「シーサー大」 の関連商品を含む検索結果 3件

手造りシーサー 大立 素焼 (雌雄セット)

全2商品

36,720

手造りシーサー 大立 素焼 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

おかえりなさいシーサー 大 素焼 (雌雄セット)

全2商品

41,805

おかえりなさいシーサー 大 素焼 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

こちらの関連商品はいかがですか?

手造りシーサー 小横立 素焼 (雌雄セット)

全2商品

4,254

手造りシーサー 小横立 素焼 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

手造りシーサー 小横伏 素焼 (雌雄セット)

全2商品

4,320

手造りシーサー 小横伏 素焼 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

ブーシーサー 素焼 (雌雄セット)

全2商品

4,254

ブーシーサー 素焼 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

正面立シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

全2商品

4,280

正面立シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

宮城シーサー 横立 素焼 (雄雌セット)

全2商品

65,678

宮城シーサー 横立 素焼 (雄雌セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

ブーシーサー ミニ 素焼 (雌雄セット)

全2商品

2,484

ブーシーサー ミニ 素焼 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

中立シーサー 上焼 赤ベタ (雌雄セット)

全2商品

5,387

中立シーサー 上焼 赤ベタ (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う。赤ベタは、本焼きしたものに赤ベタ(上絵付け)を胴体部分に施してから三度目の焼成を行ったも。三度焼きによって生まれた、ひと手間かけた逸品 ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

おかえりなさいシーサー 上焼 白 (雌雄セット)

全2商品

7,517

おかえりなさいシーサー 上焼 白 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

門柱シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

全2商品

32,743

門柱シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

中立シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

全2商品

4,320

中立シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

特大シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

全2商品

14,069

特大シーサー 上焼 白 (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

大立シーサー 上焼 赤ベタ (雌雄セット)

全2商品

6,450

大立シーサー 上焼 赤ベタ (雌雄セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●上焼とは、一度素焼きをした後に、釉薬によって下絵付けを施し、本焼きをすることによって完成するもののことを言う。赤ベタは、本焼きしたものに赤ベタ(上絵付け)を胴体部分に施してから三度目の焼成を行ったも。三度焼きによって生まれた、ひと手間かけた逸品 ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

宮城シーサー 横伏 素焼 (雄雌セット)

全2商品

53,871

宮城シーサー 横伏 素焼 (雄雌セット)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

面シーサー 素焼 (小)

全2商品

2,484

面シーサー 素焼 (小)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

面シーサー 素焼 (中)

全2商品

4,154

面シーサー 素焼 (中)

●琉球焼の窯元「中城窯」の作品。東アジアの焼物の要素が加味された力強く、素朴で華麗な琉球焼の伝統技術を正しく承継し、それに新しい要素との調和を考え、沖縄の陶土の個性を生かしつつ焼き上げるという特徴のある窯元 ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれている。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●本体サイズ、重量は1体分の表示 ●素焼とは、釉薬を使わずに焼き上げたもののことを言う ●手造り製品のため、色、形状、サイズ、重量が表示と若干異なる場合がある

シーサーペア 12cm 素焼

全2商品

2,592

シーサーペア 12cm 素焼

●沖縄県南城市の陶工 宮城勝一郎氏の工房「クラフ陶スタジオK's」の作品。土の優しさ、土の素朴さ、土の暖かさ、土の雅さ、土の美しさ、土の頑固さ、土の持つ生命力を陶器に表現することを追求。実用的な作品が多く、また、他の工房とは一線を画した特徴のあるデザインで人気がある ●沖縄の土100%を使い、多くの受賞歴を持つ陶工 宮城勝一郎氏とその指導の下で丁寧に作られている ●シーサーは古くから魔除け、守護のシンボルとして信仰され、屋根瓦の上や門柱、玄関、床の間などに飾られる。シーサーを魔物や災難を除くものとした風習は中国の「風水思想」によるものと考えられている。沖縄の習慣からは、口を閉じている方が雌、口を開いている方が雄とされている ●獅子の事を沖縄では「シーサー」と呼んでおり、鎮座した場所から遠くを見据え、災いや魔物を追い払い、そして幸せを引き寄せると古くから今日まで親しまれる。シーサー文化は、中近東の地域からシルクロードを経由し西域から中国に入り、そして琉球交易時代に沖縄に伝来してきたといわれ、遥かオリエントの国エジプトのスフィンクス像がその起源であるという説がある ●サイズ、重量は1体分のもの ●手造り製品のため、色合い、形状、サイズ、重量等が表示と異なる場合がある

風水の黄金ヒキュウペア・大【C】≪銅製・金メッキ・大≫貔貅雌雄一対置物

全2商品

49,800

風水の黄金ヒキュウペア・大【C】≪銅製・金メッキ・大≫貔貅雌雄一対置物

●≪招財・財運・ギャンブル運・風水グッズ≫ ●ヒキュウは、どんな願いごともかなえてくれるという神獣で、漢の時代以前は「翼獣」と呼ばれていた想像上の動物。特に「偏財」(投資、株、水商売、ギャンブルなど変動のあるお金)を集める力は一番強いと言われている。ヒキュウは本来、雌雄一対で置くほうがよいとされており、この風水のヒキュウは雌雄ペア一対がセットになっている ●このヒキュウペアは、雄雌両方とも首が開き、背中の中に、金運・財運アップの石・金針入り水晶玉や水晶のかけらなど、よりパワーアップさせるものを入れることができるようになっている。毎日、新鮮な水をあげ、時には「白檀」などの、お香をたいてあげたりと、かわいがればかわいがるほど、あなたのために活躍してくれる動物だと言われている。また、赤いひもに通した「牛鈴」や「五帝銭」を首にかけてあげたり、ヒキュウと一緒に「元寶(げんぽう)」(中国の金塊)を置くと、さらに財運をパワーアップさせることができる ●「偏財」だけでなく、「正財」(労働によって得る財)を呼び込みたい場合には、一緒に「龍亀(ろんぐい)」を置くといいでしょう

人気のインテリアアイテムのシーサー大、発売中!おしゃれ好きにはたまらないデザインで、当社自慢の一品。住みたい部屋を演出できるインテリアアイテム。住みたい部屋を演出できるシーサー大で、様々なサイズ・デザインがあります。一人暮らし、新生活応援アイテムもあります♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、インテリア商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいインテリアアイテムが充実品揃え。

関連キーワード

シーサー朝日陶器
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「シーサー大」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ