「ペンダント照明」 の検索結果 20,400件

DI CLASSE/ディクラッセ LEDペンダントライト Epoca(エポカ)

ディノス

16,200

DI CLASSE/ディクラッセ LEDペンダントライト Epoca(エポカ)

金属の質感を活かしたシェードは、時とともにアンティークのような深い味わいに。多灯付けがおすすめです。 金属の質感を活かしたシェードは、時とともにアンティークのような深い味わいに。多灯付けがおすすめです。LEDでもアンティーク調の味わいを。存在感のある金属を使用したレトロなシェードとLEDライトの組み合わせ。シェードの表面の色味は、時間の経過とともにアンティークのような味わい深い風合いに。時の流れと変化を楽しむエイジングデザインです。光源には、自然光に近い温かみのあるLEDを採用。光源を見上げたときのグレアカットも十分考慮し、シンプルかつ機能性豊かなデザイン形状のLED照明です。別売りのライティングレールなどを使い、ダイニングテーブルの上に並べてつける多灯付けのスタイリングや、トイレや玄関などの小空間におすすめです。 多灯付けのすすめお部屋を一つの照明だけで明るくするのではなく、複数つけることにより、明るさを補うだけでなく、簡単にお部屋の印象を変えることが出来ます。例えば、シンプルな照明を並べて吊るすと、いつものお部屋がカフェ風な雰囲気に早変わり!同じ高さに並べてつけたり、高さを変えてリズム感を出したり。もっと気軽に照明使いを楽みませんか?

FLASK フラスコ ペンダントランプ [abode アボード]

ディノス

14,040

FLASK フラスコ ペンダントランプ [abode アボード]

デザインインテリアブランド[abode]。三角フラスコがそのまま照明になった、ムダのないフォルムに心惹かれます。実際の実験用具をカスタマイズして使用しています。FLASK - Pendant Lamp 理科実験用の三角フラスコが照明になりました。フラスコ下部のサンドブラスト部分は、あたかも実験用の溶液が入っているような錯覚をおこします。レディメイドの手法を用いたデザインは実験器具の無駄のないフォルムの魅力を生かしています。デザイン 津留 敬文 Takafumi Tsuru九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒業。レーベンズボーン・カレッジ・オブ・デザイン・アンド・コミュニケーション - 3D科(ファニチャー&リレーテッド・プロダクト・デザイン)卒業。abode アボード洗練されたデザインと機能性を追求するファニチャーレーベル、abode。英語で「住居」を意味する通り、人の生活の基本となる住空間に主軸を置いたプロダクトを展開する。日々食事をし、大切な人と過ごし、身体を休める場が、その人自身をかたち作っているとも言える。目指すのはライフスタイルにアクセントを付け、感性を心地よく刺激する製品。優れた品質を求めた結果、すべての製品はmade in Japanである。

MOOMIN×amabro AIZOME ペンダントライト2灯タイプ[amabro/アマブロ]

ディノス

30,240

MOOMIN×amabro AIZOME ペンダントライト2灯タイプ[amabro/アマブロ]

古くから日本で親しみ愛され続けてきた藍染めをシェードにしたペンダントライト。澄んだ藍色の中で「ムーミン」の世界観を表現。 深く澄んだ藍色、日本を代表する神秘なブルーの中で「ムーミン」の世界観を表現。キャラクターたちのシルエットが美しく浮かび上がり、やわらかい光でお部屋を包むでしょう。北欧スタイルはもちろん、和にも洋にも相性が良く、リビングやダイニングにも映えるペンダントライトです。ブランドコンセプト日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>ブランドプロフィール 2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開バイヤーズコメント「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の伝統柄と組み合わせて版権元からの承認を得るのはすごく困難なことです。それはある意味、そのキャラクター自身の世界観を壊してしまうから…。それを商品化できたのは、amabroのコンセプトメイクの素晴らしさ、それを体現できるデザイン力...

hexagonステンレスペンダントライト[三代目板金屋]

ディノス

115,560

hexagonステンレスペンダントライト[三代目板金屋]

「無機質・・・もう優しいだけじゃ物足りない。」金属の美しさ、重厚感、繊細さに魅せられた女性板金チームと板金熟練職人が贈る、メタルインテリアとプロダクトの新たなカタチ ステンレスの幾何学的デザインの照明シェード。放熱穴が斬新なデザインになっていますので天井近くに取り付けると幾何学模様が天井に広がります。また、内側は鏡面加工になっていますので、電球光が万華鏡のように見えます。ステンレス製のため、熱や油汚れに強く、特にキッチンやダイニングのペンダントライトとしておすすめいたします。重く、冷たく、硬い・・・そんなイメージのある「金属」を、もっとクールに、楽しんでほしいと、メタルインテリアを製作しております。私たちの大好きな金属の素材感をどれだけお伝えできるか、という挑戦でもあります。このデザインの発想は、もともと弊社が製作している機械板金加工と日本伝統の折り紙の作り方がよく似ていることに気付いたところから始まりました。「折り紙」から発想した形状で、金属に日本の伝統の繊細さと美しさを与え、「時代に合わせて進化させる」そんな想いを込めてデザインしております。優しく温かい物たちにあふれたライフスタイルの中に、凛としたメタルの強さ、クールな素材感。新しいライフスタイルの提案です。ブランドコンセプトかつて「金属の芸術家」と呼ばれた板金職人は、時代は変われど、今も鉄の塊に熱と力を加え、切り、叩き、曲げ、カタチを作っています。磨き上げられた技術を持つ職人達によるメタルインテリア。現代のライフスタイルの中のアクセントファニチャーとして「無機質」なメタルインテリアを提案いたします。金属のクールさをどこにもないデザインでお伝えする「三代目板金屋」でございます。⇒三代目板金屋のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒三代目板金屋の特集記事はこちら。##...

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.6[NEBUTA STYLE]

ディノス

45,360

KAKERA 彩 ペンダントライトNo.6[NEBUTA STYLE]

東北の短い夏を焦がす、青森ねぶた。そのエネルギーの「かけら」を、モダンインテリアに灯します。第一線のねぶた師と気鋭のデザイナーのコラボレーションによる、新しいアートプロジェクトです。 実際のねぶたと同じ、紙とスチールのコンビネーションで3枚のねぶたの「かけら」を彩りよくレイアウトしたペンダントライトです。タコ糸による線材の結束や和紙の貼り込みなど、ねぶたの制作技法がコンパクトに詰まっています。「KAKERA」の「かけら」部分には、墨跡・蝋引きといったねぶた独特の技法が凝縮されています。ねぶた師が描いた鉛筆による下描きの跡が残るものもあり、本物の「ねぶた」の息遣いを感じることができます。-------ねぶたづくりをしたい、だけど経済的な理由から踏み切れない、という若者が多くいます。10年修行してやっと大型ねぶたをつくれるようになっても、まだまだ経済的にはやっていけないのがねぶた師の現実。これでは、ねぶた祭の将来が危うい。NEBUTA STYLEは、そんなねぶた師の世界に生業を提供するプロジェクトです。“KAKERA”をはじめとし、ねぶたの技術と感性を活かしたプロダクツを制作・販売していくことで、ねぶたの世界を志す若者たちに生活基盤を提供することを目指しています。ブランドコンセプトねぶたは、その年の祭が終わるや否や解体されてしまう存在です。「KAKERA」とは、このはかなさを長く記憶にとどめるため、実際に運行されたねぶたの彩色和紙の希少な端切れ=「ねぶたのかけら」をアップサイクルした商品群のブランドネームです。「KAKERA」は、1台のねぶたから300個までしか製造しません。本物の「ねぶたのかけら」を使った証として、エディションナンバーが入った「かけら使用証明書」が付属します。ねぶたの設計図ともいえる「原画」...

octagonステンレスペンダントライト[三代目板金屋]

ディノス

105,840

octagonステンレスペンダントライト[三代目板金屋]

「無機質・・・もう優しいだけじゃ物足りない。」金属の美しさ、重厚感、繊細さに魅せられた女性板金チームと板金熟練職人が贈る、メタルインテリアとプロダクトの新たなカタチ ステンレスの幾何学的デザインの照明シェード。放熱穴が斬新なデザインになっていますので天井近くに取り付けると幾何学模様が天井に広がります。また、内側は鏡面加工になっていますので、電球光が万華鏡のように見えます。ステンレス製のため、熱や油汚れに強く、特にキッチンやダイニングのペンダントライトとしておすすめいたします。重く、冷たく、硬い・・・そんなイメージのある「金属」を、もっとクールに、楽しんでほしいと、メタルインテリアを製作しております。私たちの大好きな金属の素材感をどれだけお伝えできるか、という挑戦でもあります。このデザインの発想は、もともと弊社が製作している機械板金加工と日本伝統の折り紙の作り方がよく似ていることに気付いたところから始まりました。「折り紙」から発想した形状で、金属に日本の伝統の繊細さと美しさを与え、「時代に合わせて進化させる」そんな想いを込めてデザインしております。優しく温かい物たちにあふれたライフスタイルの中に、凛としたメタルの強さ、クールな素材感。新しいライフスタイルの提案です。ブランドコンセプトかつて「金属の芸術家」と呼ばれた板金職人は、時代は変われど、今も鉄の塊に熱と力を加え、切り、叩き、曲げ、カタチを作っています。磨き上げられた技術を持つ職人達によるメタルインテリア。現代のライフスタイルの中のアクセントファニチャーとして「無機質」なメタルインテリアを提案いたします。金属のクールさをどこにもないデザインでお伝えする「三代目板金屋」でございます。⇒三代目板金屋のすべての商品はこちらからご覧いただけます。⇒三代目板金屋の特集記事はこちら。##...

Louis Poulsen/ルイスポールセン PH5シリーズ PH50

ディノス

95,040

Louis Poulsen/ルイスポールセン PH5シリーズ PH50

2008年発表のPH50は、発売50周年を記念したモデル。PH5シリーズのカラフルタイプで、シェードの表面は光沢のある塗装を使用。 PH5シリーズは独特なカーブを描くシェードと反射板が不快な眩しさを抑え、食卓に温かく、爽やかな光をもたらします。低い位置(卓上から60cm)に吊ることで卓上はしっかりと、さらにテーブルを囲む人々の顔は柔らかく美しい陰影で照らします。 ※照明の最適の高さ…卓上から60cm PH 5 series ポール・ヘニングセンによるデザインで1958年に発表。2008年発表のPH50は、発売50周年を記念したモデル。カラフルなカラーで、シェードの表面は光沢のある塗装を使用。リフレクターの色をブルーからレッドに変更。部屋の雰囲気を温かく照らします。デンマークのルイスポールセン社は、1924年のパリ博覧会のために開発した照明が高評価を得て以来、今なお世界中で愛され続けている照明器具ブランドです。部屋に照明を設置する場合におすすめするのが複数の照明を用いること。部屋を1灯だけの光(シーリングなど)で均一に照らすと、空間が陰影のない平面的な印象になってしまいます。ペンダント、テーブル、フロアランプを家具に合わせて配置し、2灯以上の照明で照らすと空間が広く見え、必要なところに明るい光が届くため、機能的で寛いだ雰囲気になります。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ペンダント照明」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ