「暮らしのデザイン」 の検索結果 8,326件

約45×75cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

7,560

約45×75cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。 19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

11,880

約60×90cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。 19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

約67×120cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

ディノス

17,280

約67×120cm モリスゴブラン織りマット〈いちご泥棒〉

「暮らしの中にアートを」。その第一歩をモリスのマットで実現。モチーフはモリスデザインの中でも人気の高い「いちごどろぼう」。 19世紀の英国で活躍したウィリアム・モリスは、日常の暮らしの中でこそ美しいものを使うことを提案した芸術家。そのデザインは今なお、多くの人を魅了します。そんなモリスのあでやかなデザインを、繊細な表現を可能にするゴブラン織りで再現しました。織物のため比較的薄手なので、玄関マットとしてはもちろん、ドア前に置いても開閉の邪魔になにくく、リビングやベッドサイドマットにしてもおすすめです。ビロード状の毛羽があるシェニール糸をふんだんに使用しているため高級感があります。●ゴブラン織りとは織物の一種。絵模様を織り出したヨーロッパの「綴れ織り(つづれおり)」のことで、多色の糸を使用できるため、タペストリーのような繊細な表現ができる織物の一般名称になっています。名前の成り立ちは、15世紀にゴブラン一家がパリで作った染色工場の場所に、17世紀にタペストリーの国立工房が作られ発展したことにゴブランの名の由来があります。【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために...

人気のインテリアアイテムの暮らしのデザイン、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できる暮らしのデザインで、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「暮らしのデザイン」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ