使いできます。...

送料無料
京都洛柿庵 のれん「秋の花」【02P28Apr16】

和梵NU echizenya

21,276

京都洛柿庵 のれん「秋の花」【02P28Apr16】

商品名 京都洛柿庵 のれん「秋の花」 サイズ 幅 88cm 高さ150cm 材質や工法 麻 100% 6種類の草花を丁寧に描いた贅沢な暖簾です。あけび、秋明菊、つわぶき、秋桜、山帰来、秋が描かれています。(のれん 通販) のれんは、夏は日差しを和らげ、冬は冷たい風を柔らかく防いでくれます。 季節を感じる柄にて暖簾一つで季節を楽しめます。 ご贈答にも喜ばれる伝統の逸品をお一ついかがでしょうか。 暖簾の歴史と使い方 暖簾の歴史は非常に古く、縄文時代にさかのぼるといわれています。 古くは建物に直接風や光が入るのを防いだり、外からの目隠しにするため、 冬は寒風を遮る厚い布をかけ、夏季は涼しげな竹や葦を編んだものをかけたそうです。 冬用のものを「暖簾」、夏用のものを「涼簾」と呼んでいましたが、暖簾はしだいに商店の営業の目印とされるようになり、閉店になるとまず暖簾を仕舞う(片付ける)。 上記の意味から転じて屋号を暖簾名(または単に暖簾)と呼び、商店の信用・格式も表すようになったそうです。 また「涼簾」の語は寺院などを除き一般に使われなくなり、ただの「簾(すだれ)」となって今に至りまする。 戦前戦後の屋台・飯屋などの店では、客が出て行く時に食事をつまんで汚れた手先を暖簾で拭いていくという事もあり、 「暖簾が汚れているほど繁盛している店」という目安にもなっていました。 銭湯・旅館など、入浴・温泉施設がある建物においては、「ゆ」などと書いた「湯のれん(ゆのれん)」を掛ける事があります。 また、女湯と男湯の区別をわかりやすくするために「女湯」「男湯」などの暖簾を下げる事もありまる。 現代では、のれんを見直す動きがでており、一般の家庭でも使用されるかたが増えています。 思ったよりも気軽にお使いできる暖簾。玄関先やお部屋にもお使いできます。...

送料無料
【送料無料】お座敷すだれ 約88×30cm(二間間口・のれん) SUD54430【取寄品・メーカー直送、ギフト包装・期日指定不可】【注意:欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生します。】

MADELIN 飲むバラ水NOMUBARAの店

9,997

【送料無料】お座敷すだれ 約88×30cm(二間間口・のれん) SUD54430【取寄品・メーカー直送、ギフト包装・期日指定不可】【注意:欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生します。】

ご注文後1週間前後で出荷となります。こちらの商品は海外配送未対応の商品となりますので、海外からのご注文の場合、お断りさせていただきますので、ご了承くださいませ。夏場の和室を涼しげに間仕切るお座敷すだれののれんタイプです。風を通しながら視線をさえぎる昔からの伝統的スタイルです。すだれ生地は竹の節揃えを生地全体に配した、本格的な座敷すだれ用生地を使用しました。サイズ約88×30cm個装サイズ:22×90×4cm重量400g個装重量:1000g素材・材質生地:竹皮ひご100%縁布・房:レーヨン100%金具:鉄製付属品取り付け用金具(乙かん)製造国日本見た目にも爽やかな和のインテリア。※お取り付けに関して工具等は必要なく、比較的容易に取付可能です。もちろんのこと、鴨居等には目立たないながらも穴は開きますので、取付箇所はお客様の判断にお任せすることになります。※縁部分イメージ夏場の和室を涼しげに間仕切るお座敷すだれののれんタイプです。風を通しながら視線をさえぎる昔からの伝統的スタイルです。すだれ生地は竹の節揃えを生地全体に配した、本格的な座敷すだれ用生地を使用しました。

人気のインテリアアイテムの竹のれん、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できる竹のれんで、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「竹のれん」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ